2013/06/25 19:44

こんにちは〜わーい(嬉しい顔)  ご訪問ありがとうございますっぴかぴか(新しい)

 

前回の記事で、心配してくださった方々、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

うれしかったです!!

 

でももったいぶった書き方で、かえって心配をかけてしまったので…

 

gooブログのときに書いたものとかぶるのですが、少しお話をさせてください。

 

 

私は、2年ほど前から、子宮内膜症とおつきあいしています

 

かんたんに言うと、生理の際に子宮からはがれて出てくるのが内膜です。

それが、なぜか子宮の外にできちゃうんですって。

生理のときには一緒にはがれるけど、それがいろいろと体に不都合なことになるんです。

 

症状がない人も含めれば、10人に一人ぐらい持っている、けっこうありふれた病気だそうですよ〜

 

 

私の場合は…

始まりは三年前の春ぐらい。

 

とにかく、やたら腰が痛い  時期が続きました。

もっともそのころは、赤ちゃんの二男くんをおんぶして、

長男くんの幼稚園やらなんやらに、文字通り走り回ってましたので…

そのせいだ〜、と、整形外科に行ってました。(でもよくならない…

 


あともうひとつ、イライラがひどいっ


波はあるんだけど、とにかく家族に対して腹立たしい

今思えば、その頃のダンナと長男くんには、かわいそうだったなあ…

 


そんなこんなで夏を迎え、何日か体調がすぐれずにいたある日、

「婦人科に行こう!」

と突然ダンナに言われ。

「なんで婦人科…?

とイライラしながら行ったところ。

 

「子宮内膜症の疑い」と言われたのです。 びっくり!


ホルモン治療で症状を緩和しましょう、ということで「ルナベル」と鎮痛剤を処方された数日後。

生理を迎え、すっごい激痛にみまわれました

内臓がねじりきられるんじゃないか〜、みたいな。

いや〜、鎮痛剤もらっておいてよかった〜

 


原因不明のイライラは、PMS(月経前症候群)とゆーことでした。


内膜症と関係あるのかないのかわかりませんが。

ホルモンバランスの乱れから、生理前2週間ぐらいにあらわれる、身体的・精神的不調だそうです。

まあ、確かに波があったので… 今思えば生理前だったな〜、みたいな


ただ、私の場合は、極端に情緒不安定になったので…

それから実にいろんなドラマがありました…

 


それから一年ぐらいは、生理前1週間から2週間は不調で寝込んだり家にこもったり…みたいな生活でしたが。

去年の春ぐらいから、やっと生理前後3日ぐらいの不調ですむようになり。

フツーの生活っぽくなりました♪


なので、その期間だけ予定をいれないようにしたり、

普段から体を冷やしたり疲れをためないようにしたり…

だいぶ、内膜症さんとのおつきあいにも慣れたかな、と思います。

もう、ひとえに支えてくれた家族のおかげです。

(ただ、調子にのって多忙な生活をしていたところ、去年の7月、生理期間に入院!とゆー事態になりましたが

 


原因はわからないけど。

ただ、それまでの私は、自分のことは後回し な生活をしてきたんですよね

 

朝ごはんは残り物をつまむぐらい、お風呂はカラダを洗うだけで湯船であったまらず、みたいな。

もちろん、子どもが小さいので「余裕がないっ!」のもあるんだけど、

自分後回しで家族の世話をする自分に「酔ってる」とゆーのも、あったと思います…

 

でも。今になって思うのは。

家族を幸せにするのは、何より「ママの健康」なんですよね。

私が寝込むと、子どもたちには本当にかわいそうな思いをさせてきたから…

 

だから、多少ナマケモノでも。

自分のカラダをいたわることは、家族のためなんだなっ、と今は思います。

 

とゆーわけで、この数日間はひたすらナマケモノしていたみい太なのでした…

 


長々とだらだらした文章にお付き合いいただき、ありがとうございました

タグ(関連ワード):健康
みい太さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
奈々美さん☆コメありがとうっ!

子宮内膜症、知っているようで意外とどんなものかって知ってる人は少ないかも…そう思う。

これに限らず、やっぱり女性ならではの病気というのは、無防備でいたらこわいなあ…と思います。

特にハハになると、自分だけのカラダではないんだよね…

だから、家族を大事にするように、自分も大事にして、メンテもしないと!!

私も、いいよ〜と言われてもダンナさんを起きて待ってたりがんばっちゃたりする人なので、よくダンナさんに怒られてます(汗)

「ここで無理されて倒れちゃった方が困る!だったら休めるときに休んでもらったほうがうれしい!」って。

友達に「38歳ってカラダが変化するから、なにかしら具合悪くなったりするから気をつけて!」
と言われてたけど、…ホントに具合悪くなったの38だったの!

奈々美さんはまだまだずっと先だけど、
でもやっぱりカラダは大事にしてほしいです☆
by みい太 2013/06/28
みい太さん、こんにちは☆

子宮内膜症、耳にしたことはありますが具体的にどんな症状で何が原因など知らなかったのでとても勉強になりました。

パパも同様だと思いますが、ママになると自然と子供や家族が優先になる生活になりますよね。私も、気づけばお風呂はまともに入ってないしごはんも家族の残り物の生活。昼間に異常なほど眠くなることがあるので、夜はできる限り娘と一緒に寝床につくようにはしているものの、働いているわけではないので主人の帰りに合わせないと申し訳なく思うときもあったり(^^;)

普段さほど考えないホルモンバランスですが、健康な女性の体を保つためにはとっても大切なことなんですね。

娘を産んでから時間の使い方や優先順位が変わってしまって、少しでも娘から目が離せる時間があればその隙に掃除や片付けなど有効的に使いたいと思ってしまう今。でもみい太さんのブログを読んで気づかされました。たまにはなまけるのも体にとっては有効的な過ごし方なんだと(*^^*)
by 村瀬奈々美 2013/06/26
真紀ちゃん!!

むしろ真紀ちゃんがしんぱい… どうしたっ??

最近体調くずしてたもんね…
やっぱり無理してたのでは?

ホント、ママの健康=かぞくの幸せなのですよ。

それはしみじみ実感してきました。

真紀ちゃん自分をいたわってあげてね!!
by みい太 2013/06/26
清穂さん コメありがとう☆

救われた、という清穂さんの言葉に私がむしろ救われました!ありがとう〜っ

ただの病気自慢、自己満足になってないかしら…という不安もあったけど、
自分と同じ思いをしているママがいたら、力になりたい!という気持ちで記事にしたので…

清穂さんも大変だったんだねっ
私も、二男くんの妊娠中はけっこう長男くんにかわいそうな思いをさせてたので
(どんだけかわいそうな思いさせてきたんだろう…)
気持ちわかります〜っ

でも、長男を見ていて、
そんな経験が無駄になってないな、ちゃんととりもどせるんだな、
最近すごく思います。

一時期かわいそうな思いをさせても、ちゃんと普段の清穂さんの愛情は伝わってるはずだよっ!
ホント、すっごく愛情感じるよ、清穂さんの毎日のご飯や様子から…

お互いママとして励ましあっていきましょう!
by みい太 2013/06/26
みい太さん。


記事を読んで
思う事があって涙が止まらない。。。

今からお仕事なのにね(>_<)

「家族を幸せにするのはママの健康」
とってもとってもおもかった。。。

この言葉で気付かされた事がたくさん。

ありがとう。


そして少しでも軽くなりますように。




行ってきます☆
by 竹澤真紀 2013/06/26
「婦人科に行こう」と気がつかれたご主人、
本当に素敵な方ですね。
きっと色々調べられたことでしょう。
お辛いことは重々承知ですが、
感動さえ覚えました。
子宮内膜症、多いとはいえ侮れない病気ですものね。
少しでも楽になりますように。

そして前回の記事に、とても救われました。
病気ではないのですが、
次男妊娠中、産むまでつわりが酷くて、
ほとんど横になっている生活でした。
ずっと点滴通いで寂しい思いをさせた挙げ句、
長男とは遊んであげることも、
好物を作ってあげることもままならず、
今思い出しても可哀想でなりません。
でも、なんとかなるのかな、と、
少し自責の念が薄れました。
後悔する暇があるなら、フォローしていこうと思います。

お話を聞かせてくださって、ありがとうございました。
by 増田清穂 2013/06/25