2018/05/09 16:20
5/7の月曜日に、東京都渋谷区にある「トキ・アートスペース」というギャラリーへ、展示を見に行ってまいりました。

この展示のタイトルは 

"House on the sea" (ハウス オン ザ シー)

P_20180507_121400_HDR.jpg

中村洋子(なかむら ようこ)さんと

加藤亮(かとう りょう)さんという

2人の作家さんのコラボレーション展示です。

中村洋子さんは、何度かブログに書いたことのある多摩美術大学の私の恩師、中村錦平(なかむら きんぺい)先生の奥様で

金属メッシュによる作品を発表し続けているアーティストです。

多摩美術大学に在学中から何度も洋子さんにお会いしていますが、とてもさわやかで上品な方です。

気配りや気遣いをさらっとしてくれて、その上おしゃれでかっこいいという・・・\(◎o◎)/!

連れて行った7か月の娘にもたくさん話しかけてくれて(*^_^*)

優しくて気さくな、魅力的な方です。



「海底のイメージ」

という今回の展示ですが

加藤亮さんの船の作品に、洋子さんが直感を受けて作り上げたそうです。

私の写真の力不足で、雰囲気やサイズ感が伝わりにくいかもしれませんが、部屋いっぱいに設置された作品です。

逆さまになった船に光っているのは、イカ釣り漁船などに使われる水銀灯。

P_20180507_121320_HDR.jpg

ぼわ〜っと 強く 発光していました。

実際は明るく白い光だったのですが、なぜだかすべての写真が青くなってしまいました(T_T)


船の下に浮かんでいるのが、洋子さんの作品です。

P_20180507_120417.jpg

金属のメッシュで空気をはらみながら「宙に浮く」様子でしたが

海中で沸き起こる空気の流れのようなものを感じました。



美術大学に入学する前は、「アート」というと絵や彫刻、飾り物というイメージしか無くて

「アート」に必要なのはキレイさや、日常の中での親しみやすさ、居心地の良さだと思っていました。

美しい彫刻を見て「キレイだな」と感動したり、部屋に絵を飾って癒されたり、手作りの器を使って嬉しい気持ちになったりということだと。

でも今は、「親しみやすさや癒し、感動だけがアート」ではないと思っています。

違和感でもいいし、衝撃でもいいし、何か人の心を動かすものが「アート」なのかもしれません。



今回の洋子さんの展示で私が感じたのは「非日常」と「ワクワク感」でした。

手前の展示室からパーテーションで区切られた、奥の部屋に入るときのワクワク感。

狭い入口から少しだけ覗けた作品の全体が、ふわふわと広がっていました。

P_20180507_121639_HDR.jpg

天井には洋子さんのメッシュの作品が張り巡らされていて

P_20180507_120909.jpg

天井を見上げながら部屋をぐるっと回ると

海の底から海面を見上げているような感覚になりました。

金属メッシュなので完全に無機物なのですが、なぜだか「やわらかな生命体」のようにも見えてくるという不思議・・・

日常生活に忙殺されて、心を広げる時間をなかなか持てなかったのですが

この「非日常」の空間に触れて、こころのストレッチが出来たように思います。


会期は2018年5/1-5/13、入場無料です。

「トキ・アートスペース」と検索すると、ギャラリーのホームページが見つけられます。

本日を含め、あと5日ほど展示期間がありますので、興味のある方は是非足を運んでいただけたらと思います(*^_^*)



*全ての写真の掲載許可はいただいています。
******

公式サンキュグラマーとして更新しているインスタグラムはこちらです。

https://www.instagram.com/horiemai_/

家事にやりくり、まとめ買いの記録や、子育て、自分の陶器作品などを載せています。

アクセス&フォローしていただけたら、とっても嬉しいです〜(*^_^*)
堀江麻衣さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)