2018/12/23 19:07





9F026ED0-C3E2-4CF7-A2AC-B9AEB1C55CCD.jpeg


はい。。。


凹み過ぎてどうにかなりそう。。。



愚痴ります


聞いて・・・(苦笑)



今日、大学の科目修了試験に行ってきました。

受けたのは2科目


前回、落とした試験のリベンジと

新たな科目1つ。


試験は毎月受けられるわけではなくて

2か月に1回(つまり1年に6回)しか

チャンスがない。



もちろん、試験を受けるのに

お金も掛かるし

子ども達を預けれる日しか無理なので

1回にかける本気度は相当高いはず。



しかし、今回2科目とも撃沈。。。



一つ目は初めて受ける科目

69B56898-5362-49FE-81AD-B0933CCDBAEA.jpeg

教科書全体と範囲が広すぎるので

ヤマを張って挑んだものの・・・


かなり細かい部分ばかりで

社会学者の代表的な業績や研究成果など

もうね・・・orz



とは言っても

もう仕方がない。



次だ!次っ!!と

前回落とした試験に挑みました。



前にブログで書いたんだけど

自分的になんでこの科目を落としたのか

全然わからなくて。



結果は採点結果しか返ってこないので

何が悪かったのか、どこを直せばいいのか

全くわからず。



それでも、自分が足りなかったと思う所を書くしかないので

今日も、そうしたんだけど


そう。。。



試験終了の声が掛かって

フ・・・・ッと表紙が目に入った。



そこには ん? と引っかかる言葉が。



そうなんです。

きっと、私は根本的にこの試験の意味を間違えている。



多分、この試験に落ちたのは

私の書いた回答がどうのではなく

単に文字数が足りなくて落とされている。

(だろう)



科目修了試験は

一つの部屋で行われるんだけど

その場で試験を受けている人は

同じ科目ではないんです。


みんな自分の決めた時間に自分の決めた科目試験を受けている。


その為、学校側は

試験に対する説明もしないし(注意事項はあるけど)

生徒側の質問には一切答えない。


だから、配られた用紙を見て自分で判断する仕組み。



そして私は

前回から完全に勘違いをしている。


今回の解答用紙は原稿用紙に書くシステムなんだけど

私はこの用紙が表しかないと思っていたんですねー。


←完全に自分のミス

しかも2回も受けて気付かないって致命的



それに対して、問題用紙には設問が2つあり

それぞれ、解答用紙の8割は埋めるように書いてある。


私は表半分を設問1

残り表半分を設問2

だと思い込んでいたけれど


実際には、表で設問1を8割

裏で設問2を8割

埋める必要があるわけですよ。きっと。



だから、私は全然文字数が足りなくて

8割以下の場合

採点条件すらクリアしていないという・・・



もう、自分のアホさにうんざりした。

心底ね・・・。



結果が出るまえから

不合格って分かってるっていう。


時間も試験料も無駄にした。


本当にバカ過ぎて自分をフォローする気もでない。

(´・ω・`)



なんでこんなに抜けているんでしょうか。


このままでは

今年(1年生で)目標としてる

単位が取りきれない。


年内最後の試験で

この日のために頑張ってやってきたのに

もう・・・(涙)


本当に疲れた。

5歳は老けた。。。




本当に

毎日毎日、話題には事欠かない。

いいのか、悪いのか・・・

もうこうやってネタにするしかない(笑)


でもこればかりは

笑い話にしたところで解決する問題ではない。



1つ目の試験で

答えは出ておりますね。


努力が足りねぇexclamation×2ってことです。

はい。。




年末近くなって、こんなに心残りをするとは・・


落ち込んでも

自分の間抜けさを恨んでも仕方がない。

とりあえず、やる。

悔しかったらやる!!




その前に、最近ずっと我慢してたので




今日は飲もう。





A7E65B15-A7C1-4582-997D-5830C390B185.jpeg






ここまで読んでくださりありがとうございました*⋆









IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/12/10 10:44


週末

年内最後の大学のスクーリングがありました。


今回出た授業は

大学に入って

初めて受けた科目の続きみたいなもので。


その一番初めに受けた授業は

入学して

これまでの授業・講義・家での学習を含む

全ての課題の中で

ある意味1番!大変だった気がする。



というのも

その時は全体で何人いたんだろう...?
 

忘れたけど、それを3クラスに大学側が分けて

各クラス毎に、課題が用意されたの。


そして、私がいたクラスは「介護」について。

残りの2クラスは

「子ども」と「いじめ」 だったかな?


そして、授業が始まるんだけど

その時、同じクラスだった人は

みんな介護職に就いている人ばかりで。

(福祉系大学の通信課程なので介護職の人が多い)



私は福祉とは全く関係ない仕事なので

なんの知識も持ち合わせてはおらず。。


その授業はレポートの書き方を身につける的な内容なので介護知識がなくても大丈夫と言えば大丈夫なんだけど...



グループワークが始まっても

やっぱり介護の話になるわけで。

施設の違いとか全然分からないし

専門用語も全く意味が分からない。。


そして、レポートに取り掛かるにしても

みんなビックリするくらいスラスラ書いてて。


あ・・・

私、完全に場違いだな。

と本当に思って。



これから4年も頑張れるのかな..って

泣き言 言うには早すぎるけど

自分の出来なさ具合が半端では無かった...

(苦笑)



「子ども」や 「いじめ」なら

まだ分かるかもしれない。

なんで、よりによって介護なんだろう...と

本当に落ち込んで帰ったのを覚えてます。



それでも、とにかく必死にやって

スクーリング2日を終えその後の課題提出も合格。


無事単位取得したんだけど

私の中で、その科目は苦〜い思い出がある。


だから、ちょっと緊張して

土日のスクーリングに臨みました。



でも、結果的には凄く良くて。

(レポートはこれからなんで合否は分からないけど)



あんなに一人残された感満載で苦労したレポートも

みんなと同じペースで進められて

与えられた時間で

課題をこないしていくことができるように。


私の場合

スタート時点でみんなとの差をすごく感じてて。


知識の面なんて、足元にも及んでないんだけど

私、成長したな と思えることができたんです。

←自分は自分で褒めるのよ





今回は全てのテーマが同じクラスで受けたので

別のスクーリングで仲良くなった人達も一緒。


やっぱり、お友達ができると楽しくって。


朝から夜までミッチリ授業なので

話し合える仲間がいると頑張れる



お昼はみんなで学食に行ったり

231621F7-CB74-43B3-80E9-649FC2CD3DCF.jpeg

普段、食堂で食べる機会なんてないので

こういうのも楽しみなんだ〜



通信課程って、やっぱり少し独特で

基本は自宅学習。


本の中から情報を得るしかなくて

不安も多いし、悩むことも多いけど


入学した8ヶ月前よりも

少しは成長した自分を感じることができました



年内、最後のスクーリング

あの苦い思い出の授業をやり切った感と

03368249-B1BB-4BB1-AD77-67B63FE70BB7.jpeg

キャンパスには 大きなツリー

横に教会があってそこも素敵



私の住んでいるところよりも

−3℃低い地域

なんだか

この寒さと、ライトアップの綺麗さ

スクーリングの解放から

しばらく高揚感に包まれていました。



大学のことで言えば

あとはレポート結果(2科目)と

別の試験(2科目)を残すのみ。

どれも年内合格を目指しています


最高・・・とまでは言わないけれど

ベストな状態で新しい年が迎えられますように





ここまで読んでいただきありがとうございます**
IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/11/13 14:29
こんにちは


今月はスクーリングが立て続けにあって

ちょっとグッタリ。

それでも

子供達の面倒を見ていてくれる

家族がいるからこそできること。

本当に有難いなと思っているところです。


そして、今年もあと少し

このまま立ち止まらず、突き進まねば・・・

と思って毎日必死になってやっております。



私は大学で福祉を学んでいます。

何度か言っているけれど

高認資格の時から

半ば勢いで入ったようなところがあり。


1番初めは心理学が学びたい!と

心理系の大学に行こうと思ってたんですけどね


最終的に福祉の大学にしました。

この学校で認定心理士も取れるので

一緒に同時進行してますが。



多分、これ通信課程の特徴だと思うんだけど

実際、スクーリングに来てる人のほとんどは

福祉関連の仕事をしながら

通っているんですね。やっぱり。



理解を深めるため、資格取得のためなど

学ぶ目的はさまざまでしょうけど。


スクーリングで話す機会があると

卒業したらどうするの?なんて話がたまに出ます。


私は今の仕事(今までも)が

全くの業界違い。


だから福祉に対するイメージが

私の中であまり定まっていなくて。

(大体、福祉自体が漠然としていません?)


でも、入学すると決めてから

漠然とだけど、やりたい事はあって。


興味があるのは児童・母子・貧困・虐待

子どもに関わるところが気になってはいる。




でも、実際に勉強したり、授業を受けていく中で

少しづつ

これも興味あるな...とか

んーこれ、私にできるのかな...とか

1年も経たないうちから

自分の興味や関心が少しずつ変わってて。

それでも、根の部分は変わってないけど


それに、今自分が置かれている状況とか

色々あるじゃないですか。


なんか、4年後って漠然としてて

自分のことだけど、自分のことじゃない

みたいな

なんでしょう。


今から卒業が寂しく感じる時もあり

←4年後、卒業させて下さいと泣きついているかも(笑)


なんか、そんな感じだったの。



でもね、この間出たスクーリングと

最近読んだ

ホリエモンこと堀江貴文さんの

3B96BCAB-33B7-4C5C-85E1-221D19DC2996.jpeg

で、なんか

いいんじゃない?それで

というか

それって、当たり前だなと思ったのです。



今回のスクーリングも面白い先生で

色んな話を折り込んで

授業を進めてくれたんだけどね


その中で、通学過程の学生が実習に行った時の話が

私にはとても印象的で。

通学過程なので18〜22歳とか23歳の学生だよね


もちろん、年齢に比例して中身が伴うわけではないので

年齢が問題なのではなくて。


すごく福祉の仕事に対して熱意と情熱があって

本人は福祉(その場合は介護)が天職だと

思っている場合でも

そういう仕事に向いていない人って存在するんです。

それが実習に行って出る(分かる)

そういう子は僕は落とします と。


こういう仕事に着こうと思う人は

自分が生きて来た環境の中で

体験したこと、誰かを助けたいから

という気持ちで福祉の仕事を始める人が多い。


その一方で、自分と相手(利用者)の問題を一緒にしてしまったり

相手の問題をいつの間にか自分の問題へとすり替えている場合がある。

自分の中で癒しきれてないモノを

相手を使って補おうとする


というような事を言ってみえて。


あ〜なんか分かるな

と思ったわけです。


私も自分が離婚して、シングルマザーとなったからこそ

分かることや

興味の対象が、困っている母子だったりする訳で。



相手に関心を持つことって大事です

たぶん、それがないと出来ないのでは?とも思う


でも実際、なんの経験もなく

自分の頭でグルグル考えててもどうしようも無いし

実践してこそ分かるものですよね。



これ福祉に限らずですけど

何年もかけて努力(勉強だったり我慢だったり)して

形にしたモノって

そう簡単に手放せないですよね。

だって、自分の努力が無駄になっちゃう気がするから。



実際、無駄でも何でもない

いくらかは自分の身になってるはずなんですけど。



適当に手に入れたものなら捨てるのも簡単だけど

自分がエネルギーを注いだものなら

執着したくなるのは分かるかも。


そんなに潔く ‘‘やっぱり自分は向いてないな!” なんて

認められる人は少ないかもね。



でもそれが、相手のある仕事だった場合

自分の執着や義務感だけでこなしていては

いずれ歪が起きるのではないでしょうか。




そう、だから

予想できない先の事を考えてても仕方がない

今!

今やること・やるべきことを全力でやる。


その先が自分が思っていた道でなくとも

それはそれでいいんじゃないでしょうか。


エスパーでも何でもないんだから

仕方ない。


どうなるか分からないから、やらない

ではなくて


ゼロ的に言うと

とりあえず目の前のことをやれ!

目の前のチャンスを掴め

という所でしょうか。


そんなに頭でっかちにならず

もっとフットワークを軽く

失敗したら失敗したでいいや!くらいの

気持ちではないと

なかなか、初めの一歩が踏み出せないもんね。



かくいう私も

初めの一歩が踏み出るまで

かな〜り時間の掛かる人。


そして一歩が踏み出たら

自分の中で満足するまで暴走する人。



怠け者なので失速するのが怖いのかもしれません。

途中でガス欠しないように

とりあえずの最低目標ラインは超えれるように

ガソリンを絶やさぬよう

進みたいと思います。





ここまで読んでくださりありがとうございました*⋆



IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ