2011/08/08 20:35
カブトムシはとてもつまらない。

基本 夜行性で日中は姿が見えない。

餌が減ってるので生きてるんだな、くらい。

夜家事をしていると ガサガサしていて

ほぼゴ○ブリ状態。

肝心の長男が 臭いから嫌、と世話もせず。

8月に入り気温が上がって今日。

ダニ大発生

目に見える小さな白い物質が大量に!!

急いで検索するも 根本的な対策が見つからない。

土と湿度でどうしたって発生するらしく

ダニ取りの特殊な土に何日か隔離しての

リセットは出来るもののそれだけ。

ダニが発生する事は聞いていたけど

もう見た目がおぞましく不快。

奇しくも私が花粉症様の症状を感じ始めたのと

このダニの大発生の時期が重なる。

ダメ押しに長男に蕁麻疹が出て 3択。

1、初めての薬(次の服薬でなにも無し!)

2、カブトムシとの接触

3、夕食後の運動誘発(次男と汗だくで遊んでいた)

夕食自体は完全和食でそもそも長男は即時型。

とりあえずカブトムシを隔離。

カブトムシを飼う時点ですでに葛藤はあった。

カブトムシがスーパーに売っている事にも抵抗があったし

一夏で死ぬ虫を水槽に入れて

どうしたって最後には死んでしまう。

星カブト捕獲に失敗(第一希望)

星捕まえても置いてくる(第2希望)

最終的には星持ってきちゃったから

快適な環境を与えて飼う、の第3希望に。

深夜に夫と話し合う。

元の場所に戻してきてもらえない?

もう個人的には今すぐここから羽ばたいて欲しい。

冷静に考えて 私のアレルゲンとの断言は難しいけど

長男はダニ クラス6の振り切り。

土も生物もやはり室内には置けない。

長男も薬だと思う、とは言うものの

 カブトムシへの執着は薄い。

カブトムシを捕るのは多分とても楽しかったのだと思う。

でも自分から飼いたいと言い始めたわけでもなく

採りに行きたいといったわけでもなく。

夫が連れて行きたい、から始まってしまった。

日程的にいたしかたなかったとはいえ

長男が別のアウトドアから帰宅したら

 カブトムシは虫籠から水槽に引っ越し済み、

という経緯も 非常に良くなかった。

生き物なのに 100均のおもちゃみたいな軽さ。

夫としては忙しい今夏の罪滅ぼしなんだろうけど

せめて世話はする、位の言い聞かせは

しておいて欲しかった。

夫は時々驚くくらい考え無しで

8時過ぎの帰宅を出迎えた子供達に

ひょいっとお菓子を手渡してしまう。

当然 あとは寝るだけの子供達が騒ぎ始めて

食べていい?には ママがいいって言ったらね―♪

(丸投げ爆弾、と命名している無責任さ)

うん、やはり夫か。夫の方だな…怒






















さわこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2011/06/21 15:07
責任の所在は我が家にはないけれど 

我が家が無関係ではない、

 という不思議なトラブルが起きてました。

立地状態の詳しい説明は避けますが

お隣さん宅に 匿名電話があり。

犬の鳴き声がうるさい、と。

日中は仕事のお隣さんに 

 実際うちの犬はどのような状態なのか?と聞かれました。

その犬は小型の人気犬種で基本的に家にいる。

お隣さんは日中 犬とおばあちゃんのみ。

おばあちゃんは犬は外飼いが常識の世代で

犬がねだるとすぐ外に出してしまっている。

そのまま忘れているらしき時もあったり。

高い声で鳴く犬種で 性格もあるのだろうけど

1年経った私でも毎日 吠えられている。

私の姿が視界に入ると走ってきてずーっと吠えている。

フェンスを隔てただけの至近距離で飽くこともなく。

実は噛まれたことも一度ではない。

小さいので噛まれたところで怪我はしないけど。

お隣さんが家に招き入れるお客さんには吠えず

配達とか 散歩中の他の犬とかには吠えっぱなし。

そして私や子供が庭に出ている時も吠えている。

どうもこのフェンスで仕切られている立地が

 私達=自陣に入ってこようとする敵認定。

ゴ―ヤを見に行き あっという間に駆けよられ。

…この犬が吠えている→高確率で我が家絡み。

私はもう聞き慣れてしまっているし

うちは男の子2人でうるさくしている自覚があり

お互い様が成り立っている。

でも周囲の人にはそうではない。

これから夏で窓を開けるようになるから

声もよく聞こえるし 暑さで苛立ちも募る。

とりあえず外には出さないように

おばあちゃんにきつく言うしかない。

最悪 口を固定する事も考えなければ、と

お隣さんも落ち込んでいました。

その後、庭で犬の姿はあまり見ません。

電話の主で思い当たるのは近所でちょっと有名な人。

今回の件はともかく

この方とはこれからも笑顔で何気なく

地雷を踏まないように付き合っていかなければ。

慎重に行動しようと夫と話しました。










さわこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ