2019/04/08 22:33
フェイスブック等の実名&顔写真…!?
ななな、何という恐怖…!\(◎o◎)/
という 層は 一定層いるかと
顔写真だけ とかなら
即時特定は免れそうだ。などなど独自の理論←が有ります。(︶^︶)

私もそのミルフィーユの中に埋もれてる一人。
赤ちゃんなら、顔が変わるから
まぁオッケーだけど
大人、子どもの顔+名前は見せようものなら
即座に特定されて 使う路線、近くのよく行くコンビニ、銀行、病院まで言い当てられる!

と思っています。
そんなデジタルタトゥーを信じる
古のネットの住民です。(=_=)
職場の、パソコンは席を立つたびにログアウト。

ネットの有象無象が昔から怖いのです。
サンキュ!は怖くない。
みんな優しい。という印象。

ネットに出す情報は自衛しないと!
という もはや 切迫した義務感。

近所の風景写真も挙げないから
ブログの写真は植物のアップか、空ぐらいしか撮れてない。。゚(゚´Д`゚)゚。

前は写真だったプロフの顔写真を下げたのは、
その理由じゃなくて 5年以上前の写真だから、なんか、若いときの写真持ち歩いてる人みたい…と思ったから。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

日時も人物とブログ内容を紐づけされる材料なので
正確な日付のモノは少なく ぼかしてたりします。

ごく稀に雑誌に載る写真も、盛り過ぎて
もはや本人とは、かけ離れてるぐらい
写真加工してあるのでモロモロ大丈夫。

でもね、こんなに怖いインターネット国、SNS市で。
私はたくさん救われてきたのです。
特に、ブログには。
息子くんの発達障害のこと。義実家のこと。
リアルではとても言えないような事件も
日本全国なら
(いや、世界に発信されてるのですが)
頷いてくれる優しい人が SNSの中にはいる!
このブログが無かったら、
ゆっくりでも立ち直ったり
凝り固まった考え方を変えたり 
ましてや固定観念に縛られた 
価値観から抜け出すことは
一層 難しかったと思います。
発達障害のお子さんをもつお母さんのブログを読んで、感情を揺さぶられて
気持ちを共有しながら、
ざわつく心をあやしてこれました。

SNSが無かったら…?
そんな人生は、考えられない…!
これから先、シャットダウンする気もないけど、依存するはもっとよろしくない感じ。
「うまく付き合っていく」しかないからこそ、こまめに様子を見ながら、付き合っていきたいよね。( ・ิω・ิ)

IMG_20190316_141805.jpg









そらんぽりん。さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)