2017/11/30 22:27

ブログアクセスありがとうございます♪


明日からもう12月!
カレンダーが残り1枚になっている(゜_゜)))))

歳をとるにつれて、10代のころの3か月くらいのスピードで
時がたっております。



楽しかった「あしたのわたしフェス」からもう1週間以上たってしまいました。


D53D2A9D-D849-4799-BC8F-A00C6701BB81.jpeg

懸賞部部長の読モの南ちゃんと〜♪♪
若くてかわいい南ちゃん。
話やすくてついヘビーな悩みも話してしまったぜ(笑)


***

前回もブログに書いた、ポッカレモンのセミナーのレポその2です。


E145016D-FE3D-4CF6-8C33-12DA1FFDAC2A.jpeg


レモンって、どこの国発祥なのかご存知ですか??
実は・・・・


89EA404E-8A3C-442A-AE5E-DC3C243ACCE6.jpeg

中国なんです。
中国から全世界に広がったといわれています。

DDF6A50F-5886-4A06-BB3D-5BBBE0B77B0A.jpeg

日本には1873年にレモンが伝わってきたそうな。。。
日本のお料理にはまだちょっとなじみのうすいレモンですが、
欧米諸国ではお料理にふんだんに使われています。

A94B7BDC-773A-4387-98B4-937FFFD548F5.jpeg

スペインでは、パエリアやサラダにレモンをふんだんに使っています。


洋菓子といえばフランス!
なフランスでは、お菓子にもレモンがたくさん使われています。


8D810C2D-4407-4591-AA21-09BE3BB16392.jpeg



ギリシャでは、調味料としてレモンの塩漬けを利用しています。


F114D96F-BCAC-4DFD-968E-171DCE9D551C.jpeg


極め付けには、レモンのサラダなんてのもあります!

D73C2D5A-F5C2-4D64-8265-A8DCB2482467.jpeg


日本と比べて、日常もレモンの摂取量が多いのも納得ですね。

2AEE1861-3545-4624-B9AF-9D591908EE6B.jpeg

お酒なんかもあるんですって!!

レモンに多く含まれているのがクエン酸

63F1D83A-4272-4E5A-B61D-B0FF770902EF.jpeg


ちなみに、ほかにもうれしい成分はたくさん。

8EA27A86-96DD-4B73-B73F-49F39C53DBFF.jpeg


いろいろ柑橘類に比べてもダントツでレモンはクエン酸含有量が多いのです。

2B93C23E-5647-44B9-81D3-99D67F5A7A21.jpeg

お料理に毎日取り入れるのはなかなかまだ難しいな〜って人におすすめなのが
ホットはちみつレモン

4830C353-9FFF-427D-AC7E-D489B4EFA778.jpeg


これなら簡単に摂取できますよね。
寒い今の季節なら体も温まるし一石二鳥!!

私もほぼ毎日紅茶を飲んでいるのですが、
朝の1杯をこのホットはちみつレモンに置き換えています。

クエン酸は疲労回復の効果も期待できるようなので、
最近お疲れ気味な自分にはレモンは救世主化も^^♪


***サンキュ!公式ブロガーとしてレポートしています***


まるやま ひろこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)