1. トップ
  2. 家事
  3. ムラヨシマサユキさん直伝の「絶品チーズケーキ」は、豆腐が決め手でした

ムラヨシマサユキさん直伝の「絶品チーズケーキ」は、豆腐が決め手でした

2018/06/04【 家事 】

おつまみや副菜にだけでなく、スイーツの隠し食材として使われることもある豆腐。ヘルシーなのはもちろん、豆腐を入れることでスイーツのおいしさがアップすることも。そうとわかれば、作るっきゃない!ということで、『サンキュ!』編集部オススメの「豆腐のチーズケーキ」をご紹介します。

教えてくれた人…ムラヨシマサユキさん
菓子&パン研究家。レストラン、パティスリーに勤務後、独立。簡単かつ少ない材料でも完成度の高いレシピに仕上げる腕&姿勢に定評あり。

■豆腐だからこそおいしい3つの理由

1. しっとり食感になる
2. 口当たりやさしく繊細になる
3. ヘルシーさがアップする

早速レシピをご紹介します!

■豆腐でかろやかチーズケーキの作り方

【材料】(直径15㎝の丸・底取型1台分)
・ビスケット(全粒粉タイプ)…50g
・バター(食塩不使用)…15g
・絹ごし豆腐…150g(½ 丁)
・砂糖…40g
・クリームチーズ(室温にもどす)…200g
・卵…2個
・薄力粉…大さじ2
・レモンの絞り汁…小さじ2
・バニラエッセンス(あれば)…少々

STEP1

厚手のポリ袋にビスケットを入れて、上からめん棒をころがして細かく砕く。バターは電子レンジで10~15秒加熱し、ビスケットの袋に加える。袋の上からもむように全体を混ぜ合わせる。型の底面に円形に切ったオーブン用シートを敷き、ビスケットを広げる。スプーンの背、または指で押し固め、冷蔵室に入れておく。

STEP2

ボウルに豆腐を入れて、泡立て器でくずす。砂糖、クリームチーズを加えて、なめらかなクリーム状になるまでしっかり混ぜる。卵を加えて全体を混ぜ、薄力粉、レモン汁、バニラエッセンスを加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

STEP3

2の生地を、1の型に流し入れる。170℃に予熱したオーブンで35~40分焼く。焼き色がつき、型ごとゆらして、プリンのように揺れなくなっていれば焼き上がり。網にのせて粗熱を取り、冷蔵庫に2時間以上入れて冷やしたら、型からはずす。

※豆腐の容器内の水分は捨ててから使用してください。
※電子レンジの加熱時間は、600Wの場合の目安です。500Wの場合は、1.2倍の時間で加熱してください。その他の場合は、メーカーにお問い合わせください。

豆腐を使うことで口当たり滑らかな、ヘルシーで美味しいスイーツの出来上がり!豆腐の水切りをしなくて良いので、ひと手間省けるのもうれしいポイント。お子さんのおやつにもおすすめです。

参照:『サンキュ!』6月号「ムラヨシマサユキさんの豆腐だからこそおいしい絶品スイーツ」より一部抜粋。掲載している情報は18年4月現在のものです。調理/ムラヨシマサユキ 撮影/髙杉純  構成・文/加藤郷子 

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP