2015/05/04 13:31
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



今日からダンナさんはお仕事たらーっ(汗)

母子三人、
今日は まったりデーです



先日の体調不良のときに読んだ
図書館の本を読み返したり…



そうそう、
先日、こんな本を読みました♪




30歳からの暮らし方

柳沢 小実   天然生活ブックス




私は
暮らしのエッセイやハウツー本が大好きなんです揺れるハート


暮らしの知恵を拝借するのもあるし、

生活を
ていねいに、楽しんでいる素敵な人を知ると

「こんな風になりたいな〜ぴかぴか(新しい)」と
なりたい自分をイメージ(またの名を妄想)できる

それが 毎日の活力になってくれるんですかわいい




この本もそう

「30歳からの…」ってところで

もはやオーバー40のワタシが読んでどうする!?
みたいなツッコミが聞こえてきそうですがたらーっ(汗)


その「30歳からの…」に惹かれました


私にとっては、
30代が
自分の生き方のターニングポイントになったと
思っているからです




著者の柳沢さんは
ちょうど30歳のときに 結婚し、
実家暮らしから 
生まれて初めて自分たちでの生活を始めたそう


もともと
暮らしのエッセイストの方で
センスも知識もある柳沢さん

でも
実際に 夫との生活をスタートして
とまどうこと、迷うことがたくさんあって

それを
飾らず自然体で書いている文章に
とても共感できましたぴかぴか(新しい)



たとえば…


30歳になって
「似合う服、着る服がない!」と
あるとき気づいてガクゼンとしたり



結婚したら
独身の友だちと
時間や生活エリアにずれが生じて
これからもよい関係を維持できるのかって
不安になったり



それこそ
「家をどうする」
「保険をどうする」
といった 現実的&生活じみたことで
頭を悩ませたり…



う〜ン…わかるなあ…



思い返すと、
20代の頃のワタシは

「欲張り」

に 生きてました


あれもしたい、これもしたい。


あれもほしい、これもほしい。



自分自身に求めるのは

仕事ができる

人に必要とされる

女性として魅力的で、
でも メイクや服に力入れてるように見られたくなくて
自然体を目指す



…「目指す」時点で
「自然体」ではないんですけどネたらーっ(汗)



欲張りにいろんなことを欲するから、
かなわないことが山のようで
不満や自己嫌悪でいっぱいでした




たぶん、
「豊かさ」というのを
外から見た基準で考えてたんだな〜と
今になって 思います




それが
結婚し、母となった 30代。


思うように動けなかったり

収入が減って
真剣にこれからの人生設計を考えるようになったり

自分の病気を経験して
家族の大切さを実感したり

子育てを通じて
本音で話せる友だちにめぐまれたり



…そんな中で

自分にとって
「豊かさ」を感じる感覚が
変化してきたように思います



フォションの紅茶と

家庭菜園で収穫した
自家製ハーブティ



お泊まりやレジャーを楽しむ旅行と

家族で川原でバーベキュー




もちろん今でも
前述へのあこがれは変わらないけど、

後述の選択肢を
「豊かだな」
って思えるようになりました



若くて
時間もお金も自由になった20代とは違って

思うようにはいかない 今日このごろ



そんな中で、
与えられた状況や環境の中で
いかに 暮らしや人生を楽しむか


それが
人生を、暮らしを
「豊かにする」
ってことじゃないのかな




「サンキュ!」との出会いにも助けられ
それに気づくことができて
今のわたしになりました




今、与えられたものに、状況に、環境に
感謝して

ていねいに 大切に

楽しんで暮らしていきたいな



オンナとして
年をとっていく一方で 焦りもあるけど、


今の自分に似合うものを着て

しわやシミを気にせずに
顔いっぱいで笑ったり
元気よく外へ出たりする


そんな自分でいられたらいい



…そんなことを改めてつらつらと

考えるきっかけになった1冊でした





〜読んでいただいてありがとうございました〜



みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)