2017/11/15 11:10
こんにちは^^

本日は昼から出勤の日。
ちょっとホッとしているワタシです。

前回のブログで弱音を吐きましたが
何も子育てしながらフルタイム無理!
って言ってるわけではないんです。

1日8時間働くことに関しては
なんとなく「できるかも」とは感じています。
不安に思ってるのは8時間以上の勤務になること…
そして少人数なので責任が重いこと…

というのもすべて
“これまで”が活きてくるなーと
思ってるから。

***

ワタシは妊娠を機に
フルタイムの仕事を辞めたので
出産後も無職でした。
息子が1才になるくらいの頃
前の会社でパートとして
働かせてもらえることになって。

最初は平日の1日5時間勤務。
家事のやり方について
いろいろ悩んだりもしたけれど
やってるうちにペースが掴めてきました。

当時はまだ離乳食だったりして
大人は簡単なものっていう食事も多かったです。

…が、すぐに妊娠がわかり
出産前後で7か月間お休みをいただくことに。

娘は生後半年で仕事復帰したので
子どもがひとりだった頃とは
また違った大変さがありました。

どういう方法でご飯作る?
普段の買い物はいつ行く?
お風呂の時間は何時頃?

試行錯誤しているうちに
オットがやった方が得意なこと
ワタシが進めた方がスムーズなこと
わかってくるもんですね。

そのうちなんとなく
我が家のやり方が見えてきました。

そしてワタシの仕事も
遅くまでかかることもあったり
逆に早めに出ないといけない日があったり
最初の時間以上勤務することも多くなって

「あれ、これもう少し長く働けるんじゃない?」

っていう自信になってきました。

***

今とガラッと変わるようなことを
いきなり始めようとすると
大変さが増すと思うけど

今よりも少し負荷をかけて
ステップアップしていくと
いつの間にかそれが当たり前になることも。

子どもがいなかった頃は
好きな時間にご飯食べて
休日は好きなだけ寝てて
本当に自由に過ごしていました。

その頃のワタシが
今のワタシを見たらたぶん驚く。

まだまだ時間の使い方は
上手じゃないけれど。

でもきっと
頑張ってきてるんだと思う。
それは認めてあげよう。

***

IMG_3738.JPG

息子が描いた
「カブトムシとクワガタのけっとう」。

花丸は父が描きました。
(描いてとリクエストがあったらしい)

昨日帰ったら
こんな傑作を見つけてほっこり。

日々家族に救われています。




読んでいただきありがとうございました
サンキュ!ボタンを押していただけると励みになります(・v・)

さださあやさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/11/14 05:15
おはようございます。

新しい仕事に就いて
ようやく半月…というところですが
今感じることを忘備録的に。

***

年を重ねるごとに就職・転職は
難しいと言われていますが
本当のところはどうなのか?

正直、活動の幅が狭まるのは実感しました。
あと、年齢制限にはひっかからないけど
若い子がいいっていうところもあるにはある。

子どもがいることについては
ワタシが受けたところ、
問い合わせしたところは
特に何も言われませんでした。

でも、子どもの用事で休んでも
結局後で自分が大変になるだけ
と言われた会社もあったので

まぁどこも
休まないに越したことはないよね
っていう感じなのかな。

こういう点では
子持ちの人が多い会社の方が
働きやすいっていう気がします。

あと、やっぱり求人票だけでは
なんとなくイメージは可能だけど
本当のところはわからないってことを実感。

入社してみてから
時間外労働なしって書いてあった割に
そういうわけにはいかないことも知ったし、
給料はみなし残業代含む金額だってことを知ったし、
求人票に出ていた勤務時間外に
定期的に会議が行われていることを知ったし、
夜間の出勤はできないか打診されたし。

あれあれ〜???
っていうことがちょいちょい出てきました。

正社員ってそういうもの?

子どもの都合に合わせて
休みも取りやすいって聞いてたけど
そうはいかない感じ??
ともなんとなーく感じていたり。

あとは子育て世代が少ない。
というかワタシのいるところは
皆さん独身です(若いからね)。

聞くところによると
女性社員は結婚したらほとんど辞めるとか…
(もともと男性の方が圧倒的に多い会社)

「子どもがおられるのに
(うちの会社に入るなんて)
すごいですねー」
なんて言われてみたり。

***

正直、ものすごーく不安です。
入ったばっかりだけど。

幸い、うちの子たちは
母親がお迎えに来れない日があることも
すんなりと受け入れてくれ
(父の車の方が好きな歌が聴けるのでいいらしい)
初めて行く土曜保育も楽しかったみたいだし
「おかーさんしごとがんばったねぇ」
なんて褒めてくれるし
母が長時間働くことについては
割と平気なタイプみたいです。

でも、息子が
「おかあさんギューしよう」
と言ってくる回数が増えた気がして
寂しいのかな、とも思ったり。

今はまだ試用期間ということで
免除されているけど
今後時間外の会議に出るようになったら
本当にやっていけるのだろうか?

***

ま、今はやるしかないか!
ダメならその時!!

転職しようと思った時に
ものすごーくものすごーく考えて
仕事<家庭というのは大事にしたい
という結論は出しました。

ワタシが仕事するにあたって
それがいちばん大事にしたいところ。
でも、できるところまでは頑張ろう。

仕事はすごく大変そうだけど
でもきっと覚えたら面白そうだし
生活にも役立てることができるはず!


ぐちぐちと綴ってしまってすみません。
うん、頑張ろう。
本日も出勤してきます。





読んでいただきありがとうございました
サンキュ!ボタンを押していただけると励みになります(・v・)

さださあやさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/11/13 13:48
こんにちは。

前回の記事にコメントくださった
ナカムラマリコさん
先ほどお返事させていただきました!
後ほど反映されるかと思います♪

昨日は家族で
だいすけお兄さんの舞台に
行ってきましたー\( 'ω')/

特賞が出れば一緒に写真撮影ができる
ガチャガチャに挑戦するも撃沈Ω\ζ°)チーン
缶バッジやキーホルダーばかり。
でもそれも可愛いからヨシ!
物は少なくしたいのですが好きなものは別になっちゃうのです…

実はこの舞台観るのは2回目。
前回はこんな感じでした↓
https://39.benesse.ne.jp/blog/1664/archive/522

今回は子どもと一緒だったので
舞台だけに集中はできなかったけど
子どもたちが喜んでいたのでヨシ!

途中飽きたかな、と思う瞬間もあったけど
じっと舞台を見つめるところもあって、
生の舞台を観て
幼いなりにいろいろ感じてるんだろうな。

こういう“特別”な機会は
なるべく作ってあげたいと思います。

***

土曜日に
オットと子どもたちは
野菜の収穫イベントへ。

本当は家族4人で参加するはずだったけど
ワタシが仕事になってしまったもので…。

「ローソンファーム」がお隣鳥取県にありまして。
夏ごろにローソンの店内で参加募集のチラシを見つけ
申し込んでおいたのです。

この収穫祭は定員500名で参加費無料。
事前申し込みが必要ですが
収穫した野菜は持ち帰れるという
何とも太っ腹なイベント。

ワタシが参加できないので
代わりに義母に行ってもらいました。
※主催者にはきちんと代理が行くと連絡しています

それで持ち帰った野菜がこちら↓
IMG_3714.JPG
ジャガイモ、サツマイモ、キャベツ、
白菜、サトイモ、ニンジン、ブロッコリー、
ロメインレタス、大根…

実は、これほんの一部です。
義実家と山分け…と言いつつ
半分以上義実家に置いてきた。

お義母さん、洗ったり保存したり
処理に追われてると思います…

うちも友達におすそ分けしました。

たくさんの種類を収穫するなんて
なかなか経験できないし
子どもたちも頑張ったそうなので
よかったよかった^^

私も今週ほとんど野菜を買わなくていいので
よかったよかった^^

さすがに新鮮なうちに全部は食べられないので
サトイモやニンジンは冷凍保存しました。

今日はキャベツをざく切りにして
冷凍庫へ入れなくちゃ。

ちなみに、ローソンのおでんの大根は
ほとんどこのローソンファーム鳥取で
採れたものらしいですよ。

***

まさかコンビニで
こんなお得情報に出合えるとは
思ってもみませんでした。

何気なく入るお店でも
チラシが置いてある場所は
要チェックです☆



読んでいただきありがとうございました
サンキュ!ボタンを押していただけると励みになります(・v・)

さださあやさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ