2019/05/27 06:00
子ども達の運動会で 手の甲と足首だけ
日焼けしたacoです。


小学3年生の息子・コタマには
苦手なクラスメイトがいます。


争いを好まず 奪われる側のコタマ。
VS
欲しいものは争ってでも奪う性質の子



1年生で同じクラスになり

コタマの番のボールを 横から奪われ
泣きながら先生に訴えること数回

2年生 クラス替えなし。
奪い奪われの関係は継続(笑)

コタマったら 
自分が奪われるときには反撃しないのに
お友達がやられていると止めに入るので

「それ やっちゃダメだよ!」
と 注意したところ
胸ぐらを掴まれて すごまれました。

これはさすがに先生がきっちり叱ってくれました。

普段
「学校でのトラブルは先生と解決済みだから」
と 家で話さないコタマですが
この時は衝撃が大きかったようで
帰ってくるなり話し 寝る前にも話しました。

小学2年生なのに 胸ぐらを掴むって
そんなことあるんだ!? とビックリしました。

時々揉めながら時をすごし、

3年生のクラス分けでも
同じクラスになりました(笑)

20190525_090929.jpg

そして 迎えた運動会。

そのお友達は 上記のような
粗暴な面もありますが
運動面が素晴らしいんです。

大きな声で的確な指示を出し
負けそうな時でもみんなを鼓舞し
見事なスポーツマンシップを発揮します。

リレーの選手にも選ばれていて
3年生とは思えない走りを見せます。


体育会系の私が思わず
「〇君すごいね」
と 漏らしたところ コタマ

「でしょ!? すごいんだよ!」

と 興奮してイイトコロを
語り始めました。


すごいと思うんですよね。
この素直さ 私にはまねできないです。

子どもの頃だったら どうだったかな?
とも考えてみましたが

やっぱり無理かな(笑)

ルール違反をされ 意地悪をされ
注意すれば 胸ぐらを掴まれ

そんな毎日の繰り返しでは
ただただ嫌いになってしまって
良いところが 見えなくなりそうですが


悪いところは悪いけど
良い所はこんなに良いと認める。


素敵な性格してるな と 思います。
私は そんな親になりたい!



実は 私 そのお友達とうちのコタマは
足して2で割ったら 
ちょうどいいんじゃないかと思っていて。

できっこないし ない物ねだりですが。

だってね

徒競走のカーブで アウトコースの子は
インコースに攻め込んでくるでしょ?

そんな時 無意識に引いちゃうんですよ。
これじゃ〜 混戦の最後尾になっちゃう。
(混戦になる前に トップに出る速さはない)

長距離ならそれも作戦の内ですが
トラック半周の戦いでは 圧倒的に不利です。

「競走中に譲ってどうする!!」
と 幼稚園の頃は怒鳴ったものです・・・



だから つい やり過ぎてしまう(?)
お友達とのかかわりの中から
「ここまではやっていい」
という丁度良いラインを学んで
もうちょっと 勝ちに貪欲になったら
いいんじゃない?
と 息子を見守っています。


でも 今までは 
奪われて 泣いているのを見るたびに
「もっと強い子だったらいいのに」
「ちょっとくらいやり返したらいいのに」
と ヤキモキしてきましたが


譲れる・他人を認められる
やり返さないコタマって
実はものすごく強いのかも。

最近ようやく そう思えてきました。



「1回くらい リレーの選手に選ばれたい」
と コタマにも欲が出始めたようなので

特訓するつもりなら 付き合います
ダイエットも兼ねて(笑)
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ