2015/10/23 06:00

お立ち寄り頂き、ありがとうございます。



やっと手にいれました

Casa
ミナペルホネンと皆川明


大好きな京都河原町三条スタバにて

キャラメルフラペチーノとともに

贅沢じかん

まだ数ページしか読んでいないのですが

ミナペルホネン好きには

家宝にしてよいほど


生地がどのように作られているのか

ミナペルホネンという会社には

どのような方がいて

想いをこめてられるか

皆川明氏の好きなもの

など

ミナのデザインを堪能

するというよりも

考え方や視点など

なるほど、

と、思える内容でした。

特に印象的だったことばが


20年前以上から

一生付き合いたいと思うモノを

迷うことなく買うようにしています。

皆川明氏



ミナペルホネンはセールを行いません。


理由は

こだわって作った服を

シーズンが来るたびにセールをし

新たに服を作るのは不合理かつ

服を大切にしていないから


最近、記していますが、

永く付き合えるモノとの出会いを

大切にしています。

流行を問わず

ずっと愛せるものかどうか。

そういう意味で

皆川明氏の

一生愛せるモノ

という言葉に共感

見極める力も必要ですが、

一番必要なものは

自分のスタイルを知ること

誰になんと言われようと

好きと思えるスタイルがある

その一つとして

購入する際

一生愛せるモノかどうか?

をちゃんと考えて行きたいなと

100yenものにしても

雑誌にしても

ずっと愛せるものかどうか

見極めて購入していきたいと思います。



最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

読んだよ、のおしるしに

サンキュボタンをいただけると

励みになります。

kikoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)