2010/10/22 21:02
こんばんはー笑顔

今日、ずっと探していたすーちゃんの文庫本を本屋さんでゲットして嬉しかった私です。

以前も紹介した「すーちゃん」:益田ミリさん著者(幻冬舎)何度読んでも共感させられます。

今日なんか文庫本を読んで思わず自分と重なり合わせてしまって号泣してしまいました泣く

その中でもすーちゃんは「自分探し」をしていて、その「自分探し」に辛くなり1人号泣してしまう場面には思わず「自分もだ…」と共感してしまいました。

「聞きたがり 知りたがり 説教好き 忠告好き 恩着せがましい人

大嫌い 大嫌い 大嫌い」

「仕事も目立つとこひょいって持っていくこと多いし、面倒な仕事から逃げる人が嫌い」

「いい人になりたいと思っている自分」

「自分探しってなんだよ 世界にたったひとりしかいない本物の自分を自分が探してどうすんの?それじゃあ自分がかわいそうだよ。」


よくポジティブに物事を考えると言いますが、前向きに考えようと思えば思うほど自分が追い込まれだんだん辛くなる。
自分は自分なのだから物事を考えすぎても少しずつ復活してもいいのではないか…とすーちゃんは日記に綴ってありました。

無理して元気を振舞わなくてもいいと思うと自然と心がラクになりました。

悲しい時は思いっきり悲しみにひたり、少しずつでもいいから元気を取り戻していけばいいのだと…。

元気をもらいたい時は「すーちゃん」を読むことをおススメします本

嫌いな部分もあれば、好きな部分もあってこそ本当の自分。

そんな自分をずっと好きであり続けたいです。

*「すーちゃんシリーズ」*

・「どうしても嫌いな人すーちゃんの決心」

・「結婚しなくていいですか すーちゃんの明日」

・「すーちゃん」

どれもいい話が詰まっていますにっこり
あぷよママさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ