2019/03/05 19:40
こんにちは
ご訪問ありがとうございます


今日
大切な方の訃報を知りました。

今の活動を始める前に
親身にいろいろと教えてくださった方

私もこの方のようになりたいと
心から思えた方

初対面にもかかわらず
気さくに あたたかに
お話をしてくれた笑顔を
今でも忘れることはできません。



‥それを知ったのは
次男の1/2成人式に出かける30分前。

気が動転して
そしてドーンと落ち込んで‥

とても人前に行けない

そう思いました。



でも
次男のために
立て直さなくてはいけない。


まずお水を飲んで

上を向いて
ゆっくりと深呼吸。

‥少し落ち着いてから

お休みで家にいたダンナさんに
話を聞いてもらいました。


‥それでなんとか気持ちを立て直して
次男のがんばる姿を
見に行くことができたのでした。



‥それらの行動は
最近読んだ
この本で学んだこと。

15517824723246924903804439341620.jpg
「マンガでわかる
自律神経の整え方」


元々は
最近疲れぎみで
地味に体調を崩してるダンナさんが心配で

これが当てはまるのでは?と
買ってきたのですが‥

私自身にも
とても参考になってます(^^)


日常の小さなことから
無理なく心がけていくことで

身体が整い

それに伴って

心も整う、ということ。


実感として
すごくよくわかります。



数年前
体調を崩していた頃は
メンタルがボロボロでした。

今 思い返せば
今よりそんなにひどくつらい状況でも
なかったのかもしれないし
‥ツライ状況だったのかもしれないけど‥


とにかく
ネガティブに物事を受け取って、
立て直すことができずに
気持ちが落ちていく一方でした。


療養したり
生活を改善したり
少しずつ 身体が元気になっていくうちに

落ち込んでも
そこから立て直す方法を見つけて
それができるようになっていきました。



人は 弱くていいと思います。

「強くなりなさい」って
子どもには言ってしまうけど

強くあろうと
立ち向かっている一方だと

いつか 限界を超えて
どんなにじょうぶな鉄骨でも
ポキリと折れてしまいます。


それよりは

強風にあおられ 曲がっても
風がやめば 元通りにすくっと伸びる
柳の木のように

落ち込んでもいい。

そこから自分を立て直すことができる
しなやかな強さが
(レジリエンスといいます)
あればいい。


‥そのしなやかな強さは、

やはり
身体が健康に整っていればこそ
生み出せると
今の私は思っています。


この本は
日常の小さなことから少しずつ取り組める
身体と心の整え方が書いてあって

私も少しずつ実践中です。


身体と心はつながっている

だからこそ
身体を大事にしていきたいと思います。




〜読んでいただいてありがとうございました〜


みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)