2017/05/04 22:55
私はあまり料理が得意なわけではないので、インスタグラムで見映えがするようなご飯はあまり作れません。

その代わり、栄養バランスだけは悪くならないように気を遣っております。

夫が激務ゆえ平日は外食となる上、体が弱いところがありすぐ体調を崩すので休日の夕飯くらいはちゃんとしたものを、と思うので。

たまに夕飯の写真をブログやインスタグラムにアップすると、「健康的ですね」といった趣旨のコメントを時々いただきます。

「いつも手を抜かないで丁寧にご飯を作っている」と思われているのかもしれませんが、実際にはあまり深く考えず適当に作っています。

それはある程度、自分で献立の基本パターンを作っているから。

『サンキュ!』誌面でも時々無理のない献立作りについて特集が組まれていますが、料理が特に得意でなくてもストレスなくご飯を作れる人って、その人なりの型を持っているのですよね。

私の場合は、まず「まごわやさしい」の要素をできるだけ取り入れられるように材料を選びます。

基本は和食で、洋食や中華を食べたい時は和食メニューの中に1、2品洋食っぽいものや中華っぽいものを入れるという形。

新婚時代は、肉じゃがとかオムレツとかはっきりした名前のついているものしか作ってはダメと思っていました。

洋食を作るなら全てのメニューを洋食にすべきだとも思っていて、とにかく融通がきかなかったのを思い出します。

息子を妊娠し、両親学級で「まごわやさしい」を基本にしたメニューを心がけるようにと言われてから、ようやく大切なのはバランスなんだと気付いたわけです。

「まごわやさしい」…高校時代に家庭科で習っていた記憶がうっすらありますが、すっかり忘れておりました。

念のため確認しておきますと。

ま…豆
ご…ごま
わ…わかめ(海藻)
や…野菜
さ…魚
し…しいたけ(キノコ)
い…いも

この7種類の食品群のことを指しています。

そして我が家の場合は、

豆→豆腐、油揚げ、豆乳、納豆、枝豆、味噌、ミックスビーンズ、ソラマメなど
ごま→すりごま、いりごま、ごまペーストなど
海藻→ワカメ、ヒジキ、海苔、昆布、寒天など
野菜→根菜類と葉物野菜が中心
魚→サケ、アジ、サバ、カジキマグロ、イワシなど
キノコ→ブナシメジ、エノキダケ、エリンギ、マイタケ、シイタケなど
いも→ジャガイモ、サツマイモ、長芋、里芋、コンニャクなど

こういったものをよく使います。

さらに、主菜と副菜のパターンも決まっています。

主菜…主に焼き魚、たまに煮魚
副菜1…煮物または炒め物(肉や豆腐を含むボリューム多めの1品)
副菜2…和え物、サラダ、おひたしなど(野菜中心のささやかな1品)
汁物…味噌汁、まれにワカメスープやミネストローネなども

という感じで、かなりワンパターン。

ちなみに、昨晩の献立はこのような具合でした(「まごわやさしい」の要素を括弧で示しておきます)。

17-05-03-21-50-47-378_deco.jpg

玄米ご飯
チンゲンサイのそぼろあんがけ(や・し)
ニシンの煮物(や・さ)
キュウリとワカメと枝豆の酢の物(ま・ご・わ・や)
ナスとジャガイモの味噌汁(ま・や・い)

特にブログにアップすることを念頭に入れず作った、我が家の普段の夕食。

夫が休みの日は、いつもこのような感じです。

無理はしていないけれど、少しだけ考えて作っています。

もちろん、夫がいない日は残り物で済ませたり冷凍食品に頼ることも。

今後も頑張り過ぎずほどほどに、健康ご飯を作っていく所存です。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)