2009/11/27 08:59
いつも「千恵蔵」に遊びにきてくれて
どうもありがとうキラキラ

みんなのやさしさに 感謝花




サンキュ学園のブロガー内でも
大変有名(?)な千恵蔵
過去記事カテゴリー「整理整頓の術」参照
整理整頓下手で
サンキュ獲得数を総なめ状態(爆)



あ〜

また今年もこの時期がやってきたよ・・・
年賀状



でも!


最近図書館で借りてきた本で
これからの年賀状管理が楽しみに
なおかつ簡単・時短でできそう音符




「(出し入れ)楽チン!クイック収納術」
飯田久恵 PHP研究所から出版されています



今までは100円ショップに売ってる
この年賀状ホルダーを使っていました

ど〜んと60枚ぐらい入るヤツ
真ん中から二つに分かれていたので
前をオットの分 後ろを私の分として
入れて2年間連続して入れて
満タンになったらそのまま収納してました・・・




この方法だと
メンドクサガリ〜な私の場合
このまま知らず知らずのうちに
どんどんたまっていって・・・の状態になりがちダメ



そこで上記の本の出番です
飯田さんの本にはこのようなものを使用していました


100円ショップ(ダイソー)の
ファイルinファイル A4はがきホルダー
30穴・40ポケット
一枚に4箇所はがきを入れられます
ピンクは私の ブルーはオットのとして分けました



あとは上のファイルをはさむ
30穴用のA4ファイル



この2つを利用して
はがきを整理整頓していきます



私のやった方法でかいていきます

@今年と去年のハガキを
「あ行」「か行」「さ行」・・・というふうに仕分けする

去年の分まで整理する理由は
喪中でやりとりしていない人とか
この数年間でやりとりしているかしていないかを
判断するためです


A1ポケットずつに
名前別にはがきを入れていく

(今年のものを前に 去年のものを後ろに入れる)
1枚につき「あ行」だけというふうに作っていきます
1枚でいえば「あ行」は4名入れられることになります



B1枚のファイルごとに
インデックスをつけていく

「あ行」「か行」というよにつけておくと
見やすいと思います(飯田さんはそうされていました)



インデックスはつけてませんが
Aまでの所要時間は30分ぐらいでした
年賀状を分類してみると 行によって
多かったり 少なかったりする行があるので
1枚で収まるのもあれば 2枚使ったりしました



最後の1ページには
「その他」ということで
去年で付き合いが終わった人のとか
とりあえず数年間とっておきたいものとか を
入れておきました
その他のハガキは処分キラキラ



このように一度つくったら
人別にポケットにわけて入れているので
年賀状をはじめ
引越し・暑中見舞いハガキ・クリスマスカード喪入れておけば
人別に管理が出来るわけですキラキラ

飯田さんはこのファイルを「交際帳」として使っています拍手



一つのポケットには
せいぜい5枚がMaxかと思います
入らなくなったら 後ろから処分していきます



今回「喪中」のハガキが届いていますが
その時にもきた時点で人別にいれておけば
最新情報を上に入れているので
年賀状作成のときに一目でわかります


また飯田さんは
年賀状を出したか出さなかったかを見極めるために
出した人にはポストイットを貼っておき
実際に年賀状が届いたときに
確認しているそうです



30穴リングだから
ハガキが増えても 簡単に増やせるし
必要以上に増えることもなく
スッキリ 使いやすい整理整頓ができそうハート





ちえぞうさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)