2019/05/13 19:13

こんにちは〜(^^)ご訪問ありがとうございます♪

ヤバいです‥

明日、
初めての講座の講師をするのですが‥

まだ原稿ができてないっ(涙)

GWに進めようと思ってたのが甘かった‥
ふ抜けちゃって
全然仕事しなかったもんな〜

気分は
8月31日に慌てて宿題する小学生(笑)

‥今夜がんばりますっ!



さて
相変わらずバタバタしてる母ですが


IMG_20190510_192356.jpg

してもらえました、母の日!
(当日ではなかったですが)

ワタシの場合
モノより食べ物ってわかってるんですね(笑)

その日休みだったダンナさんが
コストコで
チキンとピザを買ってきてくれました(^^)


そして
前の日からお父さんに脅されてた(笑)
子どもたちも

IMG_20190510_200100.jpg

お手紙くれました♪


‥数年前までは
我が家の子どもたちに
「母の日」
という概念はなかったんですよ。

知ってたんだろうけど
「ふーん。それで?」みたいな。


まだいろいろ気持ちが病んでた(笑)
その頃のワタシは

「ワタシはきっと一生
母の日にお礼言われることはないんだ‥」

すごくネガティブになってましたね〜

でこぼこっ子たちに
そんなこと期待しちゃいけないんだ、みたいな。


そんなワタシに
数年前、ダンナさんが気づいたみたい。

どうやら
ダンナさんの実家は
母の日父の日に何かするって風習がなくて

ダンナさん自身
最近まで意識してなかったらしいです(笑)



以来
必ずダンナさんが
お花やケーキを買ってきてくれるようになって。


子どもたちにも声かけてくれるので
やっと子どもたちにも
「母の日はお母さんに感謝するもんだ」
って意識が芽生えてきたようです(笑)



やっぱりね、
一人でいじけてても
伝わらないんだな〜

相手に悪気なくて
ただただ知らないだけ
気づいてないだけってことが

実はたくさんあるのかも。


カッコつけないで
最初から
「母の日やってもらえなくて寂しいな〜」
って
言ってもよかったのかな‥


IMG_20190510_192422.jpg
ダンナさん、息子たちよ
ありがとう!

お母さんこれからもがんばるね〜(^^)



〜読んでいただいてありがとうございました〜


みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)
PR記事
2019/05/20 06:00
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますぴかぴか(新しい)



先日の夕ごはん♪



P1120417.JPG

パプリカの肉詰め〜♪


次男から
「ピーマンの肉詰め食べたい!」
ってリクエストされてて


そんなときに我が家にやってきた

P1110420.JPG

こんな立派なパプリカ!

口コミサンキュ!からモニター依頼を受けて
全農さんの「国産パプリカ」を
お試しさせていただいたのですぴかぴか(新しい)


これは使うしかないでしょ〜(^▽^)



P1120418.JPG

野菜スープ
カレーピラフと

堂々のメインに パプリカの肉詰め♪



P1120422.JPG

P1120423.JPG

じゅわ〜と肉汁♪

そして
パプリカの肉厚なこと!

あ・ま〜い揺れるハート


P1120425.JPG

リクエストした次男
大喜びで
食べてくれました♪



…そして
話題はこんな方向へ。



「ピーマンとパプリカって
どうちがうか 知ってる?」



よく家庭菜園手伝ってる長男は

「ピーマンが熟して
色がついたのがパプリカでしょ?」

…う〜ん
さすがよくご存じで!


採らずに ほったらかしのピーマン
赤くなるもんね(^▽^)/




でも。

厳密に言うと

合ってるようで
ちょっとちがう。



ピーマンとパプリカは

どちらも
ナス科トウガラシ属。


辛くない種類の
大粒のトウガラシ

ということでは
同じ仲間なんです♪



でも
トマトにもいろんな品種があるように

ピーマンとパプリカは
品種がちがうのだそう。



ピーマン赤くなっても
「カラーピーマン」
であって
「パプリカ」にはならないんですって!



…これ、ワタシ知らなかったです…

てっきりパプリカになるもんだと思ってた…たらーっ(汗)




とゆーわけで

ピーマンとパプリカ
似てるようで
いろいろちがう!



パプリカの特徴は
なんといっても

「甘味がある」
「肉厚」

なこと!

だからこそ
ピーマンがニガテな子でも
食べられることが多いんでしょうね♪



もちろん
そのような特徴の品種というのも
あるのですが


やっぱり育ち方の違いは
大きいかもぴかぴか(新しい)



ピーマンは
まだ十分に大きくなってない
未熟機後半に 収穫されるけど


パプリカは なんと!

適温を保った環境下で
実がついてから 約1ヶ月かけて
完熟させてから 収穫!!


農家さん 大変だ〜あせあせ(飛び散る汗)


…そんなパプリカ
国内で一番の生産高を誇るのは
どこだと思いますか?


夏野菜のイメージがあるから
西日本のほうかと思ったら…



なんと
宮城県!!


なんでも夏は涼しく 冬は温暖な気候なので
パプリカ栽培に適していること

地元の方々のサポートで
大きなパプリカ農場を始めやすい土地柄だったこと


が理由らしいです。





…でもね。


日本国内全体の需要で見ると

パプリカの90%は
外国からの輸入品…。


どの季節にも
安く 安定して手に入る輸入品のほうが
人気があるようです。




だけど。

国産の良さは やっぱり

新鮮なこと!

それに
収穫、集荷からお店に並ぶまでの時間が
短いから

輸送中に追熟させる輸入品とちがい

樹についたまま 完熟させることができて

肉厚&甘味たっぷり&ジューシー!




ビタミンCとカロテンたっぷりで
老化も防いでくれる
うれしいお野菜の「パプリカ」


新鮮な国産に
目を向けたいですね(^▽^)


スーパーで
ぜひぜひ国産のパプリカを
みつけてみてくださいね♪








〜読んでいただいてありがとうございました〜

**この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています**


**掲載の体験談は 個人の感想です**




みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える