2019/07/15 09:00


おはようござます


雨でコタ兄の試合が無くなった日曜日
何もすることが無くゆっくりのんびりブログを書いています。


コタコジはお友達家族がバッティングセンターに連れて行ってくれて
旦那さんとリビングテーブルで二人でパソコン並べております。



野球がないとすることが無いんですよ(笑)



さて


「スポーツキッズママになろう!」のお話です。



今月のテーマは「おうちでの決まり事」



「決まり事」と言って思いつくのはやっぱり「ゲーム時間」


我が家はゲームをめぐって大問題が発生したばかり



それ以来1日30分という決まりがキッチリ決まりました。




そこにたどり着くまでは簡単にはいかず。
ゲーム時間を守らせるのって大変だと実感したのです。




「我が子から任天堂switchを取り上げてみて分かったこと〜ゲーム障害という病気」
*別ブログでゲーム障害までの経緯を詳しく書いています。



サンキュで書いた記事はこちら↓
「ゲーム障害から離脱後」


事件が起こってから約2か月ゲームが禁止になりました。




問題を起こしたコタ兄は何も言えずゲームからの離脱に苦しんでいました。



そこから少しづつゲームがない日常に慣れ
今までゲームをしていた時間に野球の練習をしたり
絵を書いたり、漢字の勉強をしたり



自分なりにゲーム以外で楽しめるものを探していったのです。



その後、1日30分だけゲーム(switch・スマホゲーム)をやっていいとゲーム解禁


IMG_9086.JPG

約束事は

「宿題をやってから」


*学校に宿題を忘れてきたらゲームができない
*学校に連絡帳を忘れてきたり書いてこなかったらできない
*30分を過ぎてもゲームをしていたらすぐ禁止


ということ。



それまでは連絡帳や宿題を学校に忘れてきてやらないことがザラ・・・(汗)
これは、コタ兄だけではなくコジくんも・・・('Д')



最初コジくんはブーブー言っていましたが
コタ兄がしっかり約束を守って宿題をやるようになてからは
約束を守ることが当たり前になって行きました。



学校に宿題を忘れてきてゲームができなかった日
あれこれ言い訳をしていたコジくん


「連絡帳を書く時間がなかった」
「絶対にランドセルに入れたはずなのに入ってなかった」
「みんな宿題をもらっていない」
「先生が音読カードを返してくれなかった」

などなど


良い訳が次から次へと出てくる


が、そこで甘やかさずに

「コジくん、どんな理由があろうと結果がすべて」

宿題や連絡帳が今家にないという時点でどんな理由があろうと
ゲームはできないんだよ。


ゲームがやりたかったら宿題を持って帰ってくる努力をしなさい

先生が音読カードを返してくれないのであれば
先生に返してもらうよう言いに行きなさい。


連絡帳を書く時間が無ければ自分で作れるよう頑張りなさい



その繰り返しでやっと宿題を持って帰ってくるようになり
連絡帳も毎日書いてきます。
(時々忘れる事もありますが)


放課後教室で宿題を自分からやってくるようにもなった。


ごはんの後に言われなくても宿題をやり
最近はごはんの前にやった方が得だ!とコタ兄は真っ先に取り組んでいます。


そしてゲームは自分でタイマーを30分かけ
時間キッチリで終わらせられるようになりました。



お友達が遊びに来ても30分



コタ兄がやらかした「しくじり」で我が家のゲーム問題が
解決へと導いてくれた。



失敗は成功の基



そんな風に言っていいのかは分かりませんが
一時ゲーム依存症になりかけたコタ兄は
ゲーム以外の事でも楽しめるようになった。




そんな我が家の約束事


IMG_9069.JPG

ボーナスで買ったバッティングネットも届いたので
梅雨が明けたら夕方一緒に練習をしよう♡


未来のホームランバッターを夢見て



では



最後までお付き合いいただきありがとうございます。
「見たよ」の印にサンキュボタンをポチっとしていただけると励みになりま〜す(^^)/



☆☆中野めぐみ☆☆




***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***




***************************

別ブログ

「ワーキングママくぅさんの時短節約術〜目指せ1000万円貯金〜」


週末の家事をきっちりこなす方法
節約お肉活用術
日々のリアル家計簿公開など


よければこちらもお立ち寄りください♡



***************************



中野めぐみさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/08/28 09:00


こんにちは



お盆休みが終わって宿題のラストスパートをかけつつ
夏の終わりを寂しく思うこの頃



コタ兄もコジくんもプールや海旅行で
今までにないくらい真っ黒に日焼けをしています。



特にコジくんはパパ譲りの吸収タイプで
保育園の床の色と同化してるっていう(笑)



会う人みんなに「黒くなったね〜」と言われまくり!!



今年も思い出のつまった夏休みを過ごすことができたと思います。



さて



先日学童野球の頂点
マクドナルド・トーナメント決勝大会を観戦してきました!


口コミサンキュ!からモニター依頼を受け、
「学童野球を応援 スポーツキッズママになろう!」
に感ずるブログを書いています。


朝から雨がシトシトと降り続けるなか
子供たちは「優勝」という栄光を目指して
熱い戦いを繰り広げていました。



私も今まで知らなかったのですが
マクドナルドは子供たちのからだの健全な成長を願って
地元密着の地域貢献活動から世界規模のイベントまで
様々なスポーツ支援活動を行っているんです。




今回観戦した
「高円宮賜杯 全国日本学童軟式野球大会」も
1986年からサポートしているんですって。



で、観戦してみて思ったこと。



気合いがハンパない!
(こんな例えしかできなくてすいません)



私がコタ兄の試合を応援に行くのとは違って
プレイする選手もそれを応援する親御さんたちも
「優勝」というものを目指して全身全霊なんです。




そりゃ、当たり前ですよね。



なんたって全国大会


の、決勝ですもんね。



でも、その思いが会場にいるだけでバシバシ伝わってきて
とても熱い気持ちになりました。



難しそうなフライを取ったとき


いい球でストライクを取ったとき


バックホームでアウトを取ったとき


に見れる嬉しそうな顔




そして



打てなくて悔しい思いをしたとき



エラーをしてしまったとき


そんな自分に悔しくて溢れだす涙



ひとつの場面にドラマがあって
とにかく言葉では言い表せないほどたくさんの思いがつまった試合でした。




全国に学童野球をやっている子供たちはたくさんいるけれど
「全国大会の決勝戦」に進めるのはたった2チーム



誰よりもたくさん練習をし
だれよりも辛い思いをしてきた子たちだけが
経験できる舞台



そんな瞬間に立ち会えて
私はますます野球が好きになりました。



いつかコタ兄も・・・



と夢のまた夢ですが
目標は高く!


6年生になったときにはこのマクドナルド・トーナメントに出場して
夢のマクドナルドワッペンをもらえるよう
私もできる限りサポートしてあげたいな、と思いました。


DSC_0004.JPG

どんよりな雨空だけど


DSC_0005.JPG

「楽しんでいこうぜ!」の
マクドナルドからのメッセージ


DSC_0006.JPG

応援団も気合い入ってました!


DSC_0012.JPG

優勝チームには超デカの優勝旗や盾
メダルに夢の黒縁のマクドナルドワッペン
(↑本当に羨ましかった〜)



「何かに挑戦するときは必ず目標を持つこと」



野球に限らず子供たちにはこの先伝えていきたいことのひとつ。



それがこの試合を通じてはっきりとしたものに
なったと実感しました。







9月からまた秋の地区大会が始まるので
「久しぶりに試合やるな〜」とウキウキした顔をしていたコタ兄



隣で早く1年生になって野球をやりたいと
待ち焦がれているコジくん



そして勝てる試合運びを研究しているコーチの旦那さんに
サポート体制を整える私。



もう、一家で野球モード



中野家も高い目標を掲げて
野球に遊びに勉強、仕事!
みんなで頑張ります!



では


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
「見たよ」の印にサンキュボタンをポチっとしていただけると励みになりま〜す(^-^)/



☆☆中野めぐみ☆☆


ウィメンズパーク
 「学童野球を応援 スポーツキッズママになろう!」コーナー
 でもこの記事が公開されています。
http://women.benesse.ne.jp/cos/common/sports/




***この記事は編集部に依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***





中野めぐみさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/07/05 13:25


こんにちは


昨日母からラインが来て
「国産小麦100%無農薬、漂白剤、改良剤一切なしのやつ
取り寄せたから送るよ!」と



お母さんは、私のブログの読者の1人であって
お互い仕事をしているのでなかなか会えないけど
かゆい所に手が届く感じっていうか、困ってる時に必ず手を差し伸べてくれる存在です。



小麦粉の記事を読んで国産の小麦をを探してくれたんだな。



ありがとう。



美味しいパンが焼けるみたいなので
届いたらパンを焼いてコタコジに食べさせよ。




さて



最近の子育てエピソードを一つ



昨日からコタコジの自立を促すべく
保育園や学校の支度を自分でやるきっかけを作ろうと思いまして


「120チャレンジ」というものを始めました。



コジくんの爪噛みを止めさせられたのと同じ方法なんですが


出来たらシールを貼り、全部貯まったらご褒美・・・と言うもの。



私の経験からも「やらなかったらペナルティ」よりは
「できたらご褒美」のほうが断然やる気になるもんで



約束事をやることはそんなに大変ではない、
楽しく知らぬ間に自分の事が出来るようになっていく・・・
というお互いイライラしない私の子育て法です。



今回の目的は

コタ兄「歯磨きがちゃんとできるようになる」「給食袋を自分で用意する」

コジ「歯磨きがしっかりできるようになる」「保育園のコップ袋の準備を自分でやる」




一番は虫歯にならないような歯磨き方法の取得



歯科衛生士さんに「4年生くらいまでは仕上げみがきをしてあげてください」と言われていて
今でも仕上げをしてあげてますが
仕上げありきで考えているコタ兄の歯磨きは全くやる気が無い・・・


これじゃ、いつまでたっても仕上げを卒業できないじゃないか!!と
行く末が心配になりましてね。



そして、学校への置き忘れも多いコタ兄には
給食袋を持って帰ってくることと、自分で用意することの意識づけ。



今まで過保護にし過ぎたかな?



忙しい毎日なのでやらせるよりも、自分でやった方が早くて
ついついやってしまっていた日々




120個シールが貯まったらコタコジと約束したご褒美をプレゼント




さて、今回は上手くいくかな?



これをきっかけに繰り返しやることで「あたりまえ」になり
毎日の生活の中に歯磨きや支度が定着するといいな、と思います。




チャレンジを始めて2日目の朝


シールを貼りたいが為に頑張っております。



この調子、この調子。



DSC_3549.JPG

この流れで朝起きてから自分たちの部屋のタンスから
洋服を準備してリビングに下りてくるようにもなりました。



嬉しくなって朝ごはん甘々ホイップパン



サンドにしないと手元を狂わせて二人ともひっくり返してましたが
おいしそうに食べました。

(テーブルはポイップチョコまみれだけど)

DSC_3539.JPG

夜はコタ兄も食べられるキャラメルプリン
(ダイソーで売ってるやつ)


DSC_3546.JPG

盛り付ける器を失敗してお墓みたいに見えますが
「お店のみたい〜〜〜」とこれまた喜んでくれてなにより。

↑本物のお店のヤツを知らなくて助かった・・・

DSC_3548.JPG

今日の#ojiben

ojisanは無限ピーマンがもの凄く好きらしく
おかずが全部無限ピーマンでもいい・・・とまで言ってます(笑)



DSC_3547.JPG

こんなにコタコジの為に頑張っているのに

120チャレンジ開始前にコップ袋を入れてる園リュックの中身を整理するように言ったら


私が年長に上がる前に書いたコジくんへのお手紙を
「これはもういらないかな」とさくっと捨てられてました。



折り紙のシュリケンや実習生のお姉さんからもらったコマは
大事に取っておいてるのに・・・・




「コタコジの為に頑張ってるのに・・・」と普段はそんな風には思いませんが
捨てられた手紙を見た時だけちらっと思ってしまった。




愛情表現は人それぞれなんだな。



そうだ、そう思うようにしようか(笑)




では



最後までお付き合いいただきありがとうございます。
「見たよ」の印にサンキュボタンをポチっとしていただけると励みになりま〜す(^^)/



☆☆中野めぐみ☆☆





タグ(関連ワード):子育て ご褒美 コタコジ
中野めぐみさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ