2017/03/06 18:46
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい


いろんなブロガーさんの記事を読むのが楽しいるんるん
JA全農の「食農育ブログ」

今回のテーマは

「この一年で身についた食農育」だそうです♪



我が家の場合…


私自身は

去年 長野の実家に何回も帰省する中で

その土地ならではの農作物があり、

そして
それを美味しく食べてきた その土地ならではの料理があること


改めて 思いをはせることができました。

(詳しくはコチラ♪  →「旬の野菜と『お母さんの味』 」  )





そして 子どもたちはどうだろう?


考えてみたときに…


あれ?


気がついたことがあるんです。



我が家の息子たち、

違いのわかる…

もとい

旬のわかるオトコに 育ってるんじゃない??




例えば 長男。


彼は
「前世 カッパか!?」
ってぐらい

きゅうりLOVE揺れるハート



昔、
ワタシが 食費管理もお料理もダメダメだったころ(笑)

「お野菜もとらないと!」

…といって、毎食出してたのが…

キュウリスライス 一人3枚たらーっ(汗)


キュウリ大好きの長男に

「もっと食べたい〜!」と言われるたびに、

「冬はきゅうり高いんだから!ワガママ言わないでっむかっ(怒り)

と イラッとしてたんですよねえ…



それが。

今の家に引っ越して、

ダンナさんが丹精込めて育てた 家庭菜園の野菜を
いただくようになって 早6年。



…冬に、「きゅうり食べたい!」と言わなくなった、そういえば!


たぶん

P1060163.JPG

P1060164.JPG


毎年 実際に
夏には夏のお野菜、冬には冬のお野菜を 収穫してきて

「野菜には、旬がある」

ということが 自然にインプットされたのかもしれません。



以前、
スーパーに買い物に行ったときに

「なんで 冬なのに キュウリやトマトがあるの?」

って聞かれたので、


「ビニルハウスの中で暖房つけて 夏みたいにして
農家のひとたちが 苦労して作ってくれてるんだよ〜」

と話したら

「大変なんだねえ…」としみじみ言ってました。




そして、次男。


こないだ、
やっと家庭菜園のほうれん草が茂ってきたので
間引いたのを お浸しにして だしたんですネ

そしたら

「うわ〜 ほうれん草久しぶりだね〜
春だね〜かわいい

と喜んでました♪


…久しぶりでゴメンネ
旬じゃないときはさ、高いからさあ…



そんな次男ですが、

小さい時は

野菜 頑として食べない子でしたもうやだ〜(悲しい顔)

ほうれん草なんて 絶対ダメ!!



…それが今では

「やっぱし ほうれん草は お浸しだよね〜♪」

とか言って食べてるから…

成長したなあ〜ぴかぴか(新しい)



実際、
旬の しかも採れたてのほうれん草は

甘くておいしいんです揺れるハート


旬のお野菜の美味しさを 味わってきたおかげかな?

次男が野菜嫌い克服できたのは…




ダンナさんの家庭菜園のおかげで、
我が家の息子たちは

P1030496.JPG

P1060140(2).jpg

P1060213(2).jpg

P1060027(2).jpg

旬の野菜を 日常的においしくいただけてるし、

自分たちも

P1060155.JPG

P1060177(2).jpg

自分で育てて 収穫したものを食べる楽しみを
体験することができてます



…今の時代ってね、

それって…

当たり前じゃない、とっても幸せなことだな〜と

しみじみ思います。




ダンナさんに 心から感謝!
(家計のためにもぴかぴか(新しい)

するとともに、


これからも
子どもたちに

旬の食べものの美味しさや

育ててくれる人、そして自然の恩恵を受けて
おいしい野菜が食べられることを

生活の中で
自然に伝えていけたらなって、思います。




〜読んでいただいてありがとうございました〜
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)