2013/06/15 23:25
20110511 115.jpg

小学校の行事と息子の幼稚園の親子遠足が連日になってしまいました。

さすがに私も2日続けて休むのは難しいし

今年で息子も卒園ですので最後の親子遠足

一回ぐらい主人も体験しておいたほうがいいのでは・・・

ということで有給使って行ってみてよと


でも男の人って学校行事で有給取るって形見が狭いみたいで

最初はかなりしぶしぶ・・・

でしたが、帰宅後の感想では「言ってよかったよ」と。


「一回ぐらい親子遠足」を強く勧めた理由もわかってくれたようです。



私も二年前に娘・息子と共に訪れたアンデルセン公園


被写体としては素敵な要素がたくさんあるところですので

写真好きの主人はいろいろ撮ってくるだろうな〜と思ってたのですが

始めての親子遠足は余裕が無かったようで

ほとんど撮ってませんでした=3


なわけで、上のイメージ写真も2年前に私が撮ったものです

予報では雨の心配もありましたが

当日は暑いほどのよい天気に恵まれ

アスレチックなど楽しむことができて大満足だったようです。


最も心配だったことは

親子遠足ではありますが、年長さんはバスの席に親子で座らず
行きは子供は子供、大人は大人で座るのです。

見ず知らずのママたちに囲まれて形見が狭いのではないか・・・
と心配でしたが、少なからずパパが参加する方もいて
そのような方とご一緒できたようで一安心


お弁当時間も偶然に知人ファミリーがパパ参加で
一緒に過ごせたようで良かった良かった^^



お弁当はド定番で

IMG_2407.JPG


鮭のおにぎり、唐揚げ、卵焼き、ウインナー。そして冷凍したミニゼリー。
お箸やフォークなど使わないでピックで食べられるようなのが一番ですよね。




親子でバスに乗っての遠足はもうないのかと思うと
ちょっと寂しいような気がしますし

自分で行かなかったのはちょっともったいなかったような気もしますが

主人と息子の楽しい時間が過ごせたようでしたのでよかったです。













ママーリオさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/03/21 07:39
机とランドセルは早々に買ってしまったのですが
その他がなかなか進んでいなかった入学準備。

説明会で購入できるものはそこでそろえましたが
それ以外に自分で用意するものも結構あるもの。

ぽちぽちとネットで買ったりしていましたけど
実際に見て書いたいものもあるし、
なかなか時間がなく・・・

娘が卒園し春休みに入った月曜日

できるだけ用意しよう!と2人で買い物へ

page.jpg

主に文房具類をまったく用意してなかったので
ものすごい久しぶりにバラエティショップに行きましたわ^^;

どこで買えばいいんだろう?と思ってましたけど
ちゃんとかわいいもの、たくさんあるんですね。

私としては大きすぎる筆箱はランドセルの中でジャマになると思うのですが
やっぱり、子供は両面開きがいいんですね、今でも^^


あと困っているのが洋服。

page2.jpg

幼稚園は制服がスモックだったので真冬以外はアウターを着ることがなく。
でも小学校だと春先的な軽い羽織物や
温度調節のためのカーディガンとかが必要だなと。

だけど、もはや店頭商品は夏向けっぽくなっちゃってて。
遅かった=3

やっとカットソー素材のZIPブルゾンとか
薄いナイロン系とか見つけて買いましたが

足りるかなぁ?


背もまた伸びたのでズボンも買い足そうとしたら

うちの子は大きくて140サイズを買いたいところなのですが
そうすると、ズボンのフロントがボタンが多いんですねぇ
あたりまえですが^^;

ボタンでもできなくはないですが、着替えの気楽さを考えると
ウエストがリブですぽっと履けるような仕様のもののほうが良くて

結局、このような部分では西松屋がすばらしい!
ジュニアサイズの取り扱いの店舗だとサイズも大きいのがあるし
仕様はキッズと同じものが他店に比べて多いと思いました。

お値段も安かったし!助かりました♪



なんか、お姉ちゃんばっかりいろいろ買ってる?
文句は言わないけどなんとなく不満がありそうな息子(笑)


page3.jpg

でも一緒にちゃんとあなたのも買ってるじゃ〜ん!
選んだことは忘れているらしい^^


来年はあなたもいろいろ買いますよ〜!
でもきっと女の子ほどではないのかな^^;




まだまだ買い足りてない気がしますし

作らなくちゃいけないものも手付かず(汗)


名前つけもまだまったくできてな〜い!!


次の休みの日にがんばります=3






ママーリオさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/03/19 07:45
先週末、娘の幼稚園の卒園式でした。

娘は長子なので、母子共に始めての幼稚園生活で

いろいろな「はじめて」を経験し

直前になっても卒園という日が来ることが信じられない

そんな気持ちでした。


娘は「おめでとう」と祝ってもらえる嬉しさと

先生やお友達とお別れになる寂しさと

複雑に交じり合った感情をどう表現したらよいかわからずに

なんだか複雑な表情を浮かべていましたが


卒園証書を手にして浮かべる誇らしげな笑顔に

本当に、成長を感じました。



さて、子供のことは本人を知らないと良くわからないと思うので

こちらでは親の立場の気持ちを書こうと思います。


ご存知のとおり、私は歳の割りに子供が小さい

「遅めママ」ですので

娘が幼稚園に入る前はけっこうな気後れがありました。

私は子供が遅かったので
幼稚園のママの中では最年長クラスなのは
間違いない(笑)のはわかっていましたが

若いママたちだらけのところで、私はやっていけるのかしら・・・

という不安な気持ちでした。


これから入園を迎えるアラフォーママもいると思うんですけど

きっと同じような気持ちでいるのではないかと。



でも、それは過ぎた妄想で(笑)


お子さんが何人かいらっしゃる方だと末の子で幼稚園来てたりで
歳の近い方いますし

自分と同じような境遇の遅めママも案外いるもので^^

緊張もほぐれて来ました。


最近になってわかったことですが
年長の同じクラスでは私と同い年ママが2人いて

しかも、3人でこれからも同じ小学校!

いい付き合いになりそうな予感がします^^


謝恩会の打ち上げで全員が年齢暴露することになり

もちろん私らは最年長(笑)

最年少は15歳年下!


私は大阪万博ですが、彼女はつくば万博生まれですって〜(汗)



なんだかまとまりのない文章になってきましたが・・・

何が言いたかったかというと

そんなことにとらわれずに、
年齢だけでなく様々な違いのあるママとの交流がある場所が幼稚園だったんだな、と。

幼稚園よりも小学校になると
さらに様々な違いのある人があつまる場になると聞きます。

民間からの初めての校長として有名な
杉並区立和田中学校の藤原和博氏の

公立学校ならではのその多様な集団の中での生活経験が
社会に出た時に役立つというような(曖昧な記憶ですみません)
インタビューを読んだことがあります


きっと同じだけ親も多様なのだろうな、と思う。

そういう社会にこれから入る前段階の
親としての経験をつむことができたし


入園前に感じたつまらない「気後れ」から

娘の卒園と共に私も卒業できた気がします。
























ママーリオさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ