2017/08/02 18:05
ワタシの畑には果樹が沢山植わっています。売主さんから引き継いだ大切な自然栽培の果樹。

先週はスモモ最後の収穫でした。



IMG_0866.JPG


収穫時が難しい。
ほとんど鳥に盗られてしまいました。
ほぼ、全部穴開き状態。

ですが、これがとっても美味しい!
今まで食べていたスモモとは違う。

甘くて、酸っぱさもあり、、、とにかく美味しい!!!


IMG_0867.JPG



中、分かりにくいですが、完熟なので真っ赤。
次の生り年には少し早めに収穫して、追熟で上手に頂きたいなぁ。


カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/07/06 22:28

ぬか床3年目。

いつも悩みながら、本やネットからの情報でぬか漬けをしていたワタシ。


お友達から

『京都の井上漬物さんという所で、ぬか床づくりの講座が定期的に開かれている』との情報を得て、行ってきました。


フェイスブックで投稿されてすぐに参加申し込みをしたので、6名の枠に入る事ができましたが、いつもすぐに満席となり、キャンセル待ちになる人気の講座です。


作り方はいたって簡単。

「レシピもブログに載せていいですよー」とのコトでしたが、さすがに何だか気がひけますので、材料だけご紹介。


ぬか

鷹の爪

昆布

ビール酵母


以上!


ぬか床づくり、知ってる方からしたら何の変哲もありません(笑)


ただ、作り方が少し特別でした。

そこは内緒にしとこかな(笑)


そして、そのあとの質問大会がスゴイ。

一つ一つの質問にプロが丁寧に答えてくれます


そして、私にとって何よりだったのが

『自分のぬか床が美味しいのかどうか、正しいのかどうか』という質問に答えて頂けたこと。


ちゃっかり、マイぬか床を持参していたのです。

もちろん事前に確認は取っていましたが。


ぬか床のプロ、お漬物屋さんに実食してもらいました。


結果は


美味しい判定頂きましたー(〃ω〃)

ギャオー!!


嬉しい。


しかも、チーズのような芳香がたまらない…と出席者の皆さんからも賞賛。


めさ、嬉しいやんかいさぁ〜。


良かった。。。諦めず続けて良かったよう( ;∀;)


今までの手当てもお伝えしたところ、「ばっちり」とのコメントも頂けました。


私の場合、我が家に代々受け継がれたぬか床の味などは存在せず、全てが手探り。


多分、私と同じ世代の方なら同じような境遇ではないでしょうか。


そんな中で、日本に欠かせない発酵食をいつも作っています。


前にも少し触れましたが、

私の野望は、「子供たちにホンモノを伝えたい」です。


添加物が沢山入った大量生産できるモノも大切なのかもしれません。

賞味期限が延ばせたり、大量を短時間で作れるメリットがあるのだと思います。


でも、私は「私がホンモノだと思うモノ」を子供たちに伝えたい。

それは、自分の子供だけを意味していません。


地域の子供たち、ひいては日本の子供たちに、もっと広く言っていいなら世界の子供たちに。。。


そのためにゼロからのスタートにチャレンジ中。


そのゼロからのスタートに初めてお墨付きをもらえたこの感動。

静かに、とても静かに感動。


おつけもん屋さん(京都では漬物屋のことをそう呼びます)のぬか床づくり講座、皆さんの町にもあるといいな。




IMG_0446.JPG


*仕上がったぬか床ちゃん。


カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/01/17 20:04
今日は待ちに待った白味噌の会。ワタシの敬愛する発酵師匠のワークショップに参加して来ました。

本当は昨年の会に参加できれば、お正月のお雑煮に間に合ったのですが、予定が合わず本日となってしまいました。

あ。京都のお雑煮は白味噌なんです。

白味噌や柚味噌の作り方を習った後は、それらを使った美味しーいランチをいただけるとゆう大満足の内容(〃ω〃)



IMG_1490.JPG


御膳を使った食事、素敵です。
何というか、大切に味わう気構えができますね。

ワタシ早食いなので、常に目標は「よく噛む」なんですが、御膳で頂くと自然とよく噛んで大切に味わえた気がします。


そして。
仕上がって、我が家に連れて帰ってきた白味噌さんがこちら。



IMG_1489.JPG


普段はビニール素材は使わないワタシですが、発酵期間が短く、食べ頃期間も短い白味噌はありだな…と思いました。

カンタンに、でも丁寧に作れるよう師匠の愛のこもったワークショップ。
こういった、作業を楽にするアイテムを上手に使いつつ「つくる」ことの敷居を下げてくれます。

ワタシは味噌作りの際、どうしてもすりこぎやすり鉢など昔から使われている道具を使うことをやめられないのですが、それってどうしても労力使うのです。

何十リットルも仕込むので、実はとても嫌になるのですが、やめられない。
本当は大豆を煮るのに圧力鍋が欲しいし、潰すのにプロセッサーが欲しくなる。。。

それでも、昔ながらの道具で作りたいという変なポリシー?が邪魔をするのです(笑)
先人が味噌を作る際になかった道具を使いたくないと思ってしまう。。。


でも、白味噌を作る時はこれからはこのやり方で、この道具でいこうと思います(*´꒳`*)

とても充実した一日でした。
カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ