2018/05/22 20:15
こんにちは〜(^^)
ご訪問ありがとうございます♪



最近のいいお天気で

IMG_20180522_171908.jpg

IMG_20180522_171811.jpg

我が家のお野菜、
すくすくと育ってます♪


…もちろん
我が家のファーマー
ダンナさんのおかげですが(笑)



去年植えた

IMG_20180522_171726.jpg

ブラックベリーも
花をつけました!




子どもたちは

「いつ実がなるかな、食べられるかな〜」
と ワクワクそわそわ♪



特に長男は
ダンナさんのてつだいをして
よく畑の世話をしていて


野菜たちが育っていく
うれしさや

手をかけて作った
新鮮なお野菜の美味しさを

よくわかってるんですね♪



今日

「大きくなったら
農場の人になるのもいいな〜♪」

と言ってました!




未来のファーマー
誕生か!?






実は


…今、日本は
自分たちが生きていくために必要な食料を
自分たちでまかなう力がありません…



「食料自給率」

1人が1日に必要な総供給熱量
(カロリーのこと
…2429キロカロリー)

のうち

どのくらい国産の食べ物でまかなってるか、

という指数なのですが


4割以下


だそうです…






「土地はいっぱいあるんだから
いざとなれば
お米でも野菜でも もっと作ればいいのよ〜」



…と思うかもしれませんね。




誰が作るのですか?





農地が減り、
生産量が減ってしまった
背景には


「農業をする人が減ってしまった」


から があるんです。





どんなに一生懸命
お米や野菜を作っても


天気や気候に左右されて
赤字になるときだってあるし


何より

安い外国産の野菜に圧されて


ていねいに手間暇かけて作った
日本のお野菜は 「高いから」と敬遠されるし

(わたしもそうなんですが涙)




…そんな
先の見えない職業を

子どもたちが「なりたい!」と
夢見るでしょうか。


親たちが
「いい仕事だよ、応援するよ!」と
言うでしょうか。






…特に

原発事故後の
福島の農家の皆さんの
おかれた状況を考えると…



農業に
夢を持てない

そんな空気さえ

一時期あったのではないでしょうか。





…だからこそね。


もちろん
なんの現実も知らない
ノー天気な(笑)発言とはいえ



長男の

「ファーマー宣言」は


ちょっと感動したんです…






たしかに

大変なお仕事で

収入も安定しない



それでも
「野菜を育てる喜び」

「新鮮な野菜の美味しさ」
感覚として体験していたら




 農業のやりがいが
わかる子になるんじゃないのかなあ…






そのかわり。


がんばった分

農家の皆さんが ちゃんと報われるような



ちゃんと安定した収入で
生活していけるような



「農業は素晴らしいお仕事なんだよ」
とみんなが思うような


そんな社会にしていくのは

私たち 今の大人の責任なわけで。





じゃあ何ができるのかって言うと

一主婦のワタシには
できることは少ないけど…




でも
主婦だからこそ できることがある!



安くて美味しい
地元の旬のお野菜を
積極的に買うとか



子どもたちに
農家の皆さんが心をこめて作ってくれたお野菜だよって
伝えていくこととか



実は
環境問題だって
地球温暖化が 農業にかかわるんだから
大事ですよね、エコな生活とか。







私にできることを
少しずつでも 積み重ねて


農家の皆さんに
感謝を伝えられたらいいな


そして

ホントに

長男がファーマーになってくれたら…


美味しいお野菜いっぱい食べられて
いいかも?と

期待するハハなのでした(笑)






〜読んでいただいてありがとうございました〜

**この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています**


**掲載の体験談は 個人の感想です**







あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」書いてます!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

☆インスタグラム始めました! @miita39





みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)