2018/07/17 10:22
15317907715791909652988.jpg
お気に入りのヘレンカミンスキーの帽子です。
一点一点職人さんの手作りなので、サイズが微っ妙〜にちがうのです。 なんか、しっくり来るかこないか。(笑) 

ネット通販がサイトによっては 
かなり安いけど、 
実物を見て かぶって納得して買いたくなり百貨店で昨年購入しました〜。

なんと3万ぐらい。 

ネットだと2万切る所もあるのにね〜!(種類が違うのかな?) 
でも、偽物も出回ってるみたいですね。 
私は真贋判定は、出来ないから 
本物と思って偽物使ってるとか  
果てしなく、悲しくなるので…… 
販売元がしっかりしてるとこで買う!

 修理を受け付けてくれるのも、百貨店で買った理由。 
内側に張ってある サイズ調整のインナーバンドは 
一夏使うと化粧品や、
日焼け止めが当たり  
痛んでくるので もう、出番が無くなる 秋頃売り場に持っていけば、 
メーカー修理を受け付けて綺麗にしてくれます。 

 こうやって手入れをしつつ、付き合っていけるモノの方が私は結局長い目でみてコスパも良いし 
心情的にも しっくり馴染みがでて 
好きです。 

 (安くても高くてもそのモノにストーリーがあると愛着が湧くけど、
高いと 
初回の思い入れが違うんだよなー。) 

 でも、自分のものだけかもね。 

14万の長男の歯の矯正器具にはあまり愛着と呼べるものは無いなあ……! 

適当に折り畳んで
バックに入れていても、
平気な顔でもとに戻る所も 
ベリベリ たすかる。 

 夏は ほぼ毎日かぶり、
まあまあ風通しも良くて
何より元を取ろうと 使い倒してます! 

(;^_^A……ああ、小洒落無い わたしらしい。 
あとチープな服はコーデを格上げしてくれるし 
ちゃんとした服にはしっくり合う 
のがやっぱり へー!と感心する。
 四季折々、
こういうデザイナーの息吹を感じる 
お気に入りの
装いのものを持てば 
背筋が伸びるのかなー 
と思いつつも 

検討に年単位でかかるのが、貧乏性たるゆえんですわ。(>.<) 

私の場合 、勢いで考えなしで買うと結構5万〜30万位のモノでも 
どぶに捨てたなって出費経験が 
過去 山ほどある……!(過去は浪費家) 
 
、防衛本能的な性分の話になっちゃいましたね〜!
高くても安くても、
なにかを買うための
相応の対価を支払うって、
結構心理的な
領分の話になるのかも ですね。
_20180717_101407.JPG
ーーーーーーーーーー 
ここまでお読みいただき、
ありがとうございます! 
読んだよ!の印にサンキュ!ボタン押していただけたら  
ほぼフライパンみたいなベランダにでて
2回目の濯物を
干す勇気が出ます!

そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)