ヨーグルト、フルーツ、グラノーラとシャンデリアのためのサラジンとガレットまたはクレープブルトンン。

忙しい朝やおやつに!パンケーキだけで栄養を摂る方法

2020/09/18
  • 栄養士/幼児食アドバイザー/フードコーディネーター。幼児食の料理教室、オンラインレッスンを主宰。 もっと見る>>

サンキュ!STYLEライター、栄養士/幼児食アドバイザーの麻実です。

手軽でおいしい、子どもから大人まで大好きなパンケーキ。パンケーキミックスをストックしておくだけで、いざというときに助かりますよね。忙しい朝に、パンケーキで栄養が取れないかと考えてアレンジしたところ、プラスするだけで手軽に栄養価アップが実現しました♪パンケーキだけでも栄養が摂れるおすすめの食材をご紹介します。

子どもにおすすめ♪野菜をプラス!

思い切って、野菜をプラス!意外とパンケーキの食感や味が変わることなく作れます。細かくカットしたほうれん草や、すった人参、マッシュしたかぼちゃなど、意外と相性の良い野菜はあるのでプラスしてみましょう!もう一品おかずをプラスしなくても、ビタミン、ミネラルがサクッと摂取できますよ♪忙しい朝にもぴったり。また、フルーツを活用するなら、バナナやレーズン、上に冷凍ブルーベリーなどのせるのもおすすめです。

かけるだけで栄養プラス!

かけるだけで栄養が摂れちゃうおすすめ食材は、きな粉とオートミール。きな粉、オートミールは、子どもに不足しやすいミネラルがたっぷりで、さらにおいしく仕上げてくれる万能食材!オートミールは、食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えてくれて、免疫力UPや便秘改善にもおすすめです。また、野菜パウダーも味を変えることなく栄養がプラスされます。種類も豊富なため、ぜひいろんなパウダーを使ってお試しくださいね♪

食品プラスするときのポイント

プラスする量にもよりますが、もし生地がもってりとしてしまったら、牛乳をプラスして調整してください。また、牛乳を豆乳やオーツミルクなどに変えることも、アレルギーや乳糖不耐症の方にはおすすめ。味も変わらず、おいしく仕上がります。

おやつにもおすすめ♪

朝ごはんに多めに作っておけば、おやつにも活用できます。おやつにもきちんと栄養が摂れますよ♪野菜が苦手、偏食、少食な子にとくにおすすめです。ぜひ、お試しくださいね。


□記事を書いたのは…川田 麻実
子連れ幼児食の料理教室を主宰。現在は、オンラインレッスンを開催。
「子どもに不足しがちな栄養と効率の良い取り方を知ろう!」
大好評だったオンラインセミナーの内容をnoteにて販売中!
詳しくはInstagramまで。@xo.asamiii
栄養のこと、食育について発信中。

計算中