2011/03/22 19:09
こんにちは、すずめです音符




東日本太平洋沖大地震において被災された皆様、
この場を借りて心からお見舞い申し上げます。
また、被災により亡くなられた方へお悔やみ申し上げます。




ブログ更新、ご無沙汰してしまいました。
地震のあった日から、
被災地のことが気になって気になってたまらなかったり、
自分の方も余震にビクビクしていたりで、
落ち着いてPCの前に座る気になれずにいました。


地震が起きた日、
私は息子と最寄り駅から3駅離れた場所にいました。
手作り入園グッズの足りない材料を買いに行ったのですが、
その時は丁度買い物を終えて、
駅近くのショッピングセンターの前の広場で
息子とジュースを飲んで休憩していました。


最初は立ちくらみかと思ったのですが
徐々に揺れが大きくなり、
さっきまでいたビルに組まれた足場がガシャガシャ揺れ
ショッピングセンターからワァッと人が出てきました。



恐かったな。。。
息子の手をギュッと握って、
「大丈夫、大丈夫。」と平静を装って言うしかできませんでした。
確か震度5弱だったかと思います。


電車で出かけていたので、その後は帰宅困難者となり
2時間タクシー待ちをして、渋滞がひどくて進まないと聞き、
3時間弱かけて息子と歩いてマンションまで帰りました。
やっとの思いで7階の自宅へ戻ると
部屋の中は物が飛び出してグチャグチャ。
突っ張り棒だったり、
家具の下に噛ませるゴム?の防災グッズなどしていたので
大きな家具が倒れたりはなかったのは幸いでした。




「はー、大変だった。これはすごい地震だったー汗



なんて夜の8時過ぎにテレビをつけたら、
テレビの中は私が想像をしていたより壮絶で
映画なんかよりももっと生々しい映像が流れてました。
私の疲れなんて、全然大したことなかった。




*********************



東北で被災された方に比べたら、
屁でもないような私の地震体験。
そんな中でも、人の優しさに触れることができました。



息子と二人で歩いて帰る事を決めたとき、
「心細いから、方向が一緒なら皆で一緒に帰りましょう!」
と誘ってくれた見ず知らずの20代くらいの女性の方。
電車以外の帰る術を知らなかった私にとって、
とっても心強かった!!!




皆で歩いている途中、
子どもの足だとやっぱりどんどん遅れてしまう。
そんな時、「これで力だそうね!」と
カバンからチョコを出して息子にくれたおばあちゃん。
おかげで息子は半分以上自力で歩きました!!!



ママ友とは、ストックしてあったものを交換し合い、
同じマンションのママさんとは連絡を取り合って
いざという時は協力し合おう!と励ましあったり。
1年も前に引っ越して、すっかりご無沙汰だったママ友から
心配するメールが届いたり。





とってもとってもありがたかった。
やっぱり私は独りじゃ生きていけないって実感した。




*********************



私がもらった思いやりや優しさを、
私も被災地の方へ少しでも返していけたらって思います。



募金なども今だけじゃなくて継続的に。
いつまでもクサクサしていないで、
日本の経済を回すために生活を日常に戻す。
風評に惑わされず、確かな情報を見極める。
復興が始まったら、被災地のモノをピンポイントで買う。




サンキュ学園のブロガーさんの記事を見ながら、
自分にできることを探しました。
サンキュ学園にいて良かったです。
自分ひとりじゃ、何して良いのか解らなかった汗




ウチは計画停電地域なので、
節電しながら少しづつブログ更新もしていこうと思います。
福島第一原発の電気は、ほとんど関東で使われているんですよね。
今まで不自由なく使わせてもらっていたことに感謝し、
これからは節電に励みたいと思います。
見えない恐怖に怯える方たちが
早く安心して暮らせるようになることを切に願っています。






思いつくままにかいたので、乱文失礼しました。
もしも不快に感じた方がいたら申し訳ありません。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
すずめさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ