2019/02/02 21:36
こんにちは〜(^^)

ご訪問ありがとうございます♪


‥何日も更新サボりまして‥

その間のぞいてくださったみなさま
本当にごめんなさい〜っ


実は
今日の講演のために
必死にパワポスライドや原稿を
作っていたのです‥



今日は

IMG_20190202_211912.jpgある
特別支援学級の親の会さんの
ご依頼を受けて

我が家の子育てについての講演を
させていただきました!


‥ホントにね
大したことは言えてないんですよ‥

子育て体験談って言ってもね

ホントに子どもって
一人一人ちがうから

我が家でうまくいったことが
他の家庭でうまくいくかっていえば
そうとは限らないし‥


それでも
今日も
他の講演の時と同じように
たくさん言っていただいた言葉

「ウチだけが特別に苦しいと思ってたけど
そうじゃないんだって思えて
気持ちが楽になりました!」


‥そうなんですよね

独りで抱え込んでるのって
本当に苦しい。

暗闇に自分だけ

そんな気持ちで
前にも進めない。


だけど

「わかる!」
「そうだよね〜」
「がんばってるんだね」

共感してくれる仲間がいることで

独りじゃないって思えて

一歩前へ進む勇気がわいてくるんです。



今までたくさんの保護者のかたとお話してきて

ますます確信しています。



役に立つことは言えないかもだけど

「独りじゃないよ」って
伝え続けたい。


それが
たくさんの人に助けられてきた私の
恩返しです。




〜読んでいただいてありがとうございました〜




みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/12/07 13:46
こんにちは〜(^^)

ご訪問ありがとうございます♪





先日
とってもうれしい出会いがありました(^^)



いつも
発達障害児親の会の活動で
お世話になっている
子ども家庭支援センターの
スタッフさんが


「よかったら
いっしょにお話を聞いてみませんか?」


声をかけてくれて




小平市で
発達に不安がある子の保護者を
支援する活動に取り組んでいらっしゃる


NPO「子ども未来ラボ」



さんの代表の方に
お会いしてきました!




もう
6、7年前から
活動をされていて

市との連携も
しっかりとできていて


学ぶことが
すっごくあったのですが…





もうね


それ以前にね




その代表の方が

めっちゃくちゃ魅力的な女性だったんですよ〜♪




考え方がポジティブで

とっても明るくて

お話がとにかく面白い!




…それでも


子育て中は
つらくてうつ状態になったこともあるのよ〜と
笑ってお話されていて…





なにかを
乗り越えてきたからこその

明るさとポジティブさ



それって
すごく人を惹きつけますよね☆




ああ、
こんな人になりたい…☆





しかもね


最初

私と同年代か
ちょっと上かな?

ぐらいに思ってたのですよ




そしたら
「子どもがもう30代と20代」
とおっしゃるので
聞いてみたら


「もう還暦間近よ?」


というではありませんか!




一緒にいた
子ども家庭支援センターのスタッフさんと


顔見合わせて
「ウッソー!?」
と絶叫しましたよ(笑)





…その方は

仕事をしながら
たくさんの勉強をされて
資格を取られて…


(何か活動をしたい!と思うとネ

肩書き次第で
行政や企業からの対応が
めちゃくちゃ変わるって…
あるんですよね〜(笑))





すごいな〜

今のワタシには

そこまで
活動を大きくする
力も余裕もないし


資格を取る
時間もお金もない


活動を大きくしていける人は
選ばれた
ごく一部の人なんだろうな〜



って
正直思ってたとこ
あったんです。





でもね。


その代表の女性は

お子さん方が独立して
子育てがひと段落してから

本格的に
発達の勉強を始められたそう。




そして今
こんなに生き生きと活動をされていて…




そう考えると



ワタシは今46歳で


じゅうぶん人生の後半だって
思ってたけど



還暦間近で
こんなに現役で生き生き動いている

このかたの年になるまで

まだまだ10年以上あるんだ!




子育てがひと段落してからでも

まだまだ色々できるんだ!




…そう思ったら

がぜん
これからの自分の可能性が
広がって見えてきました!






…今の時点でさえ

今の私があるのは

いろんな人との出会いに
育ててもらってきたから。



目標となる人

力を貸してくれる人

一緒に頑張ろう!と
言ってくれる人


そして何より
道を示してくれた
家族…





きっとこれからも
私は


出会う人たちに
育ててもらいながら

試行錯誤ながらも
歩いていくんだと思います。



そう考えると

ここぞ!
というタイミングで
運命のような出会いを繰り返している
私は


きっと
すっごく果報者なんでしょう。




そのことに感謝しないと
バチが当たりますネ(^^)








写真がないとさみしいので


今日の一枚

15441560322311856691591891849863.jpg

冬のひまわり♪



この季節に
こぼれ種から花を咲かせてました!




季節外れでも

まっすぐお日さまを見上げて
咲くひまわり



大好きなお花です♪











〜読んでいただいてありがとうございました〜

みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/10/23 21:08
こんにちは〜晴れ

ご訪問ありがとうございますっかわいい



最近
またどうも気持ちが疲れ気味。



いろいろたてこんでて
気ぜわしいからか

子どもたちも
いろいろ抱えてて
不機嫌気味だからか…。




そんなときって

子どもたちの
学校でのグチを聞くのにも
なかなかに気力が必要ですたらーっ(汗)


油断すると

「そんなのあたりまえのことでしょ〜!むかっ(怒り)

「みんな同じようにがんばってるんだよっ!」

「あなたばっかり文句言わないのっむかっ(怒り)

と言いそうになるたらーっ(汗)




でもね、

「みんな同じ」が通じないから
苦労をしてるのが
わが家の息子たちなのでね、ええ(笑)



おちついて、深呼吸して。


「うんうん、大変だったね」

「あなたはがんばったんだね〜」

と まずは受け止めて。


そのうえで

「たぶん、そのことは
相手はこんなつもりなんじゃないかな」


学校の先生や 友だちの立場から

または

社会一般的な立場から

解説をしたり



「あなたの成長のために
こんなふうに役に立っていくんじゃないかな」


いやなことにも別の側面があることを
伝えたり。




…いや〜

こう書くだけならカンタンそうだけど

実際は
本当に難しいです(涙)



ちゃんと
子どもの立場にたって

子どもの気持ちを理解して

私は話ができているのかな




けっきょくは
社会一般的な考えを
押し付けてるだけになってないかな…




子どもたちの
学校への不満に対しては

もっと大変あせあせ(飛び散る汗)


たとえ ワタシ自身が
学校のやりかたに
「?」
って思ってても



子どもの今後のためにも
学校に不信感を抱かせないように

「なんでワタシ
こんなに必死に学校の弁護してるんだろ…」

とむなしくなることも(笑)





…そんなこんなで
けっこう神経すり減らしている
毎日ですが



こないだのお休みの日

こんなことがありました。




マックでお昼食べてる時って

けっこう
子どもといろんなことを
ぶっちゃけてお話できる時間なんです♪



そんなこんなで

またまた
長男が
学校の行事やら 先生の対応やらについて
ブースカ 文句言い始めてたらーっ(汗)



正直疲れてた私は

ブチ切れそうになりながらも、

受け止め
解説、発想の転換

といういつもの対応を
根気強く行っておりました。




すると。

しばらく

「…」

と考え込んでた長男。



「やばい。
彼の気持ちを読み違えたか」


と不安になったところで



「…お母さんさ〜

テレビに出て
よくお話してる…

なんとかママって、
あれなんだっけ」


「…尾木ママのこと?」



「そうその人!

その人みたいに
テレビとか本とかでお話する人になれば?」



「…なんで?」


「だって
子どものことよくわかってるじゃん!」




…そう、なのか?



「でもさ、

お母さん
また僕の気持ちもわからないで
エラそうなこと言ってるよ〜

とか、
思わないわけ?」



「う〜ん…
ちょっと思うこともあるけど〜

だいたいぼくのことわかってくれてるし


それに
お母さんの話は
筋が通ってると思うよ〜」




…な、なんと…


キミは
そんなふうに思ってくれてたのかい!ぴかぴか(新しい)




いやね、

「尾木ママみたい」
と言われたことに
感動したわけではないのですよあせあせ(飛び散る汗)



だって
尾木ママのことよく知らない
長男ですもの

ワタシが
尾木ママと
比べられるほどの人間のわけが
ないじゃないですか〜たらーっ(汗)
おそれおおい!




そうじゃなくって


長男が

ワタシの日々言って聞かせてることを

「筋が通ってる」

思ってくれてたんだってこと



それに感動いたしました…ぴかぴか(新しい)





まあね、

そこまでの道のりでは

長男のことを
怒鳴りつけ叱りつけ

「誰もぼくのことわかってくれない」
「だれも助けてくれない」

小学生の長男に言わせたことも
あるという…



多難な道のりでしたよ〜涙





それでも

なんとか
彼のことを理解したくて


学んで

試行錯誤して



そして今


なんとか
彼に認めてもらえる母親に
なれたのかな。



ホント、

今までの苦労が

この一言で報われた気がする…






もちろんね、

長男も
いつもそう思うわけじゃないだろうし


ワタシも
未だに勝手なこと言うときもある。





それでも

彼を理解したい、支えたいと願う

その方向性は

間違ってないことを信じて




これからも
でこぼこっ子の母を
がんばっていきたいと思います!





P1110586.jpg


しっかりと自分らしさを持っている長男に

そのまま彼らしく
幸せになっていってほしいから。







〜読んでいただいてありがとうございました〜




あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」書いてます!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

☆インスタグラム始めました! @miita39







みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
PR記事
2019/02/17 20:30

こんにちは〜(^▽^)

ご訪問ありがとうございますっ♪



先日
週に一度の食材下ごしらえを
一気に!


P1080944.JPG

ニンジンさんは

一気に3本分ぐらい
厚めのイチョウ切り&千切りにして!

ルクエで軽く蒸します♪



これを作っておくと



P1110812.JPG


ポトフ!



カレー!

などなど
煮物系作るときに
放りこむだけ♪


千切りは


きんぴらにしたり

ABB12F61-042B-43E0-A4D5-EE3E3650E283.jpeg
 

焼きそばとかの麺類に

サラダに

ちゃちゃっと入れられるから
ベンリ♪





そして我が家の常備菜

P1120260.JPG

キャロットラペ♪


わが家では
軽く蒸したニンジンを使って
(甘味が増すんですよ〜(^▽^))


オリーブオイル&ハチミツ&レモン汁&レーズンで
和えたサラダ


彩りもいいし
おいしいし
保存もきくし!


とっても便利な常備菜なんです〜☆




けっこうシンプルに
ニンジンの美味しさがわかるからこそ


P1120197.JPG

おいしいニンジンを使いたい!



今回のニンジンは

「愛知県
JAあいち中央
へきなん美人」

口コミサンキュ!編集部より
モニター依頼を受けて

全農さんのお野菜をお試ししたのです(^▽^)



「美人」とゆーだけあって

形もすらっとキレイ!

色ツヤもキレイ!!



しかも
あ、ま〜いぴかぴか(新しい)



その美味しさのヒミツは

愛知県碧南市(へきなん市)
海に近い

栄養たっぷりのサラサラ砂の畑で
作られてるから!


栄養をしっかり吸収して
根の先まで
しっかりおいしく成長しています♪



平成27年度には
「野菜ソムリエサミット」という
全国各地の野菜・果物の美味しさを競う大会で

野菜では獲得が難しい
二つ星を 獲得!



ニンジン特有の臭みが少なくて
とにかく甘いので!

生のままでサラダにしても

そのままジュースにしても

おいしいニンジン♪




旬(購入可能時期)は

2月23日までですよ〜!





にてお買い求めくださいね♪






〜読んでいただいてありがとうございました〜

**この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています**


**掲載の体験談は 個人の感想です**







あたたかいサンキュ!ポチ&コメをいただき
ありがとうございます
 みなさんの励ましが
ブロガーみい太の 明日への元気のミナモトです!

 ☆アメーバブログで
「でこぼこLDっ子の「幸せな大人」に続く道」書いてます!
 よろしければ遊びに来てくださいね♪

☆インスタグラム始めました! @miita39


みい太さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える