2016/12/19 12:33
先日たまたま観たテレビに出ていた俳優さんが

キッチンのスポンジは4種類を使い分けていると言っていました。


それを聞いてとてもびっくりした私。

そんな私のキッチンスポンジ事情をお話しさせていただきます。


キッチンのスポンジを置いているのはシンクのラック部分です。

ファイル 2016-12-19 9 41 04 のコピー.jpg

ここにハンドソープと食器用洗剤を置いており、
残りのスペースがあまりないからという理由もありますが
スポンジは一つだけ置いています。

2016-12-19 08.56.46.jpg


使っているスポンジは以前紹介させてもらった高性能のパックスナチュロン。


シンクの掃除用にスポンジを置いていないのは

シンク掃除にはスポンジではなく、使用後あまり汚れていないラップや

フルーツを包んであった緩衝材、

絵本「もったいないばあさん」に紹介されていた大根のヘタ、

それから緑茶のティーパックを使っているから。

2016-12-19 08.56.57.jpg


このことを人前で言うのはちょっとためらわれていたのですが

フルーツの緩衝材は若松美穂さんが、

ティーパックは有名なブロガーさんが紹介されていたので

私だけではなかった!という安堵感から今回打ち明けてみました。


緑茶のティーパックはカテキンによる抗菌作用も期待できるそうです。


我が家では緑茶をいただくことが多いのに対して

ほとんど消費しないのでどんどん溜まる一方だったのですが

お茶パックに茶葉を入れ一晩水出しした冷茶を作るようになってから

緑茶嫌いの娘たちも飲んでくれるようになり、

麦茶を作る真夏以外は冷茶が常備されています。


そんなことがあり高頻度でお茶パックを処分することになります。

けれどそのままお茶パックを捨てるのはもったいないなと

油汚れのひどいお皿を拭いたり、シンクの掃除に使っています。


このようにしていたらシンク用のスポンジの必要性は感じません。



以上、スポンジを用途別に分けて使うマメさのない私のスポンジ事情でした。


ご覧いただきありがとうございました。

サンキュ!クリックしていただけると嬉しく思います。


kashimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)