2018/12/04 10:00
今日もご訪問頂き有難うございます。


白ネギがおいしい季節!
我が家は有難いことに実家の畑野菜から
たくさん頂きます。
お店でもだいぶんお安く出回ってきたように思います。

焼くと甘みを増す白ネギを使って、
あともう一品にパパッと出来る副菜を。
IMG_4892.JPG
ネギと卵の炒め物

卵3個に牛乳大さじ2程、塩コショウ少々を混ぜ合わせる。

フライパンにバターを入れ、強火で熱して卵液を流し入れる。
IMG_4883.JPG
淵が白っぽくなってきたら上下を返すようにスクランブルエッグを
作る要領で。
IMG_4885.JPG
いったんお皿にとりだす。

同じフライパンに油を足して、強火で熱し、斜め切りした
ネギ(1本分)を入れる。
IMG_4886.JPG

あまり触らずに焦げ目が少しつくぐらいが旨い!
IMG_4888.JPG
ジャッと小さじ1程のしょうゆを加えて炒め合わせ、火を止める。

そこにいったん取り出しておいた卵も戻し入れて、
ざっくり混ぜ合わせたら完成。
IMG_4892.JPG

材料二つ、フライパン一つで出来る簡単なものだけど
ネギの甘みと卵との相性が抜群なんですよ!


我が家は、魚焼きグリルでお任せの焼き魚がメインおかずになることも
多いのですが、その時の献立によく登場します。
「鰤の漬け焼き」
IMG_4839.JPG

あとは、具だくさんの味噌汁でいいんじゃないかな...


材料2つ、フライパン1つで出来るから、朝ごはんにも良いですよ!

じつは、酒のあてにもよく合う。笑笑



今日も最後まで読んで頂き有難うございました。
良かったらサンキュ!ボタン押して頂けると嬉しいです。
いつも有難うございます。  野口 ゆか

野口ゆかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/11/30 20:08
今日もご訪問頂き有難うございます。

今週もあっという間に終わろうとしています。

忙しい日の晩ごはんには、
鍋料理に続き、煮込み料理も登場することが多い我が家。

買い出し前の金曜日の晩ごはんは、
お買い得な時にストックしている市販のデミグラスソースと
トマトジュースを使って、ハヤシライス。
IMG_4880.JPG
煮込む時間は短いし、簡単で美味しい。
2倍量で作って、ハンバーグなどやパスタのソースにしたり。
忙しい時にとても重宝します。
特に金曜日は、明日の昼飯も意識して。
IMG_4877.JPG

副菜は、大根をたっぷり使ったマリネ。

冬野菜を実家の畑野菜から、ご近所さんから、
有難いことにたくさん頂くので、
野菜は頂き物だけで暮らせるほど。
本当に助かる!

大根は、生でも焼いても煮ても美味しい食材。
旬を迎える大根は、生でもみずみずしく甘いので、
是非、シャキシャキ感を楽しんで欲しい。

大根13cm分
スライサーで薄くスライスした大根塩を振る。
IMG_4843.JPG

しばらく置いて出た水気を絞る。
IMG_4848.JPG
野菜の水気を絞る時は、薄手の布巾を使い一掴みずつ絞るといい。
ここは丁寧に行ったほうがおいしく出来る!

マリネ液は、
サラダ油とお酢を各大さじ2、
にんにく醤油小さじ1/2
(醤油ににんにく少々をすりおろしても)
砂糖小さじ1
IMG_4847.JPG
これをよ〜く混ぜ合わせる。
あとは、
水気を絞った大根と薄切りのハムをマリネ液で和えて
IMG_4849.JPG
しばらく休ませる。
IMG_4850.JPG

大葉があれば加えるといい。
柑橘系を加えるとよりさっぱり食べられる。
我が家は、この時期に畑で採れる橙の絞り汁を。
IMG_4846.JPG
シャキシャキバリバリ、お箸が止まりませんよ!

ご飯が早炊きコースで炊ける間に2品出来る。

1つ前の記事にも書きましたが、お酒のあてにもいいですよー!
IMG_4867.JPG


忙しいこの時期を、元気に乗り切りましょうね!!


今日も最後まで読んで頂き有難うございました。
良かったらサンキュ!ボタン押して頂けると嬉しいです。
                       野口 ゆか
野口ゆかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/08/19 12:15
今日もご訪問頂き有難うございます。




お盆が明け、実家の母からクール便で届いたもの。
IMG_3651.JPG
イカ! いっぱい!!

実家に家族で帰省した際に
みんながあまりにもおいしいおいしいと食べてくれたからと
母が下ごしらえしたたくさんのイカが
クール便で届きました。

実家でいただいたイカ刺し丼。
image-2d3d0.jpeg

「またイカ刺しにして食べんね」と母。

丁寧に下ごしらえされたイカだから
私は細切りにするだけでいい状態。
有難い有難い。


私の作る料理は、ほとんど母のマネ。
料理中心のブログを書かせていただいておりますが
お恥ずかしいことに料理をするようになったのは、
結婚してからなんです。

それまでは実家で暮らしていましたから、
ず〜っと母の作るご飯に甘えていました。



自分が料理に興味を持ちいろいろと試行錯誤する中で
母の有難みが身にしみて分かるようになりました。


そんな料理好きな母も子供が自立し、
父との2人ご飯、また一人でご飯を食べることが増えた時
料理を作ることが面倒だと
感じることが増えたと言います。

一人の時はお惣菜に頼るのもたまにはいいのだけれど
やっぱり自分の体調を見ながら簡単なものをこしらえて
食べれる方がいい。
一汁1菜にもう一つ副菜をお野菜で簡単に。
という思いはあるよう。


だから時々母から献立相談の電話があります。
昨日も
「メインは決まっとるけど・・・
ピーマンいっぱいもらったんやけど?」と。
そこで、
「丸ごとピーマンのお浸しを作ってみんね」
とススメてみました。
IMG_3653.JPG
ピーマンを丸ごとグリルしてだし醤油に浸すだけの一品。

無農薬で作られたお野菜だからこそ種まで美味しく丸ごと
頂ける。

もともと料理好きな母は、「だし醤油に生姜をきかせて
みょうがと一緒に漬けたらうんまかったよ」と。

「なるほど、わたしも今度それやってみるけん」

最近、こんな会話が増えました。


母に少しのヒントを提案すると数倍のアイデアが
かえってきますから、
私にとってもいつも勉強になることばかり。


母は、いつまでも私にとっての料理の先生。
料理を通じて、
母とこんな会話が出来るようになるとは思わなかったけど、
お互いの健康を願ってこれからも続けていきたい。
「お互い元気でおらんばね」
いつもと締めくくりは一緒の電話。



私と同じように離れて暮らす親の食生活が気になると
いう方もいらっしゃいますか?
母世代の方々にも夫との2人ご飯や一人ご飯を
楽しむための少しのアイデアを提案していけたらな・・・
そんな大きな思いもうまれました。
これに関してはまた、ブログに書かせて下さいね。





長くなってしまいました。
今日も最後まで読んでいただき有難うございました。

良かったら読んだよの印にサンキュ!ボタン押して頂けると
嬉しいです。

いつも有難うございます。 野口 ゆか
野口ゆかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ