2017/03/24 05:00

昨日の朝、出かける前に夫が一言。

「今日、家で夕飯食べたいんだけど」

基本的に、平日の夫は外で夕飯を済ませて帰ってきます。

残業が多い仕事なので、家に帰ってから食べるのでは遅過ぎるのです。

でもこの日は、8時半には帰れそうだとのこと。

かなり珍しいことなので、どうしたものかなあと思いました。

夫が平日に家で夕食を食べる時は、ご飯を炊くタイミングに苦慮します。

帰れると言っていた時間より早めに帰ってくることが時々あり、まだご飯が炊けていないという事態がよく起こるのです。

それならばと思って炊く時間を前倒しにしてみたら、今度は少し遅く帰って来てご飯が硬くなってしまうということも。

しばらくあれこれ考えて、「たまには夕食をチャーハンにしてみようか」と思い立ちました。

チャーハンなら、1度冷めても電子レンジで温めれば比較的おいしく食べられます。

というわけで、夕方からぼちぼち作業開始。

まずはひき肉とタマネギをフライパンで炒め、お皿に取り置いておきました。

17-03-23-23-05-27-886_deco.jpg

さすがに多過ぎるので、半分はミートソース用に冷凍。

そして3個の卵を炒めた後、2合分の玄米ご飯をドバッと投入しました。

後は先ほど炒めた具材とちりめんじゃこひとつかみ、風味づけのための青のりを少し加えて一応完成です。

17-03-23-23-06-04-671_deco.jpg

やはり2合分のご飯は量が半端なくて、フライパンからあふれ出てしまいそうでした。

でも、玄米ご飯を使うと自然とパラパラしたチャーハンになるので、強火にして一生懸命鍋ふりする必要がないのです。

中火でのんびりかき混ぜただけで普通に仕上がりました。

そもそもコンロの火力が弱いし腕の力がないし、という方は玄米ご飯でチャーハンを作ってみてはいかがでしょうか。

調味料は、こちらの2品。

17-03-23-23-06-26-105_deco.jpg

かどやの純正ごま油と、創味シャンタンです(使いかけで失礼します)。

料理下手なら良い調味料を使えとよく言いますがまさにその通りで、工夫しなくてもこれで味が決まります。

子どもの分を取り分けてから青ネギを加えて(子ども達は青ネギを食べません)炒め、こちらが最終形態。

17-03-23-23-07-26-950_deco.jpg

少し余ったので、残りは冷凍庫へ。

この後、他のおかずも作りました。

17-03-23-23-08-20-970_deco.jpg

玄米チャーハン
ニンジンのごま酢和え
キャベツのトマトツナ煮込み
ジャガイモとエノキの味噌汁

夫はやはり言った時間より早く帰って来て子どものお風呂の時間と重なりバタバタしましたが、何とかほとんど待たせることなく用意できました。

こんな感じで私にしてはそこそこ頑張ったので、今日は残っているチャーハンを利用して楽しようかなと思っているところです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)