2018/10/04 06:00

「年末までに10万円コンテスト」に参加すると宣言してしまった私。

言ったからには途中経過を報告しなければと思い、9月分の収支報告をすることにしました。

多分、10月分の報告も来月の頭にすることになると思います。

去年はレシートを全部保管して計算機でちまちまと集計しておりましたが、計算が苦手な私には向かないと気付き今年から家計簿アプリを導入。

買い物をしたらできるだけその日のうちに金額と費目を入力し、レシートは破棄します。

レシートを紛失することを恐れる必要がなくなり、ぐっと家計管理が楽になりました。

では、発表しましょう。

今月、何にどのくらい使ったのかを。

【収入】
10万円

【支出】
食費:43,231円(67.63%)
通信費:8,453円(13.22%)
衣服・美容:7,668円(12.00%)
カード:3,000円(4.69%)
日用品:1,371円(2.14%)
その他:200円(0.31%)
合計:63,923円

【残金】
36,077円

カードというのがよく分からないのですが、とにかくカードで支払いしたものです。

化粧品か何かだったかなとは思うのですが、不確かな記憶。

その他の200円は、粗大ゴミの料金です。

家計簿アプリを使うと費目別の割合を出してくれるのでついでに書きましたが、食費の6割超えには笑いましたね。

1か月に4万円以上かかっているなんて、子ども達が幼い4人家族の家庭としては多過ぎる印象もあります。

まあ、逆に言えば生活に必要のないものはあまり買っていないということにもなりますが。

食費の節約方法といえば業務スーパーで肉を大量買い、くらいしか思いつかないのですよね。

我が家の近くには業務スーパーなんて存在しませんし、あったとしても車がないから買いに行けませんし、そもそも子ども達は肉嫌いで魚ばかり食べたがりますし。

割高な生協の食品に頼らざるを得ないのが実情です。

ここは健康のための投資と考えて、さっぱりと諦めることにいたしましょう。

今年は去年ほどストイックにはならず、ゆるゆると参りたいと思っているからです。

そういうわけで今年の10万円チャレンジに課したマイルールは、「1か月に1万円以内の予算で自分のためだけの買い物をする」ということ。

去年は本当に自分のためのものを買わず、我慢強い方なので何とか続いたものの知らず知らずのうちに欲求不満気味に。

1月以降、溢れ出んばかりの物欲と戦うはめになりました。

なので、このルールは物欲コントロールのために必要なのです。

というわけで、9月の散財。

18-10-02-16-01-00-396_deco.jpg

ブーツを新調しました。

それまで持っていたムートンブーツはかなりくたびれていたので、靴屋に履いて行きそこで引き取ってもらい、購入した靴を履いて帰宅。

そうすることで、古い靴を捨てられずに持て余すことなく済んでいるのです。

新しいブーツはイメージにぴったりのもので、一目見た瞬間「これだ」と思いました。

対応してくれた店員さんが可愛らしい方で、友人と同じ苗字だったことで話が盛り上がり、気を良くしてインソールも追加購入。

結果、7,668円の出費となったわけです。

もしかしたら商品券で払えるかなあと思い聞いてみましたが、「すみません、この店舗では使えないんです」と申し訳なさそうに言われてしまいました。

商品券の裏のリストに靴屋の名前なかったっけ、と見てみましたら頭文字だけ同じ別の靴屋だと判明。

うっかり八兵衛レベルの勘違いですみません。

しかしながら意地でも商品券を使いたかった私、土曜日の用事のついでにダイエーに寄ろうと夫に提案。

そこで無事商品券を使うことができました。

買ったのはこちら。

18-10-02-16-08-23-036_deco.jpg

テーブルクロスを新調しました。

3,500円くらいの値段でしたので、1,000円分の商品券4枚を消費。

以前のはニトリにて購入の700円くらいのものでしたが、少し薄手だったため子ども達に破られやすいという欠点がありました。

今回の購入品は丈夫そうですし抗菌加工もされているらしいので、とても気に入っております。

いたずら好きの子ども達がはずみで切り刻んでしまわないよう、ハサミを使う工作の時間には真夜中の猫のように目を光らせている次第です。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)