2015/09/17 00:00
こんにちはハートたち(複数ハート)KURIですグッド(上向き矢印)

うちの学校は運動会が遅くて、(10月半ば)
まだ運動会練習は開始していないのですが、
先日、リレーの選手決めがありましたひらめき

クラスで男女一人ずつしか選ばれないので
うちの子には関係ないと思っていましたが、
なぜか当日の朝から末っ子ちゃんは自信満々あせあせ(飛び散る汗)

何を根拠にそんなに自信があるのか・・・

あの走り方で速いわけがないたらーっ(汗)


でも、結局クラスで2位補欠に選ばれたので
彼女の自信にもどうやら根拠があったようです。

背が高い子って走るのが速い子が多いんですよね。

末っ子ちゃんも背が高いし、
うちの子はみんなそうだから、
かけっことか同じ背くらいの子と走るときは
全然1位とか獲れないんだけど、
全体的に見ると、まあまあ走れる方なんだなぁと感心しました。

でも、クラスで一番背が高い末っ子ちゃん。
かけっこは速い子ばかりが集まる可能性が高く
ビリになってしまうかもしれない・・・

そこで、運動会前までちょっとでも練習しようと思いつきました。

一番手っ取り早いのが、スタートの練習ひらめき

低学年のうちは、スタートが勝負といってもいいくらい、
あとから追い抜ける子ってなかなかいないんですよね。

スタートの練習のポイントは

@構えたときの前足に体重をのせておく

どちらの足を前にするかは、
まず、まっすぐ立ってみて
その立ったままの姿勢で、前に倒れようとしてみます。
(本当に倒れたら危ないので注意!)
倒れようとしたときに、反射的に出る足が
スタートのときに前にくる足
なのです。

A「よーいどん」のタイミングを覚える

よく、素直な子ほど
「よーいどん」の「どん」を聞いてから
走り出しますよね(笑)

あきらかに損なので、
「どん」で走り出せるように練習するようにしましょう。


次に、ウチの子もそうなのですが、
チョコチョコ走りになってしまう場合。

これにはももあげが効果的。
一日10回でもいいので
ももあげをしましょう。
ももの裏の筋肉を鍛えてあげると、
自然に太ももを上げて走れるようになるので
「脱・チョコチョコ走り」できるはずexclamation×2

あとは、しっかり腕を振ること。
ゴールまで体力が続かない子もいますが
そんなときこそ腕を振りましょう。
腕を振ると自然に足も前に出るので、
意識しないでも振れるように
練習しておくと良いですね。


日頃からスポーツしている子は
自分で身体の使い方をよくわかっているので
教えられなくても、きちんと走れる子が多くてうらやましい・・・

私も運動神経ゼロで何にも教えられないけど、
上記の特訓ならできるかなぁと思うので、
親子で頑張って
「スポーツの秋」にしましょうわーい(嬉しい顔)
久利あすかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)