2019/01/17 18:01
こんにちは
ご訪問ありがとうございます。


24年前
1995年1月17日
午前5時46分

兵庫県、神戸や淡路島周辺を中心として

最大震度7の大地震が発生。

6434人もの方がお亡くなりになり

たくさんのかたが
怪我をし
家を失い
今までの生活を失い

たくさんの大切な人を失いました。


‥それから24年。

それ以降に生まれた方が
ママとなり 
主婦雑誌サンキュ!を読んでる

それほどの時間が経ったけど

あのとき
大切な人を 生活を失った人たちは

あの時の想い

想像を越えるつらさ
絶望感を

24年たった今も
忘れることはできないと

今年もテレビで語っておられました。



今年の追悼式典

竹で作られた灯籠で
綴られた言葉は

「つなぐ」

‥被災者の高齢化が進み
来年以降の式典を断念したところがあったり

大きな式典でも
運営に参加するボランティアや
式典の参加者が少なくなってきていたり


でも
多くの被災者の方は

「あの震災を
亡くなった大切な人たちを

忘れてほしくないんです」

と語っておられました。



どうしたら
この震災の記憶を
未来につないでいけるのか。

つないでいかなくてはいけない。


‥そんな想いと決意とが
「つなぐ」の灯火に込められている気がしました。


‥たまたま
先日見たドラマを思い出しました。

日テレの「3年A組」
(菅田将暉くんと永野芽郁ちゃん好きなんです♪)

執拗な嫌がらせでクラスメイトを追いつめ、自殺に追い込んだ女子生徒に
先生が諭しました。

「お前に欠けていたのは、想像力だ。

こんなことをされたら相手がどう感じるか
想像できなかったからだ。」
(うろ覚えのセリフでごめんなさい〜っ)


想像力。


人は
想像力があれば

体験していないことも
頭の中で疑似体験できて

体験していないことへの感情も
感じることができますよね。



私は
どの震災も体験してないけど

被災された方々の想いを想像して

いてもたってもいられなくなって

友達と被災地支援活動を始めました。



これからは
戦争も
過去の災害も

体験していない世代が増えるけど

知ろうとする気持ちと
想像力があれば

体験していない私たちにも
「つなぐ」ことのお手伝いが
できるかもしれません。


明日
次男のクラスで読み聞かせ当番なので

15477111637879122435891072892567.jpg
(阪神淡路大震災のものではないのですが‥)

震災についての絵本を読んできます。


子どもたちが
なにか感じてくれますように‥



〜読んでいただいてありがとうございました〜




みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)