2016/09/20 12:52

イチオシでみなさんの出産エピソードが取り上げられていたので見ていると、「破水した」「帝王切開だった」「丸2日かかった」など壮絶なものが多くて申し訳ない気持ちになります。

なぜなら、私は初産の時も超安産でしたから。

というか、最初は陣痛が来たのが分かりませんでしたから(友達にありえないと言われました)。

出産予定日の前日の夜、なんとなく体がだるいという感じはあったのです。

そして深夜になってから腰が痛いなあと思うようになりましたが、お腹がこれだけ大きくなったのだから当たり前よねと思いつつさすっておりました。

そして1時過ぎ、痛みが続くので眠れず、仕方なく起きていると夫も起き出してきました。

どんなふうに痛いのか聞かれたので「なんだか周期的に痛むんだよね」と答えると、「それって陣痛じゃ?」ということになり、病院へ電話。

しかし痛むのが腰なので判断がつかなかったのか、「暖かくして様子を見て」と言われ。

20分くらい待ちましたが5〜6分間隔で痛みが続きます。

さすがに心配になってきて再度病院に電話し、タクシーで出かけました。

その後処置室に通され、しばらくするとお腹から水が出たような感覚。

破水したかと思い慌ててナースコールすると、「痛みではなく出血ですね、でも子宮口が7〜8センチ開いてます。すごいすごい、分娩室行きましょう」と言われました。

分娩室に行ってもすぐに産まれるわけではないらしく、助産師さんは別室へ。

立ち合いは希望しなかったため夫は入院用の部屋で仮眠しており、完全に1人になって放置プレイ状態。

それでもかなり冷静だったらしく、出産後のブログにはずいぶん細かいことが記録されています。

痛みにはやがてお腹が収縮する感覚が加わり、赤ちゃんの頭が見え隠れする状態に。

その頃には助産師さんも戻ってきて、いろいろと指示を受けました。

最後には処女喪失の時に似た痛みが続くようになり、大股開きの姿勢をとらされました。

そして「出た〜」と言われて股の間から黒いものが出てきて、私のお腹の上に。

ぬるっとした感触と、意外と大きいと感じた抱き心地。

3276グラムの男の子、分娩室に入って2時間足らずの出来事でした。

息子が発達障害だと言うと、難産だったかとか低体重だったかとかよく聞かれるのですが、全くそんなことはありませんでした。

出産状況と発達障害とは、あまり関係性がないのではないかという気がします。

おまけに私には、悪阻(つわり)もありませんでした。

息子妊娠中は学校で働いていましたが、男子生徒と同じ量の学食をぺろりとたいらげておりました。

いつも一緒に食事していた同僚の先生も、「いっぱい食べてましたよね、妊娠してたんですか?」と驚いていらっしゃいました。

これも息子が発達障害だからではなく、体質的なものかと思われます。

娘妊娠中も悪阻がありませんでしたし、私の叔母も悪阻がない人だったらしいですから。

なので、子どもの成長に何かしら問題があったとしても、出産の仕方に問題があったからではないかと悩むことはありませんよ。

最後に、出産直後に撮った写真を。

IMG_20160920_104637.jpg

続けてもう1人産めるかもなんて考えていた、余裕の笑顔の私です。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
春瀬さん、こちらこそコメントありがとうございます。

まあ、確かにそうなんですよね。

厄介な性格で、自分が楽したり得したりすると、その分周りに迷惑かけているような気がして申し訳なくなってしまうんですよ。

一種の思い癖ですかね。

安産だったおかげで病院側も楽だったに違いないと思うようにしたいです。

あ、安産なのは学生時代馬術部だったからかも。

馬術部同期の友人が「馬友達はみんな安産」とか言ってましたし。

下半身鍛えたからなあ…。

ダイエットにもなるので、2人目産む前に春瀬さんも馬、始めてみますか(笑)?

by danngo 2016/09/21
こんちには♡いつもありがとうございます♡

danngoさんにはdanngoさんの、
痛みや不安があったはずです。
安産だとしても、難産だとしても、
命がけには変わりなく、語り継いでいくべき、
お子さんとの素敵な素敵なエピソードですね♡
お写真のdanngoさん、すごく優しい素敵な笑顔で
幸せになりました。♡
by 春瀬はるか 2016/09/20