2017/03/06 00:50

IMG_3423.JPG

柿の季節ではないのですが
すばらしい本に出会ったのでご紹介したいと思います。

「柿づくし」/著者:濱崎 貞弘
柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存



私はかつて、庭に実る大量の柿で
さまざまな利用法を模索している時期がありました。

MjAwODExMjEgMDMwIILMg1KDc4FbXaE.jpg

柿の食べ方・保存法のまとめ リンク集

スペイン留学経験のある同僚との会話から、
海外でも「Caqui」「Cachi」「kaki」など
「カキ」と呼ばれている柿という果物に興味を持ち
干し柿などの従来の保存食や、
あえて洋風にアレンジしたものなど
いろいろなものを作りました。

その後、私は腸の病気をして、
柿は私の腸にはあまり良い食べ物ではなくなってしまい
模索しなくなってしまったのですけど


柿って、食べるだけではない活用法が
あるのだと、この本で「はっ」としました。


この本は、柿渋の取り方が載っているんですよ。

柿渋は抗ウィルス効果、防臭効果など
最近注目の効能があって、
自家製の柿渋を入れた手作り石鹸なんか作れたら
いいなぁ・・・なんて思ったり。

柿渋を使って布や毛糸を染める「柿渋染め」も素敵です。



また、紅く色づいた柿の葉を長期保存して
料理の彩りに使う方法など・・・素晴らしい!


食べ物の作り方でも、

柿は加熱すると渋が戻ってしまう
「渋戻り」現象が起きる場合があって

柿のジャムなど、長く加熱すると
渋くなって失敗する可能性もあるのですが、

この本には、「渋戻りしないジャムの作り方」が載っています。

本格的に研究されてきた方の本なので
本当に素晴らしい、内容となっています。


私もこのところ、柿から離れていたけど
今年は、まず初夏の柿の葉寿司から

048.JPG
柿の葉寿司・
新緑の季節になったら作ろうと決めてました。



柿のある暮らし、できたらいいなと思っています。


ビタミンが多い、新緑の柿の葉、
工夫して使ってみたいな。




ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)
PR記事
2017/06/23 07:54

008.JPG

モニターさせていただいている
JA全農さんの
「北海道小麦と甜菜糖のホットケーキミックス」使って
朝食にパンケーキ。

甘いパンケーキも美味しいけれど
家庭の朝食では、もうちょっと食事っぽく。

ケークサレのパンケーキ版みたいな
しょっぱい味のパンケーキにしてみました。

コーンと、細かく切ったウインナーを混ぜて
大きなフライパンで一度に焼いて

cats.jpg

溶ろけるチーズを乗せて蓋をして蒸らし
切り分けていただきます。


今日は入れなかったけど、
ほうれん草のみじん切りとか
きのこのソテーなんか入れても美味しいと思います。
いろいろ入れると栄養価アップでいいですね。


「とと姉ちゃん」で、
小麦粉はあってもパンを焼くのはハードルが高すぎるので
手軽に焼けるホットケーキの作り方を
丁寧に掲載した話がありました。
それでも、上手にホットケーキを仕上げるのには
いろいろコツが必要だったと思います。

今はホットケーキミックスという、
失敗しらずの商品があるってこと、
当時からしたら、すごいことなんだなぁと思います。

020.JPG

それも、
「北海道小麦と甜菜糖のホットケーキミックス」
のように国産で安心できるもので
手軽に毎日の食事を豊かにできるのって、
いい時代なんだなって改めて思いました。



*−*−*−*−*−*−*−*−

輸入小麦のリスクで有名なものは「ポストハーベスト」です。

でも、薬を使わずにもしカビたら、
その毒性はどっちが大きいのでしょうね。


輸入の小麦は、
遺伝子組み換え小麦(GMO小麦)だと思い込んでいる人がいます。

まだ、栽培されていないそうですし、
表示が義務付けられているとの事なので、消費者は選ぶことができます。

消費者は、自ら学び、判断することが
今後さらに大切になってくると思います。


国産で、安全なものを食べられるのは幸せです。

日本の小学校の給食のパンが
ぜんぶ国産小麦になったらいいですね。
でも生産量とか、いろいろなことでそう簡単ではなさそうです。

銀座の行列ができるパン屋さんの
国産小麦の角食パンは2斤で税込み840円だそうです。

食費の範囲はご家庭それぞれですが、
毎日の食パンをこれにはできませんよね。

どこを守って、どこを妥協するか、
それは、そのご家庭の判断だと思うんですよ。

自分はしっかりと判断して決める。
そして、他の人の判断にいちいち文句を言わない。


「あなたは、そう決めたのね」って
お互いに理解しあう事が
大切になってくるんじゃないかな。


だから、消費者がちゃんと判断できるように
表示や情報には嘘がないようにしてほしい。

これが、私の考えです。




***この記事は編集部の依頼により
モニターとして責任を持って書かせていただいています***
***掲載の体験談は個人の考え方によるものです***


ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える