2018/09/29 15:47
以前から気になっていた、自身とスマホとの関係。
そんな中、図書館で見つけたコチラの本。



IMG_4100.JPG



まさに、ワタシにベスト・ヒット。
ということで、今から3日間、スマホ断食に入ります。

今まで、努めて1日スマホ断食は経験がありますが、3日は初めて。

このブログを書き終えたら、3日断食に入ります。
さあ、どんな世界が待っているか。
そして、この本面白い。



カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/09/25 10:34
0歳の時の記憶ありますか?ワタシはあるんです。
びっくり???
1歳の時、2歳の時の記憶もあります。
お婆ちゃんに「あの時こうやったよね?」と聞くと正確に合っていてびっくりされます(笑)

母は、ワタシを身ごもっている時に、父とはもうやっていけないと実感したらしいです。
でも、離婚したのはずっと先。

綿密に計画して別れました(笑)
職業訓練校に行き、パートで経験を積み、正社員になったり、起業しようとしたり。
一人でやって行ける下準備をしてから離婚しました。
スゴイよなぁ。

さて、そんな夫と離婚しようと考えている主婦。0歳児にかけたコトバは。。。

畳に寝転がって母を見上げているワタシ。
母は洗濯物をたたんでいます。

「あなただけは幸せになってね」
母はワタシにそう語りかけます。
「この人、幸せじゃないんだ、でも、ワタシはこの人の子供で良かった」とワタシは感じながら、母を見上げていました。

昔、母が生きている頃に確認したコトがあります。
「言ってた!言ってた!」
とびっくりしてました。

母は、あまり笑わない人でした。
離婚するまでは特に。
抱きしめてもらった記憶もありません。
かと言って、ネグレストだったワケではないと思います。
ただ、私が抱きしめて欲しくて、近くにいっても腕にまとわりついても、嫌がりはしないけど、抱きしめはしなかった。

ワタシが大人になってから言ってました。
「小さい可愛らしい時に、もっともっと可愛がれば良かった」と。

ワタシが小学1年生くらいの頃、母が衝動的に家を飛び出したコトがありました。
とっさに、「あぁ、もうこの人は帰って来ない」と思いました。

思った瞬間追いかけてました。
追いかけても振り向きもしない。近くのバス停まで来ました。
ワタシのコトを見ようともしない。

母はバスに乗りました。
ワタシは一瞬ためらいました。バスに乗るにはお金が要るコトは知ってました。

でも、追いかけないと、もう会えないと思いました。
もう本当に勝手に足が動いて乗ってました。
バスの中、母のそばには行けませんでした。。。

20分くらいして、母がバスを降りました。
ワタシはお金を持っていませんでしたが、急いで母について降りました。

母がお金を払ってくれたのか、運転手さんがワタシを幼稚園児だと思ったのか、何も言われず、バスを降りました。

母はワタシにかまわず、ずんずん歩いていきます。
すると、ある喫茶店の前でぴたっと立ち止まりました。
「何か食べていこうか」
と、母が言いその店に入りました。

後は覚えていません。

小学校の高学年になると、両親の静かな言い争いに気づくようになりました。
両親はいつも皆が寝静まってから、話し合いをしてました。

実際は寝静まってはいない。
ワタシは気づいてました。

2階で寝ていると、まず母が1階へおります。
しばらくすると父も降ります。
ダイニングの辺りで、静かにボソボソと言い争っているのが聞こえます。
たまに、台所で「カタン」と音がします。

その音にワタシは硬直して動けませんでした。
真夏でも布団をかぶり、汗びっしょりになりながら、びくびくしていました。

今、もしかしたら、母が包丁を取り出したのかも知れない。
父が逆上して、母を刺すかも知れない。
朝起きたら、台所は血まみれかも知れない。

ほぼ、毎晩そう思っていました。

そんなある日の夕方。
2階の部屋に居たワタシと兄は
「話があるから、、、」と1階に居た母に呼ばれました。

階段を降りる瞬間を今でも覚えています。
「あぁ、終わる。やっとワタシは眠れるようになるんだ」

1階に降りたら、離婚の話でした。
「今から、お母さんは家を出ます。しばらくはお婆ちゃんの家に行くから」
と言われました。

それから離婚の話は全く進まず、裁判にもなりました。
母は鬱で、いつ電車に飛び込んでもおかしくない、、、そんな状況でした。

ワタシは、今、小4になった息子に、たまに腕を広げて「おいで」と言います。
息子は恥ずかしそうに、でも、はにかみながら抱っこにきます。

これは、本当は言ってはイケナイと思います^_^;
息子よ、すまん。
でも、10歳以上の子をもつお母さんに知って欲しくて。
9つまでは、子供は神様からの預かりもので、この世界の色んなコトを親が教えてあげないとダメ。それまでにきっちりとしつけをという教えがあります。

逆に言えば、
10歳、つまり「とお」になると「つ」がつかないから、一人前というコトですね。

確かに、一人前として扱うべき年齢ですが、何でもかんでも一人前ではない。

「少年は手を放して、目を離すな」
インディアンの教えにもあります。

10歳くらいはまさに、一人前と扱いながらも目をかけてやらなければならないと思います。

何にせよ、
小学生の間くらいはお母さんと抱っこしたいんです、子供って。
ただのワタシの記憶ですが(笑)

まあ実際、小4は喜んでます( ̄∇ ̄)
特に我が家は妹が居るから、上の子は努めて抱きしめるようにしてます。

下の子は、努めなくとも「お母さーん」と飛び込んできますので( ̄∇ ̄)

上の子は飛び込めないから。
兄妹喧嘩の両成敗の後も、ちょっと間を置いて、一人でイライラしてる兄を抱っこしにいきます。
…妹には見つからないようにね(笑)

そしたら、泣きながら言い分を言ってきます。抱っこしながら、「そうやね。でも、それはやっぱりどっちも悪いよね」と諭します。

「まだまだ、抱っこ必要なの〜!!」
って、汗びっしょりかいてベッドで動けなかったワタシが言ってるんです。

子供には悟られないように、夫婦喧嘩
て無理なんです。

だから、夫と喧嘩する時、我が家はオープンです。
…ワタシ、子供にはあまり怒りませんが、夫にはよく「もー!」てなりますσ^_^;

そしたら、娘が「まあまあ、母ちゃんモチついて(落ち着いて)」
*クレヨンしんちゃんのギャグらしいです。

と言ってきます( ̄▽ ̄;)

子供は親を良く見てます。
子供だから、、、と侮ってはイケナイ。

ちなみに、息子はお腹の中での記憶がありました。

まだ小さいお子さんが居たら、お腹の中でどうしてたか、聞いてみると面白いですよ。

IMG_4061.JPG


写真、今の季節の山椒です。
山椒と言えば緑の実を思い出しませんか?
ワタシだけかな?

香辛料の山椒はこの赤く熟した実を使うらしいです。
綺麗ではないですか?

あまりに美しくて見惚れてしまい、パシャリ。
見ようとしなければ、見えない(気にかけない)赤い実。
弾けて顔を出す黒い種は、尚いっそう。
(1日に3粒食べれば、昼でも星が見えると言われています。…ホンマかいな。。。)

季節が終われば、また次の年にしか見られません。

我が子の見ようとしても見えない部分。
抱きしめるコトで、少し見えたりします(*´꒳`*)

カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/09/17 16:12
昨日のブログから引き続きまして。IKEA戦利品。
布。

以前から購入を迷っていた布、買いました。
ダイニングのテーブルクロスがモノトーンばかりなもので、明るいこの布、前から気になっていたのです。

本日、両端をチクチクしてテーブルクロス完成。



IMG_4047.JPG


明るくなりました。
黄色、好きです。

この柄には合わなくなったDIYオットマンのSOUSOUクッションも余り布でカバーをチクチク。


これが
IMG_4048.JPG

↓↓↓↓↓

これに変身
IMG_4049.JPG


そして、完成インテリアがコチラ。


IMG_4046-97778.JPG


余り布には要らないギャルソンエプロンを使用。
できる限りは家にあるもので何とかしたい。

足るを知る。
でもたまには贅沢( ´∀`)

明日は晴れますように。

カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ