1. トップ
  2. 家事
  3. 洗わないと不衛生!デニム・ジーンズの色落ちしない洗濯方法

洗わないと不衛生!デニム・ジーンズの色落ちしない洗濯方法

2018/06/27【 家事 】

CONTENTS

一年を通して何かと履く機会が多いジーンズ。「買ったときの色や風合いを損ねたくない」「ほかの洗濯物への色移りが心配」という理由で、洗濯を避けてはいませんか? しかし、長いこと洗わずにいると、汗や汚れがしみついて不衛生。ニオイだって気になります。
そこで、家事アドバイザーとして活躍する藤原千秋さんに、自宅でのジーンズの洗い方について教えていただきました。

これさえ守れば「色落ち」の心配なし

ジーンズの洗濯に躊躇してしまう理由のひとつが「色落ち」。次のポイントを押さえて正しく洗えば、その心配も必要ありません。

1. ジーンズ単独で洗う

特に色落ちがしやすい新品のジーンズは、必ず単独で洗いましょう。生地をパリッとさせるためにのりがついているので、裏返して水に1時間ほど浸けて、のりを落としてから洗濯機へ入れます。

2. お湯では洗わない

お湯で洗うとジーンズの染料が落ちやすいので、水で洗うようにしましょう。買ってから最初の洗濯は水洗いだけでも十分。洗剤を使う場合は、蛍光漂白剤の入っていない中性洗剤を使ってください。

実際にジーンズを洗濯してみよう!

それでは、汚れたジーンズをさっそくきれいに洗ってみましょう。

<用意するもの>
■ 中性洗剤
■ 洗濯ネット
■ ピンチハンガー

1.ファスナーとボタンをとめる

布地を傷めないために、ファスナーやボタンをしっかりとめましょう。洗濯機に入れる前に、ポケットの中に何も入っていなか確認し、「標準コース」で洗います。ダメージ加工がしてあるものは、洗濯ネットに入れたほうが安心。

2.ハンガーで筒状に干す

脱水したら裏返して振りさばき、ピンチハンガーを使ってジーンズを筒状に干します。乾きにくいボタン、ファスナー、ウエスト部分に日があたるようにすると◎。

早く乾かしたいときの干し方

ジーンズを裏返して片方を物干し竿に通すと、風を通りやすく乾きもスピーディです。左右のすそをピンチでとめておきましょう。

乾燥機を使うのは絶対NG!

一般的なジーンズは「綿100%」のものがほとんど。乾燥機を使って乾かすと縮みやすいので、くれぐれも気をつけて。

洗濯の頻度はどれくらい?

汚れが目立ちにくいジーンズですが、4〜5回履いたら洗うことをおすすめします。汗をかきやすい夏場や、履いていて不快に感じたときは、もう少しこまめに洗濯するといいですね。

まとめ

洗うとくすんだ印象が抜けて、大人の装いにふさわしい清潔感あるジーンズに! 履く機会が多いものなので、これからは定期的にメンテナンスをしてみてくださいね。

教えてくれたのは・・・藤原千秋さん
家事・掃除・住宅アドバイザー。大手住宅メーカー営業職を経て、2001年よりAll About「住まいを考える」ガイド。家事にまつわる記事のライター・アドバイザー・コラムニストとして、雑誌をはじめ数多くの媒体で活躍中。著・監修書に『この一冊ですべてがわかる!家事のきほん新事典』他。

取材・文/有馬未央(KIRA KIRA)

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP