2016/10/06 14:06

こんにちわ。



秋晴れですね。


風邪が心地よい、。


きもちよいですね。


私は、お掃除のなかで、拭くとゆうこと、


手で拭くとゆうこと、、

が、一番だと思ってます。

雑巾たくさんあります。

無印良品さんのコラムにとてもよいことが、書いてありましたので、ご紹介させてください。



雑巾がけのススメ

モップがけなどに比べると、雑巾がけはたしかに重労働です。裏返せばそれは、身体を動かすということでもあります。家事労働の負担を軽減するために数々の電化製品が生まれたおかげで、運動不足に陥っているのが現代人。立ったりしゃがんだりを繰り返す雑巾がけは、家事労働の中でもとりわけ運動量が多く、1時間の雑巾がけで約200キロカロリーを消費するという話も。ウォーキングやジム通いのつもりで、雑巾がけをするのもいいかもしれませんね。
そしてもちろん、掃除の上でのメリットも。かがんだ姿勢で行なう雑巾がけは、目線が低くなるので、床に落ちているものにも、また残った汚れにも、気づけます。つまり、目が「行き届く」ということ。ていねいな暮らしというのは、まさにそんなところから始まるのでしょう。

雑巾をたっぷり用意

雑巾がけ作業で意外と面倒なのは、何度も雑巾をすすいでは絞るという手間です。かといって、すすぎを面倒臭がっては、拭いたつもりが汚れをつけることになってしまいます。そこで、ある人が勧めているのは、たくさんの雑巾を用意しておく方法。マンションなら10枚くらい、一戸建てなら20枚くらいの雑巾を用意しておき、拭き掃除の前にすべて濡らして洗濯機で絞っておくのだとか。そして表裏とも使って汚れたら、バケツですすがず、次の新しい雑巾を使い、常にきれいな雑巾で掃除。途中で雑巾が足りなくなったら、半分使った時点で洗濯機を回して絞っておくといいます。たしかに、きれいな雑巾で拭けば汚れがちゃんと取れているかどうかも、雑巾を見て確認できそうですね。

繰り回しの知恵

いまでこそできあがった新品の雑巾が売られていますが、かつて、雑巾は使い古した布やタオルを再利用して家で作るのが当たり前でした。浴衣(ゆかた)が赤ちゃんのおしめになり、最後は雑巾に。でも実は雑巾が最後ではなくて、使い切ってボロボロになった雑巾は、さらに風呂や竈(かまど)に火をくべるときの火種に用いて、最後の最後まで使い切ったとか。火を焚く風呂や竈がなくなった今でも、禅寺では玄関の三和土(たたき)や庭の敷石などの泥汚れをぬぐうなど、もうこれ以上使えるところはないというところまで使い切って、「ものの命」を生かすといいます。
ちなみに、お坊さんが身につける「袈裟(けさ)」、別名「糞掃衣(ふんぞうえ)」も、そうした繰り回しの知恵から生まれたもの。お釈迦さまの時代、貧しい人々が糞を拭うのに使うような着古した着物のなかでもまだ状態のいい部分を切り取り、つぎはぎして一枚の布に仕立てたのがそのルーツだそうです。

家事をノルマとしてとらえたら、日々の掃除は早く終わる方が効率的です。忙しいときには乾いたモップでサッと済ませたいし、床拭き用のロボットもきっと便利でしょう。しかし、一日を清々しくスタートするために行うのが掃除と考えたら、自分の手や身体を使ってする雑巾がけの意味もわかるような気がします。ものがあふれている今、昔ながらのシンプルなやり方を見直してみることで、自分にとって本当に必要なものが見えてくるかもしれません。

私は、上記と同じ気持ちです。

今は主婦でも働いて見える方が多い。

家のことに、育児、ご飯用意、子供の行事、

小さな子供さんが見えれば、手はかかります。

そこでお仕事となれば時間がないですよね。

一週間のうち、一日だけ、5分だけでも、手に雑巾を、持ち、拭く、

お掃除をする、、、

気持ちもきれいになります。

上記一部、無印良品さん、コラムを、抜粋させていただきました。

DSC_2095.JPG

↑これは我が家の、掃除するときの

リビングです。ソファー、など、サンルームに、移動

させてやります。

ソファー、といっても無印良品の、体にフィトするソファー、です。軽いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。









水江智美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
真理さん。

こんにちわ。コメントありがとうございます。

とても嬉しいです。

そしてお掃除の雑巾がけに、興味を持っていただいて嬉しいです。


私も朝はまず、みんなが起きる前にクイックルで、(使い回せる布タイプ)ですが、部屋を角縁を縁取りしてかけあとは、フローリング面にそってさーとかけます。

クイックルだけでも、全然違いますもんね。。その後朝の弁当作り、朝ごはん用意、色々やることを済ましたら、雑巾を手にもち、娘の相手をしながら、ながら、掃除します。

遊びながらしたり、、朝ごはんのかたずけするときキッチン、床隅下に湿らしたくらいの雑巾をおいてるので、隙間角を中心に拭いてます。あとは、その日によりますが、、今は基本うちにいますので、娘を迎えに行く前には、床を雑巾がけをしています。娘が、帰ると勿論散らかりますよ。(笑)

雑巾がけは隅々まできれいになるだけでなく、何より気持ちがスッキリします。
床はすぐ汚れるので、汚くなった雑巾をみると、、ニヤニヤしちゃいます。(笑)。

真理さんも、やらないといけないとおもうと、ついつい、やりたくない、と思っちゃいますよね。まずは、5分とは言わすずながらふきでやってみたらいかがでしょうか?
床、雑巾がけだけに限らず
お皿を閉まったら扉をふいたり、、ゴミだしのひにごみ袋をかえるとき、ごみ箱をふいたり、ちょっとしたことをすることで汚れがたまらないですよ。

なにより、お掃除は、意識で凄く変わりますので、真理さんのペースでやってみてくださいね。
by 水江智美 2016/10/09
Toko*さん。

こんにちわ。

コメント遅くなり申し訳ありません。


コメントありがとうございます。雑巾がけのコラム共感していただきとても、嬉しいです。

そうですね。ダイエットと同じですね。

一日5分でも、リバウンドしてしまうかもしれない。凄くわかります。徐々にですね。

逆にやらないと、とおもうと、億劫になってしまったりありますもんね、

例えばキッチンで料理をしていて、鍋を使い終わり、洗い引き出し、または扉なかにしまう。

鍋を中に閉まったら、

その時に、キッチンの、引き出し、扉を、さっと拭く。

私は、料理をするとき、キッチン床隅下にしめるくらいすこし濡らした雑巾をおいています。
隙間時間にとびらをふいたり、家はキッチンマット置いてないので、床が汚れたらすぐふけるようにです。
雑巾を濡らしすぎると拭いたあと、あとにのこるので、、湿らすくらいにしています。

ちょっとしたことで面倒が、習慣になります、、。焦らず、ゆっくり、ゆ〜るーくです。

でもTokoさんのように、お掃除に意識をもって、、、

もらえる、きれいにしたいとおもってもらえるだけでも、全然ちがいます。人の意識は全然違います、、
。私は、ここの、埃が気になる、でも、あるひとはまったく気にならない。

やはり、意識の違いかな、とおもいます。

私は、潔癖でも、几帳面でもないんです。ずぼらでもと汚い部屋でしたから。でも、きれいが、きもちいい、と感じ、習慣になった今は、、お掃除が好きと思えるまでなりました。。Tokoさんも、できることからゆ〜るーくやってみてくださいね。

by 水江智美 2016/10/09
おはようございます☆
うーん。私はクイクックルに頼りっぱなしで(汚れが目立つ時は雑巾がけしますが)自分の掃除のやり方に考えさせられました( ´ ▽ ` )
部屋はきれいになるし、カロリー消費にもなっていいことだらけですもんね
慣れるまでは億劫に感じてしまいそうですがそれが当たり前になれるようにしたいです(^ ^)
by 堂薗真里 2016/10/08
なんだかすごい考え方が変わりそうなコラムです。
便利用品という名の無駄なものばかり買って掃除できてないわたしには刺さります^ ^;;
そして雑巾掛けのカロリー消費の話も。。

1日5分でもやったら変わりますよね。1日5分、絶対できるのに絶対できてない^ ^;;
でも、ダイエットと一緒なのかな〜、と思うと、なんか納得できました。
一気にやるとやらなくなってリバウンドするけど、ちょっとずつやるとずっと続いて少しずつキレイ!
わたしも5分から始めてみようという気になりました!
本当細かい部分の掃除できないので助かります^ ^;;
これからも楽しみにしてます♡
by Toko 2016/10/07