2016/04/17 10:41
こんにちは

ご訪問ありがとうございます!




「非常時ごはん」シリーズ

とりあえず、今回で書きたかった内容はおしまいです。


…でも。

まさか、書いている途中で
本当に「非常時」が発生するとは…


実際の被災地を見ると
私が書いてきた内容は 本当に役に立つんだろうか

あっというまに 家がつぶれて
まさに 身一つで 避難された方がたくさんいて…

どんなに備えをしていても
家がつぶれてしまったら 使えないじゃない…


そう考えると
自分の書いてきたことの無力さを 強く感じています。




でも、

モノは 持ち出せないことがあっても

知識は 命さえ無事なら きっと活かせるはず。


そして、知識があることが
きっと いざというときの「大丈夫」という自信につながるはず。



そう信じて、
これからも
防災の知識を身につけて 少しでも多くの方に伝えていきたい
そう思います。



今までシリーズを読んでくださって
「参考になったよ ありがとう!」
とコメやサンキュ!をくださったみなさま
ありがとうございました!




******************************



最終回は


P1050131.JPG

ポリ袋クッキング!!


「非常時ごはん講座」のときに
参加者の皆さんから 一番反響が大きかった 料理法です




もともとは
レストランなどで「真空料理法」として使われていた技だったそう

「真空に近い状態で熱するから
食材の風味・うまみを逃がさない」


というメリットがあるんですけど…


それだけでなく


「水や調味料が最小限で料理できる」

「ひとつの鍋でいっぺんに何種類も料理ができる」

「食器や鍋を汚さないので 洗い物の水が節約できる」

「鍋のお湯は汚れないので 繰り返し使える」



…というメリットが注目されて
災害時の料理法として 広く知られるようになったそうです!



ここで 大切なポイント。

使用するポリ袋は

必ず材料が「ポリエチレン」と書かれた
半透明のものを使ってください!

透明の袋は 熱で溶ける可能性があるそうです。





さて今回は

P1050420.JPG

ごはん・カレー・豚汁・ひじきと豆の煮もの

を ご紹介します!



まず ごはん


P1050408.JPG

袋にコメを入れて 少量の水入れてフリフリ!
…で お米をとぐことができます


水の分量は

米:水=1:1.2

通常のごはんを炊くときと同じでいいと思います。

(レシピには 水が1.5と書いてあったのですが
かなりべちょべちょになったので…)


袋に入れたら 炊く前に30〜1時間ほど 吸水させておきましょう



普通の大きさのポリ袋だと
一合ぐらいがちょうどいいと思います。



ここでまた ポリ袋クッキングの
大切なポイント!


P1050409.JPG

しっかり空気を抜いて 袋の先をねじりあげます!


空気が入ると 真空調理のメリットが半減ですし

何より 熱することで 空気が膨張して

袋がやぶけてしまうことがあるんです〜


P1050410.JPG

袋の先は すぐにほどくことができるように
わっか結びに

袋に入れたまま 食べることができると
食器を汚さずにすむんです!




同じように

P1050412.JPG

ひじき煮

煮るための水を入れなくても味が染みるので、
調味料は きもち少なめに。


私は、二人分ぐらいの材料に

しょうゆ大1  さとう・みりん小2 酒小1 顆粒だしちょっと

を入れました。


途中で味見ができないので、
調味料を袋に入れた段階で 味を見るといいと思います。



次に

P1050415.JPG

カレー!

カレーや煮物、シチューなど根菜をいれる場合は


P1050411.JPG
細かく切ること

がポイントです


やはり 普通に鍋で煮続けるよりは熱が通りにくいので…

今回、玉ねぎを かなり小さいクシ切りにしたのですが…

「まだシャリシャリ感が残っててやだー!」と
玉ねぎのシャリシャリ嫌いのダンナさんからクレームがたらーっ(汗)


ジャガイモやニンジンも含めて荒いみじん切りぐらいのほうが
いいかもしれません…


そして

固形のカレールー
(ルー1個につき お湯の量60ccぐらい)は
刻んで お湯に溶かしてから 入れたほうがいいです!


刻んで入れただけだと、
あまりよく溶けてなくて…
あわててお湯足して混ぜるハメになりました〜



そして

P1050413.JPG

豚汁みたいに 汁物もできちゃう!


二人分の材料(トンコマ、玉ねぎ、にんじん、こんにゃくなど)を
うすく&小さく切って入れまして

みそ…大1 顆粒だし…小1  水かお湯…1カップ

を入れ、みそや出汁を溶かすカンジでフリフリしておきます。




これらを いっぺんに調理!


沸騰させた 大きな鍋に

P1050416.JPG

必ず!
底に お皿や シリコン製の落し蓋などを敷いておきます。

袋が底に触って 溶けるのを防ぐためです


P1050417.JPG

いっぺんに入れちゃいました!


入れると温度が一気に下がるので
なるべく弱火で もう一度沸騰に近い状態にして
その後 弱火で 25分 入れておきます。


我が家は つよ〜い味方があるので

P1050418.JPG

再沸騰したあと シャトルシェフに入れちゃいました!

こうすると 光熱費も さらに節約っ



そして 25分後…

ごはんは 取り出した後 10分ほど蒸らして


P1050420.JPG

完成〜ぴかぴか(新しい)



P1050421.JPG

P1050422.JPG

P1050423.JPG


今回、カレーやごはんは
水加減がよくなかったので 再度挑戦します!

でも
豚汁や ひじき煮は
味がよくしみてて とってもおいしかったですぴかぴか(新しい)



その他、ポリ袋を使うと

P1050430.JPG

野菜と 塩を入れてモミモミして、
浅漬けも作れます。

塩昆布、昆布茶、塩麹、ドレッシング etc.…
いろいろ工夫すると おいしいサラダや漬物が
手や食器を汚さずに作れますよ!



なので
ポリ袋は 必ず防災グッズに入れておいてほしい一品です

いざとなれば 手袋代わりにも
食器がわりにも
新聞紙などを入れて 箱にかぶせれば 子どもの簡易トイレにもなりますよ。







最後に

今回の熊本地震、そして周辺地域での地震で
被害を受けている皆様に

心から お見舞い申し上げます


一日も早く
おいしいごはんを 家族で囲める日常が
戻ってきますように…




〜読んでいただいてありがとうございました〜
みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
しーーばさん☆応援コメありがとう!!
はい、がんばりましたっ!
もうね、オーバー40のスカスカアタマに詰められるだけ詰め込んで、終わったとたんにぜ〜んぶこぼれちゃったカンジです(笑)
もうしばらくアタマに何も詰め込みたくない〜っ

弟さん、体調はいかがですか?
気持ちが張りつめている間の疲れがどっと出るころですよね。
他の被災者の皆さんも心配です…
ずっと心配してたしーーばさん&お子たちも、どうか身体大事に!

気持ちを向けるしかできないのですが
一日も早く せめて安心できる日常が戻ってきますように…
みい太さん!
試験がんばってください!!!!!