2017/11/06 06:00
おはようございます♪


お立ち寄り頂き、ありがとうございます♪





さて。
先月の終わりに工事をし、我が家はエネファームはじめました!!


エネファーム・・・聞いたことあるけれど何だっけ??という方にまずは説明から☆



エネファームとは、東京ガスの「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」のこと。


簡単に説明すると。
都市ガスの水素と空気中の酸素を科学反応させて発電し。
発電した電気を家庭内で使う。というもの。
その際に出た「熱源」は給湯機に貯まって、自宅のお湯(お風呂とか洗い物、洗面など)に使われます♪


なので、我が家の電気代からシュミレーションをしてみたら。
年間電気代が更に7万円ほど安くなる!とのこと。



更に・・・
というのは。

電力自由化の時に、電力会社を東京電力から東京ガスに変えた時点で。

既に、年間5万円ほど安くなったので。。

そこから、更に7万円!となると。

東京電力時代から、エネファームにした今と比べると・・・

年間12万円もの節約に!!


ちなみに、太陽光発電と違って・・・
発電した電気は、売ることは無く、自宅で使うので。
使う分しか発電しません☆


給湯モニターで・・・

IMG_20171105_172428.jpg

今使っている電気代と。
それから、自家発電している電気、購入している電気が一目で分かるので。

電気も付けっぱなしにしないように!とか。
電気ケトルで無く、ガスでお湯を沸かすようにとか。
使用電気料を意識するようになりました☆



ガスで自家発電するので、ガス代は高くなりますが・・・

床暖プランなので。
エネファームの床暖プランだと。

今までより、24%ガス料金が安くなるので。

年間で、今までよりガス代も上がるといっても微々たるもの。

よっぽど、発電した電気を使って電気代が下がる方が、メリットがあるのです♪




ちなみに、家の外に付けたこちらが、発電時に沸かしたお湯を貯めておくタンクと燃料電池ユニット☆


IMG_20171030_103642.jpg

結構、大きいかな〜。。。。


それから、離れた場所ですが、少し小さいこちらが・・・

IMG_20171030_103659.jpg

バックアップ熱源機☆

なので、発電時に出た熱でできたお湯を貯めたタンクに入っているお湯を使いきっても。

このバックアップ熱源機が、お湯を温めてくれるので。
安心!!







我が家は、給湯機がいつ壊れても良い状態なので。

給湯機が壊れて交換するとなると、60万円くらいかかる予定でした。

エネファームだと、都や国からの補助が出て、約100万円

その差、40万円で。

エネファームを付けると、年間7万円電気代節約できて。


10年で70万円節約

6年くらい使えば、もう元が取れるので。

このタイミングで、取り付けることになりました☆



外付けする物が大きかったり。

初期費用が高かったりするのですが。

長い目で見ると、お得だな〜♪と思いました☆



お湯を使えば、使うほど発電してくれるそうなので。

特にこれからの冬は効率よく、お湯を使って行きたいな♪と思いました☆



皆様の参考になれば嬉しいです☆





では、今日も、頑張っていきましょう!!!






最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

お立ち寄り頂いた印に、↓の「サンキュ!」ボタンを押して頂けると嬉しいです♪

zumyさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)