2015/01/17 08:04


我が家の長男、4歳のとと。は、3歳の時に自閉症スペクトラム障害と診断されました。


とと。が、3歳10カ月の頃…
4歳になった春…年中から幼稚園に通わせたい!!と考えていた私は、入園まで後1年を切ったぐらいのこの時期あたりから…とと。の入園準備として、自分で出来る事を増やしてあげる為の練習を日々の生活に意識して取り入れる様にした。

とと。は、あまり自分で何でもやらせて欲しい!!と訴えるタイプではなく…どちらかと言うと、依存的な方で…
自分でやって、上手く出来なくてイライラするよりも…色々手伝って欲しいタイプだった。
自分から、やりたい!!の訴えがそうないので…やらせるタイミングを失っていた所もあるし…つい、手を貸しすぎて何でもやってあげてしまっている事を反省した。

そんな私が、まず思って実戦したのが着替えだった。
脱ぐのは、割りと簡単だし ほぼ一人で出来ていて問題なかったが…着るのが、出来ないっ
朝とか着替える時も…時間がないから。って…パッパと、着させていて とと。に自分でやらせてあげていないなぁ。と思った。
自分で着るのを促しながらだと、時間が掛かる…イライラする…怒る…慌ただしく、服を着せてしまう…
このサイクルから脱出する為、朝 起きる目覚ましを早めにセットする様にした。

時間にゆとりがあるだけで…私のイライラは解消されたし…やってごらん。って、見てあげる時間や待っていられる時間が生まれた…。

とと。は、割りと目覚めが良くて…起きてすぐにパッ。と動けるタイプだ。 ←私と一緒。
反対に、ナッチョ。と旦那様。は、起きて少しの間…ボーっと、まったり。したいタイプ…。

着替えも、少しずつ…  今日は、パンツを自分で上げてもらう!! ここまで出来たら、良しとする。 本当に、時間を掛けて ゆっくりと…


トイレも、オシッコに続いて…ウンチもしっかり訴えて、トイレで踏ん張れる様になってきた。まだ、ウンチに限っては時々 間に合わない時があったが…トイレに関しての心配がほぼ、無くなったのは この頃だった。

心配事が1つ解消されるだけで、心に少しずつだけど ゆとりが持てる様になるのが実感し出した…。

ただ…まだまだ、出来ない事が多いのは事実…
1つ出来たら、また 次…また出来たら、次…。
それでも、ゆっくり、ゆっくり とと。が一人で出来る事が増える度に 嬉しくて仕方なかった。


今回のお話は、ここまで。また次回♪
読んで下さった方、ありがとうございます。

いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ