2018/02/18 10:00
フィギュアスケート男子の快挙に、日本全体がわいているようですね。

私自身は子ども達を公園に連れて行っている間に試合が終了してしまい、インフルエンザで引きこもっている夫から試合の模様を聞かされるという悲しい状態でしたが。

後でこっそり動画検索して、メダリスト達の演技に惚れ惚れとしたのであります。

やはり、羽生選手は隙がないですね。

柔軟性があるからなのかスピンなども美しい彼ですが、ジャンプも上手。

ただ個人的な好みでは、男子フィギュアのジャンプの中では織田信成選手のものが一番綺麗だったなあという想いがいまだにあります。

羽生選手は細い軸でシュツと素早く飛び、余裕を持って着氷する感じ。

織田選手はもっとダイナミックに飛んで、沈み込むように柔らかく着氷するように見えるのが何とも魅力的だったのです(素人目線の感想ですが)。

たとえるなら、羽生選手のジャンプはロケット花火、織田選手のジャンプは鶴。

プロに転向したかと思いきや、リンクに上がる日よりテレビに出る日が多いような気がする織田選手、たまには滑る姿を見せてほしいものです。

そんなこんなですっかりお祝いムードの日本人達に水をさすようで悪いと思うのですが、正直なところ私はオリンピックで勝ち負けがどうこう、メダルがどうこうと騒ぐのが好きではありません。

メダルを取れなかった選手が「応援してもらったのにすみません」と泣き崩れたり、メダルを取った選手が「皆様のおかげです」と頭を下げる様子にも違和感があります。

何はともあれ、あなたは頑張ったのだから謝る必要はないよと言いたいわけです。

メダルが取れたとしても、テレビ越しに観ていただけの日本人やうるさく取材してくるマスコミに対して感謝する必要はあるのかしら?

努力の末に五輪選手として選ばれ、その大舞台でやるだけのことをやった、それでいいと思うのです。

結果なんて。

もちろん、メダルを取るというのはすごいことです。

でもメダルに届かなかった選手の方がずっと多いわけで、その選手が努力しなかったかというと、そういうわけではありません。

なのに泣いたり謝ったりする姿を見ると、こちらが申し訳ないことをした気になります。

いっそ、勝敗など決めずに純粋に競技だけをして終われないものなのでしょうか。

時々、そんな夢のようなことを思います。

だからなのかもしれませんが、私がフィギュアスケートで一番好きなのはエキシビション。

どんな演技をしても自由ですし、そこに優劣はありません。

平和でいいなあと思いながら、のんびり楽しめます。

人はやはり、勝ち負けがあった方が燃えるのは分かっているのですが。
18-02-18-09-49-53-095_deco.jpg

もし私が選手の母親だったとしたら、「勝とうと思わなくていいよ、思い切り楽しんでおいで」と言って送り出すでしょうね。

ふと、北京オリンピックでウサイン・ボルト選手が世界新記録を更新した時のことを思い出しました。

あの時は、日本人の誰もが「ボルトすげえ」と騒いでいた気がします。

日本人が、日本とは全く関係のない選手を手放しでほめたたえる…あの時間は本当に素晴らしかったと今でも思っています。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
mihoyamanaさん、コメントありがとうございます。

幼い頃は、日本人選手なんだから日本のためにメダルを取るっていう図式を抵抗なく受け入れていたのですけれど、20代後半あたりからだんだん疑問を持つようになってきて。少数派かとは思うのですが、同じような違和感を持つ人がいて良かったです。

そう、オリンピックに出るまでにも多くの困難があるんですよ、本当は。

小説、『風が強く吹いている』のことでしょうか?マンガおたくの青年までチームに入るという無理のある設定もありましたが、青春っぽくて好きです。

競技が好き、そのシンプルな動機いいですよねえ。周りと比べずに、純粋に自分のベストを尽くす姿は美しいと思います。

荒川さんのイナバウアー思い出しました。羽生選手もイナバウアーやりますが、あの角度はさすがに真似できないんだなあなどと思っております。
by danngo 2018/02/19
danngoさん

こんにちは。

分かります。メダルのくだり。

わたしも「金じゃなくてごめんなさい」って選手が謝ったり、見ているだけの人が「絶対金メダル取ってください!」とか言ってるのを見ると、?という気持ちになります。

オリンピック出られるだけで、すごいと思うんだけど…。と。

三浦しをんの小説で、タイトル忘れた上に途中までしか読んでないんですけど、「優勝ありき・結果ありき」のスタイルに辟易し、やめてしまった駅伝選手が、別の出会いから再度大会優勝に向けて走り出す…というのを思い出しました。

選手の方々は、周囲のプレッシャーに押しつぶされそうになり、嫌になることもあると思うんですけど、一周回ってまた、やっぱりその競技が「好きだから」と、高みを目指していてくれたらいいな、と思うです。

荒川静香さんが好きでした。

mihoyamana
by mihoyamana 2018/02/18