2018/07/16 08:03
おはようございます。
miwaoneです。

ご無沙汰していましたあせあせ(飛び散る汗)


この三連休、皆さんはどこかに行かれているのでしょうか?


我が家は先週、3男は林間学校が大雨で一週間遅れてあったり、
兄たちは下の学年の行事の兼ね合いで学校がお休みになったり、
私は学校のPTAの掃除があったり、色々目白押しでした。

そして、この連休はラグビーの練習に塾で終わるーー。
6年生ともなるとこうなるのか・・


仕事も委員会で自分の部署で行ったアンケートを集計し、
まとめて資料を作り、
あとは勉強会の資料も作って今週末の病棟会で使う予定です。


私のいる部署には多職種の方、
働くまで医療のことなんて全然知らなかった方も多くいるので、
その人たちが同じ知識を持って患者さんに携わってもらえるようにするーーのも、
自分の委員としての役割です。



ただ、
PCは本当にエクセルとワード、パワーポイント、
写真の取り込みやパンフレット・年賀状ぐらいしかできず、

今回、表を作る方法や、それを資料に入れる方法を他の人に聞き、本を読み、
何とか出来るようになりました
(PC教室に通わず、いつもPCに詳しい人に聞いちゃいますあせあせ(飛び散る汗))


今って子供もプログラミングとかできたり、
HPを作るとか、
ITの仕事の方とか、本当に尊敬しますexclamation×2



 ☆彡



昨日は、この炎天下の下でラグビーの練習がありました。


朝食作っても食欲なくて食べないだろうと思い、
道中のコンビニでおにぎりとパンを買って車の中で食べさせ、
お茶にアクエリアスを水筒に別々に2本用意し、
凍らせた飲むゼリーに保冷剤を保冷バッグに入れて持たせました。


練習中、熱中症が心配でグランドに4男を連れて行きましたが、
4男が愚図ってしまい、建物の中に避難。


結構な生徒が『しんどい』と休憩に来ました。


熱中症T度の症状。


他も否定はできませんが、
熱中症の初期は体の倦怠感、軽いめまいや立ちくらみ、こむら返り、筋肉痛など、、、


そこで水分補給したり、体を冷やしたり、休憩させたらいいけど、
続けさせたり症状が良くならなければU度になったりする。


頭痛や嘔吐、強い疲労感・倦怠感、集中力の低下などはU度の症状。


実際、うちの子供たちはこの状況で気づくことが多いです。
『しんどい』ぐらいで訴えてくれたらいいけど、頑張ってしまう。


昨日も「しんどいのがマシになったら練習に来なさいよ」
と言われていたりしてましたが、
私は「今日はこのまま帰って家で休ませてあげたほうがいいのに・・」
と思い、言うようにもしました。


ただ、コーチの考え方がわからないし、
一保護者がしゃしゃり出て言える雰囲気ではありません。


専門職の意見を聞いてくれる雰囲気でもない


幸い、3男の学年はコーチが元救急救命士で、
先日『熱中症』の勉強会をコーチたちにしてくれたそうです。


後は、それを各学年のコーチが理解し、対処してくれるかです。


子供や高齢者は予備能力も少なく、病状が悪化するのも急な場合もあります。


『弱っちいな』昔、私がミニバスケをしていて、
体育館の練習でいつもあの暑さで吐いていた時に言われた言葉・・・


だから中学生で運動部に入部しませんでした。
今なら、それは体質だと理解してもらえたのかな(笑)


ただ、今でもスパルタで育ってきたコーチや古くからいる保護者の方で、
考え方が違うように見受けます。


でもね、気温40度だよ。
高校生の時、インドで気温40度の中を歩いた時、照り付ける日差しで日射病になり、
その後、高熱でホテルで失神した私。
それでもインドは湿度がないからね。
日本の湿度で気温が40度なんてあせあせ(飛び散る汗)


あれが日本で起こるようになるーーとは考えてもいませんでした。


でも、その可能性はある


6年生の双子の兄達の同級生が、
先日練習した次の日に高熱が出て、
点滴・解熱剤服用で何とか二日目には解熱してきたと・・


熱中症V度。


練習中、休めとコーチが言ったけど、
途中からまた練習に戻ったらしく、
子供は脳も未熟だし、ダメージとか考えると、
秋の試合も大切だけど、私はこの時期にリスクがあるのに、
頑張らなくてもいいと思います。

好きなスポーツが出来るのは、
健康な体があってこそ。


そのために、大人(コーチや保護者)は正しい知識を持ち、
過保護と言われても守ってあげないといけないときもあると思います。


訴えることが出来ない子供もいる。


まだまだ、この猛暑が続くのかわかりませんが、
気を付けていかないといけません。


スポーツに限らず、アウトドアや外出先でも。


ーーまずは、その人の立場になり考える。


ありきたりな事ですが、それが一番大切ですね。


乳児ならその子のベビーカーの高さ、中の蒸し暑さを体感する、
幼児なら、その子の歩く高さが車道の暑さをどれだけ受けているのか・・

ここまで暑いからこそ、
母親として、守ってあげる必要があると思います。



それでは、今日で連休、3日目が終わりますね。
今日も暑くなりそうなので、熱中症予防してお出かけしましょー
DSC_1335.JPG

ご訪問、ありがとうございました







タグ(関連ワード):病気 熱中症 ラグビー
miwaoneさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)