2017/03/26 00:50
先日、東京都の町田市にある芹ヶ谷(せりがや)公園というところへいってきました。

町田市は三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」に出てくる「まほろ市」のモチーフになった街です。

今回行った芹ヶ谷公園も、「まほろシリーズ」の映画やドラマの撮影によく使われている大きな公園です。

噴水と水路があって、夏場は水遊びが楽しい公園です。

P_20160327_150408.jpg

ただ、この写真は去年の3月のもの・・・

割と暖かい日ではあったけれど、まだ3月だっていうのに大はしゃぎで水遊びをする息子。

私には寒すぎて無理っす〜…(@_@;)

P_20160327_143851.jpg

今回ここへ行ったのは、牛乳パックで作った船をこの水路で流して遊ぶため。

しかし・・・!

悲しいことに・・・

噴水と水路の水がなくなっているという・・・(T_T)

ときどきある清掃の日にあたったのかもしれない・・・(@_@;)

舟のレースが出来なくてしょんぼりしている息子でしたが、今回別の素敵な遊び場所を見つけました。

公園内にあった、「冒険遊び場」という場所です。

今まで何度もこの公園に行っているのですが、覗いてみたことはありませんでした。

公園内の斜面に、手作りの遊具がいろいろ置いてありました。

CIMG1070.JPG

丸太のブランコや

CIMG1067.JPG

大きな木からぶら下げられたターザンロープ

CIMG1069-7e60e.JPG

落書き用の手作り黒板に
CIMG1066-0feba.JPG

弓矢のセットも置いてありました。

CIMG1077.JPG

フライパンや缶がぶら下げられた弓道場もあって

CIMG1076.JPG

夫と息子で的をねらって修行・・・

CIMG1074.JPG

ビー玉を転がす遊具も手作りで

CIMG1078.JPG

これは、板を組み替えてビー玉の進路を変えることもできました(*^_^*)

CIMG1080.JPG

受付に係の方がいたので、

「初めてなのですが、何かルールはありますか?」

と聞きました。

すると

「そうですね。

ルールは 自由に遊ぶこと

です(^_^)」

と係の方。

それを聞いて、なんとも嬉しくなってしまいました。

夫とも、顔を見合わせて にんまり(^^ゞ

我が家の周りは、看板に禁止事項がび〜っちり書いてある公園が多いのです。

あとからこの「冒険遊び場」のホームページを拝見しましたが、

「子どもがやってみたいという遊びが自由にできるよう、出来る限り規制を無くしている」

とのことでした。

自由ということは、ケガだってもちろん自己責任だと思いますが、こうしてのびのび遊べるところがあるって素晴らしいです。

家の近所では、私や夫が子どものころ遊んでいた崖は立ち入り禁止になってしまい、公園での木登りもなんだか人目が気になるようになってしまいました(+o+)

工作ゾーンもあって

CIMG1082.JPG

金づちやのこぎりなどの工具も無料で貸し出してくれます。

CIMG1084.JPG

なんと材木も無料。

夫と二人で「あーだ こーだ」と盛り上がって息子に教えながら、息子初の木工作品が出来上がりました。

CIMG1087.JPG

武器をもったロボットとのこと・・・

CIMG1089.JPG

出来上がった作品をいただいて、大満足で帰路につきました。

この冒険遊び場ではたき火ゾーンもあって、各自持ってきた食材を焼いて食べていました。

お餅の焼けるこうばしい香りが、公園内をふわ〜んと漂っていました。

次はお餅かパンをもっていこう♪

この「冒険遊び場」は日本各地にあって、「冒険遊び場」と検索すれば「日本冒険遊び場づくり協会」のホームページが見つけられると思います。

東京都は58件、神奈川県は39件、その他の県も沢山あるようなので、もしかしたら、お家の近くにあるかもしれません。

それぞれの地域や団体で、規模や遊びの内容が違うようです。

もし興味がありましたら、検索してみてください〜(*^_^*)

サンキュ!ボタン押してくださったら、とっても嬉しいです♪

堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/03/22 17:44
本日の記事は3/15に参加してきたサンキュ!主催のスペシャルセミナーレポートの、第二弾です。

セミナー講師の方は3人いらっしゃって、初めにお話しされたのは前回の記事に書いた若松美穂さん、そして二人目にお話しされたのは、下の写真の篠原匠(しのはら たくみ)さんです。

CIMG1105201-203fc.JPG

篠原さんはGMO NIKKO株式会社で、大手企業のSEOコンサルタントを担当されているとのこと。

SEO部署というのを会社で立ち上げ、責任者になり、1年目で4億円を達成したすごい方だということです。

SEO(エスイーオー)・・・・

ブログを書き始めてから時々耳にする言葉ではあるのですが・・・

いったい ぜんたい

何のことだかは分からない・・・(-"-)

日本語にすると「検索エンジン最適化」というそうですが、日本語にしたところでその正体は分からない・・・(@_@;)

この日のセミナーでは、この「検索エンジン最適化」というのを含め、どうすればブログへのアクセス数が上がるかを分かりやすく噛み砕いてお話ししてくださいました。

CIMG1105201.JPG

まずは、たくさんの人にブログに遊びに来てもらいたいなら、「検索エンジン」からがおすすめですよ〜という話。

「検索エンジン」とは、Google や Yahoo! などのことだそうです。

スクリーンには

P_20170322_162619.jpg

Googleだけで、一秒間に63,000回も検索されているという画面が映し出されていました。

数が大きすぎて、なんだかぴんとこない・・・(゜o゜)

なにからなにまで ちんぷんかんぷんな 私ですが

お話を聞いていくうちに

「検索エンジンから見に来てくれる可能性を考えた方がいい」ということは理解できました。

これまでは

「口コミサンキュ!内でたまたま私のブログを見つけた方が読んでくれるかもしれない」

とは考えていましたが

「検索エンジンから見に来てくれる方もいる」

ということをあまり考えたことがありませんでした。

そうか〜

検索エンジンか〜\(◎o◎)/!

想像もしなかった〜(゜o゜)

上位の方に表示されるページほど、訪問者が増えるとのこと。

そして、「検索エンジンで上位に表示されるようにする取り組み」が、「SEO=検索エンジン最適化」なんだそうです。

そのウェブページがいいページかどうかを

200項目ほどの条件のもとに人工知能が判断して、順位づけをしているとのことです。

どうすれば上位に表示されるのか、今回お話しされていたのは以下の通りです。

@情報を探している人に、答えるように書く
 
具体例で出されていたのは、「カントリーマアム 味」で検索している人へ返事をするように、ブログに書いていくこと。

商品情報だけではなく、「温めて食べるとおいしい」など、自分なりの工夫をプラスαで書くと、良いページと判断されるとのことでした。

具体例で出された「カントリーマアム 味」、実は月に1万回も検索されているそうです(笑)

Aタイトルにこだわる

「今日のごはん」

などにせず、

「グラタンはポテトじゃないの?実は白菜と里芋入りがおいしかった!?」

など具体的に、興味をひくタイトルにすることが重要とのこと。

B自分の得意なことを書く!

テーマはなんでもOK。

「稲荷寿司をトースターで焼くとおいしい」など、実践してみておすすめしたいことなどでも魅力的になるとのこと。

C伝えたいことに一球入魂!

1つの記事につき、1つのテーマに絞って書くのがよいそうです。

悪い例で出されていたのが

「さといものおいしい食べ方と、昨日行った草津温泉の観光スポット」

という風に一つの記事・タイトルに、二つのテーマを混ぜてしまったブログです。

「さといも おいしい食べ方 草津 観光スポット」

という検索をする人はいないので、検索結果に表示されないそうなんです。

今回のセミナー全体を通して、これが一番驚きました。

わたし・・・・

これ・・・・

よくやってる・・・・!!!!\(◎o◎)/!

バラバラに書くほどでもないかな〜と思うときに

イオン福袋きたー!&アナログ年賀状」とか

お年玉の行方&よく噛む」なんて感じでまとめて書いてしまっていました。

このうちの1つで検索にひっかかることもあるにはあるそうですが、

表示順位を決定している人工知能は

「1つのテーマで深く書いてある記事」を上位に持ってくるんだそうです。

もし二つの内容を書くのであれば、バラバラに記事にした方がよいとのことでした。

いや〜

びっくりです・・・。

本当に知らなかった…。

勉強になります\(~o~)/

D見た目も大切。メリハリをつけよう!

まず、タイトルと写真と本文に一貫性があることが大切だそうです。

人工知能は、その辺もチェックするとのこと。

あとは、強調したいところは文字の色を変えたり、サイズを変えたりすることも見た目に変化が出てメリハリがつくとのことです。

また、自分で書いた関連する過去記事のURLを貼ることも、「もっと詳しく知りたい」という読者の要望に応えることになるんだそうです。

まとめ

今回お話しされたすべてを考えてブログを書こうとすると、頭がパンクしてしまうから、上の1つだけでも取り入れてブログを書いてみてくださいとのことでした。

そうすることで、何も意識しないときよりも、検索エンジンからの訪問者が増えるかもしれないとのことでした。

質疑応答でサンキュ!ブロガーの春瀬はるかさん

「記事をアップするのに最適な時間はありますか」

と質問されたのですが、驚きの返事が返ってきました。

それは

「時間というよりは、更新頻度が関係してきます。

毎日ブログを更新されている方の記事は、すぐに検索結果に表示されるんですよ。」

とのこと。

これを聞いて、会場が えええ!とどよめきました。

「たまにしか書かない方の記事は、検索に表示されるまで数日かかったりするんですね。」

いや〜

知りませんでした。

毎日コツコツ続けるというのは、こういうところで報われるのですね・・・\(◎o◎)/!

私、毎日のアップ、全然できていないなぁ(^_^;)

家に帰って、自分のアクセス解析をまじまじと見てみました。

悲しいかな、私のブログは検索で来て下さる方はほとんどいないのですが

唯一「業務スーパー☆2Kg鶏もも肉の処理」という記事が、検索エンジンから訪問されているようです。

ためしにGoogleで「業務スーパー 鶏肉」と検索してみると

検索結果.PNG

↑上の写真の一番下、検索結果の4番目にこの記事が表示されました。

セミナーで聞いたことを意識しながらこの記事を読み返してみると

「タイトル・本文・写真に一貫性がある/一つのテーマに絞って書いている/自分なりの工夫を書いている」

というのが、たまたまこの記事はできていました。

そうかぁ〜

毎回は難しいけれど、

もしかしたら やってやれないわけでは ないのかもしれない・・・・

まぁ 私の場合

唯一できたのが

この記事だけなんですが・・・(^_^;)

今まで知らなかったことをわかりやすく教えて下さって、とても充実した講演でした!

CIMG1106.JPG

これから記事を書くときに、意識してみようと思います。

サンキュ!ボタン押してくださったら、とっても嬉しいです☆
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/03/21 00:00
3/15に、サンキュ!主催のスペシャルセミナー

「ファンが増えるブログ・インスタグラムって?」

に参加してきました。

ブログを書いている私としては、とっても気になるテーマです(o^^o)

以前にも書いたのですが、私はなかなか器用に記事を更新できず、一つの記事を書くのに1時間半以上、長いものだと3〜5時間くらいかかることもあります(^。^;)

一生懸命書いているから、できることなら一人でも多くの方に読んでいただけたらありがたい、という思いがあります。

今回のセミナーの講師の方は3人いらっしゃいまして、初めにお話しされたのは若松美穂さんです。

CIMG1103.JPG

若松美穂さんはエッセイスト、心理カウンセラーとして活躍なさっていて、著作も多数。

サンキュ!でブログの連載を持っていらっしゃいます。



今回の講演のテーマは

「伝わるブログを書く10カ条

〜10年ブログを書き続けてわかったこと〜」

です。

CIMG1104.JPG

10年間もブログを続けるって、なかなかできることではないと思います。

しかも若松美穂さんのブログは更新頻度が高く、ほとんど毎日書いていらっしゃるのです。

若松さんが冒頭でお話しされていたことで、とても印象に残った言葉があります。

「誰もが知っていると思われるベネッセという会社の、サンキュ!のページで書かせてもらっているからこそ、多くの方に私のブログを見てもらえるのだと思っています。

個人でやっていたら、こんなに見てもらえないと思うんです。

今日は、同じくサンキュ!で書かれている皆さんは、とても恵まれた環境にいるということを、お伝えしたくて。

簡単に『サンキュ!ブロガーであること』を手放してしまう方もいたりするのですが、もし疲れてしまったら休んで、少しずつでも続けてもらえたらと思います。」

これを聞いて、本当にそうだな、と思いました。

私も口コミサンキュ!で書かせていただけなければ、ほぼ誰にも読んでいただけることはなかっただろうと思っています。

実際、公式ブロガーに選んでいただく前に書いていたアメブロは、悲しいくらいアクセス数は伸びなかったですし(ノД`)

街角で私の文章をビラにして配ったところで、1〜2人にも読んでもらえそうもないし・・・(-。-;)

読みに来てくださる方がいるというのは、本当に口コミサンキュ!で書かせていただいているおかげなんだなぁ、としみじみ思いました。

この講演のテーマの十カ条とは

@主語は「私」

 これは心持ちの問題だそうで、「自分はこう思うけど、相手は違う風にとってもいい」という気持ちで書くようにしているとのことでした。

「自分が正しい訳ではない」ということも、頭に置いているとのことでした。

A「ゆるさ」をもたせる

 書くときに、断言しすぎないように気をつけているとのこと。

言い換えると、「何事も言い方ひとつ」とのことです。

B感情の高まりをそのままに

「熱さ」は伝わるので、熱い感情をそのまま伝えるようにしているとのことでした。

C相手をイメージする

 画面の向こうにはブログを読んでいる相手がいることを、イメージして書くとのこと。

その相手は大勢のこともあるし、たった一人に向けて書くこともあるそうです。

私も、たった一人へ向けて書いてしまうこともあるので、これを聞いて安心しました。

おお〜、それでも間違いではないんだ〜、と思って(>_<)ゞ

本日の記事は、今回のセミナーに出たかったけれど参加できなかった方に、何かお伝えできれば・・・と思って書いています。

Dネガティブな感情はすぐ投稿しない

 Bの「熱さは伝わる」と同じで、ネガティブな熱も伝わりやすいとのこと。

ネガティブな記事を読みたい人は限られていると思うので、怒りをそのまま書いた文章をすぐアップしないように気をつけているそうです。

ネガティブな勢いで書いたときは、下書き保存をしてあとで読み返すとのこと。

時間をおくと、冷静に考えることができるそうです。

E伝えたいこと以外書きすぎない

 特に家族のことについては、プライバシーに関わること、具体的な日時や場所、予定が分かってしまうことは書かないようにしているそうです。

Fいろんな顔を持つ

 得意分野がはっきりしている方は、それを発揮したブログが魅力的になると思うとのこと。

ただ、得意分野がまだ分からない方は、いろいろ試して書いて、ブログに変化を持たせるのもいいとのことでした。

旅行記事などが連続して続く場合は、間に違う記事を挟むと飽きずに読んでもらえるということが経験上多かったそうです。

また、アクセス数やサンキュ!クリックの少ない人気のない記事でも、プロの方が見ていて仕事につながることもあるとのこと。

何がどうつながっていくかわからない、とのことでした。

G感想を聞いてみる

 身近な方に、ブログの感想や、どんな記事を読みたいか聞いてみると、客観的に自分のブログを見られるそうです。

Hあえて他人のブログを見ない選択

 自分の気分が乗っていて好調なときは、他の方のブログをドンドン読んで吸収するのもいいとのこと。

でも、もし落ち込んでいたり、他の方と自分を比べてマイナスになりそうなときは、あえて見ないようにするのも一つの手段だとのことでした。

私は、これはFacebookでやっていました(>_<)ゞ

一時期、妙に落ち込んでしまったときがあって(≧◇≦)

Facebookのほかの方のキラキラした投稿と自分を比較しては、よりいっそう落ち込んでしまって。

なら見なければいいのに、スマホのホーム画面のアイコンが赤くなっていると、ついついクリックして開いてしまうという・・・

それが嫌だったので、ホーム画面からFacebookのアイコンを削除していました。

ホーム画面にアイコンがないので、その後はほかの方の更新が気にならなくなりました。

Facebookを見るには、アプリ一覧を開かなければならないようにし、あえて目に触れないように。

その後一年くらいかけて気持ちを持ち直したので、現在はFacebookは再びホーム画面上にあります(^^ゞ

落ち込むなら見ないというのは、気持ちが楽になる選択だと思います。

I行き詰まったら、目的に立ち返る

 アクセス数やサンキュ!数が気になったり、振り回されたり、うまくいかずに落ち込んだりしたら

「私は何のためにブログをやっているんだっけ?」

と、本来の目的に立ち返るとのことでした。

若松美穂さんへの質問で

「ブログを効率よく書くために、工夫していることはありますか?」

というのがありました。

これは、いきなりパソコンに向かわずに、家事などをしながら書く内容をイメージするとのこと。

そして書き上げてから時間を置いて3回くらい読み直し、手を加えるので、一つの記事を書くのに1〜2時間かかるとのことです。

これを聞いて驚いたけれど、少し安心もしました(^。^;)

10年間ず〜っと書き続けている若松美穂さんが1〜2時間かかるのだから、まだブログを始めて一年しか経っていない私が3〜5時間かかるのも、当たり前かもしれない・・・(^^ゞ

舞台でお話しされる若松さんは爽やかで、とても優しそうな方でした。

スラリと背が高くて、なんだかオーラがかっこいい・・・(*^^*)

すごくさまざまなことを考えて、実践しながらブログを書かれているんだと思いました。

若松美穂さんの講演で聞いたことを、できる限りそのまま書いたつもりですが、もし私の受け取り方が間違っていたらすみません(≧◇≦)

せっかく口コミサンキュ!で書かせていただいているのだから、今後大変になったときも、やめずにコツコツ続けていこう、と感じた講演会でした。

CIMG1124.JPG

サンキュ!ボタン押してくださったら、とっても嬉しいです(o^^o)
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ