2019/09/14 23:47
こんばんは^^

おとわです♪

闘病記の続きです

今回はワタシが母との会話で気を付けていたことを中心に書きます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

副作用に苦しみながら母は抗がん剤治療を受けた

私は少々迷惑だろうなと思いながら毎日電話とラインをした

声を聞かないと不安だった

母は運がよかったのか実は髪の毛がほとんど抜けなかった

見た目的には顔がむくんでいたくらいであまり変化がなかった(妹に写真を送ってもらってた)

そうして一時退院

これを繰り返す

退院しているときも基本的には家でゆっくりしていた(…と思う)

そういえばある時こんな経験をした

私はとても野生の感が働く人で(;^ω^)←決して霊感とかではないと思う(`・ω・´)

その日は珍しく母の夢を見た

子どもたちに「おばあちゃんちに行けないの??」と聞かれ「今日はお祖母ちゃん用事があるのよ」と答えたような夢

その夢がどうにも気になって

母に電話してみた(その日は出かける予定になっていて夜電話をするつもりだった)

そしたら母は驚いたように…そして言いにくそうに

「実は今熱を出してるの」と言った

母の話を聞くと…

熱が出ているのだけど病院に電話していいかどうかわからない。。病院に行くほどではないかな―ーと思って横になってた

…らしい

なんでやねー――――――んヽ(`Д´)ノプンプン

と言いたくなるのをぐっとこらえて

「そうなの?大丈夫??別に気を使わずに病院に電話するだけしてみたら??」

と務めて明るく話してみた

私の母はとても周囲に気を使う

結構自分で我慢してしまうタイプだ

そして病気でとても精神的に弱っている

病気が発覚して私は努めて母にたいしたことないんだよーーという雰囲気で話していた

この時も心配してるけど心配していないふりをしまくって「たいしたことないんだよーーー」的な明るい感じで話した

それでも煮え切らなかったので…こっそり妹にチクって母の様子を見に行ってもらった(結局病院に電話をして症状を話したそうだ)

母が一番病気にショックを受けているし不安に思っていただろう

周囲に…特に父に迷惑をかけていることで心を痛めているのも知っている

そんな時にたとえ正論でも相手に寄り添わないことを言うのは絶対に間違っていると思った

もともと人をあまり否定しない(職業柄か??)ように気を付けていたが、この経験を機にますます気を付けるようになった

母はその後抗がん剤治療をうけ…その抗がん剤がメガヒットに効いた様で…すっかりと大丈夫になりました

その後は…年に何回かの経過観察だけでとても元気に生活をしています

体重も元に戻り…仕事も次の人にゆずり…今はコーラスグループに入ったりと楽しそうに生活しています

母はおそらくとてもラッキーで…私は今でも4年前のあれは夢だったのでは…と思う時があります

でも母は今でもお世話になった病院のそばに住んでいて…私は年に何回か仕事の引継ぎで関西に来ている時にだけしか会えなくなってしまってます

現実なんですよね

でも、今「口は大きく声が小さくがモットーなのよ(`・ω・´)」と言いながらコーラスを頑張ってる母も現実です

本当に数々の偶然が重なって元気になってくれてよかった

本当はもっと色々あって…母が泣いていたときもあったのですが…その時もひたすら「大丈夫大丈夫」言ってました

人生で一番ポジティブな言葉を発しまくってた時でした

今でも…笑うことがとにかく健康にいいみたいな話をうのみにしてしょっちゅう子どもたちの様子をラインで報告しています

子どもが頑張ってくれた動画等を送っています

なかなか会えないので子供たちに協力してもらいまくりです(たとえ高校生であっても「おばあちゃんに見せるから!!送るから!!!」と強硬に写真を撮ってます(`・ω・´))

そんな母の闘病記でした

長々と…本当に長々と書いてしまいました

思いだしたくないこともあって全て書けなくてすみません><

でも一生懸命に書きました

誰かの参考になればうれしいです


おとわれいさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ