2015/12/24 00:00
12月もカウントダウンに入り、師走もクライマックス☆って感じですね!

今年は、息子の幼稚園も始まり、しかもわたしは幼稚園1年目にして役員を引き受けてしまったので、平日の時間がナイナイ!!!

降園後、まだ力が有り余っている息子を、公園や児童館に連れて行き、その後帰ると、ちょうどEテレタイムなので、TV見せている隙に、急いで晩御飯の準備。

息子を寝かせる時間から逆算すると、帰ってから一息つく間もなく速攻晩御飯作成・・・って、みなさん同じですよね。
今年は今まで以上に、“時短”“作り置き”を考えた年でした!

@@@

・・・ってことで、クリスマスイブを無視して(笑)、おでんの記事!

今日この記事読んで下さっても、「おでんにしよー!」とは、まず思わない日に。

でも、ブログ書くタイミングが全然無いので、イベント感とりあえず無視して、「おでん」いきます!


秋以降ヘビロテだったのが、おでん。
濃縮の出汁付きを使うと、すぐにできるのがありがたい!
大量に作れば、2日は食べられるし、お弁当にもOK☆
他のおかずも不要で、家族も大好き♪という我が家の神メニューです。

おでんを秋冬ヘビロテしているご家庭は多いと思いますし、特に目新しい内容ではないかもしれませんが、以前TVで見て以来実行している時短下ごしらえが本当に便利なので、ご紹介しておきますね!


201512_cooking009.JPG


普段は宅配をお願いしている生協さんの出汁付セットを購入し、そこに他の具材を足しているのですが、この時はちょうどスーパーで値引き商品になっていたので、コチラを購入。

練り物数点と濃縮出汁が入っているセットで、定価300円前後の商品です。

ここに、我が家は、大根・こんにゃく・ちくわぶ・卵と、他に練り物数点を加えて、おでんを大量生産します。


20151223_cookingA8.JPG
牛すじは、味的にはあまり好きではないんですけど、
コラーゲン摂取と思って、出汁の一部と考えて入れています。


今年は大根がお安いようで、1本100円ぐらいで買えるので、おでんはコスパも良いですね。

ベースになるセット(300円前後)+大根(7割使用として70円)+こんにゃく(100円)+ちくわぶ(100円)+たまご(1パック150円で4個使用の場合60円)=630円。他の具材や消費税を加味しても、1000円ぐらいの材料費です。

1000円で家族で2日+αたっぷり食べられることも考えると、コンビニの「おでん1個70円キャンペーン」も、割高に感じてしまいます・・・^^;。

@@@

「今晩はおでんだーーー☆」

という日は、時間に余裕があれば、朝のお弁当作成タイムに、おでんの下ごしらえも済ませておくと、帰宅後は加熱するだけでOKなので、とっても楽ちんです♪

まず、大根。

201512_cooking002.JPG
適当な幅で輪切りにし、中央に十字に切り込みを入れておきます
(味が沁み込み易いように)

そして、懐かしのシリコン調理器に投入!
(使ってますかー?笑
わたしはこういう下準備で、ほぼ毎日使ってます!)

大根1個につき、大さじ約1杯の水を入れ、蓋をして
大根に透明感が出るぐらいまでレンチンします。

我が家はわたしが大根好きなので、だいたい8切れ使うので、
600wで8分ぐらい加熱しているような気がします。

大根の厚さ等で微調整が必要なので、
最初は4分ぐらいから初めて、ちょうど良い頃合いを見た方が良いかも。


201512_cooking003.JPG
大根に透明感が出てきたら、熱いまま、冷たい出汁に投入。

↑ココ、ポイントだそうです!

“熱い大根を、冷たい出汁に!!!”
(約30分)

出汁は、濃縮タイプの場合、水で調整した後の状態です。

これで、大根はみるみる出汁を吸って、味が染みていきます。

大根の下ごしらえ、終了!


@@@

201512_cooking004.JPG
こんにゃくも同様。

わたし&息子がこんにゃく好きなので、2枚使用しています。
(1枚37円の安いやつ・・・^^;)

これも、切る前に、表面に斜めに薄い切り込みを入れて、味を沁み込み易くした後、
三角に切っています。

それを先ほどの大根が入っていたシリコン調理器に投入。

大根から出た熱湯がまだ残っていますが、わたしはそこにそのまま入れています。

そして、蓋をして1〜2分程レンチン。


201512_cooking005.JPG
あっつあつのこんにゃくを、先ほどの鍋に入れておきます。


@@@

これで下ごしらえ完了です♪

出汁は冷えたものでしたが、熱い大根&こんにゃくを投入したことで、結構熱めになっています。
このまま放置しておくのが(傷まないか)不安なようでしたら、30分程度浸した後、鍋を一旦加熱するか、鍋ごと冷蔵庫に入れておくと安心かもしれません。
(わたしは加熱派)

更に時間的余裕があれば、ゆで卵まで作っておくと安心かも♪
(ゆで卵は、傷みが心配なので、作った後冷蔵庫に入れておき、食べる前に鍋に投入しています)

こうしておくと、味が沁み沁みの大根&こんにゃくが完了しているので、帰宅後は、鍋を加熱→練り物・卵投入→15〜20分でおでん完成。
しかも、キッチンにはほぼ立たなくても良いので、洗濯もの取り込めたり、畳めたり、息子に構ってやれたり・・・と、気分的にもラクです♪

※細かいこと書くと、大根&こんにゃく、鍋の大きさから見て、かなり多いので、これで他の具材は入るのか?!と思われるかもしれませんが、入りません・・・^^;

なので、味沁み大根&こんにゃくは、他の具材を入れる前に一旦他の容器に移し、まず本日食べる分のみ加熱。
食後、隙間のできた鍋に明日の分を再投入し、再加熱して、翌日分を仕込んでおいています。

「きょうはおでんがあるから、晩御飯作らなくていいわー♪」

って言う日の罪悪感無き安心感☆

サイコ〜です♪






タグ(関連ワード):時短 おでん
こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)