2018/05/14 17:50
こんにちは(^^)


昨日は全農さんの
農業体験ツアーへ行ってきました〜。


DSC06432.JPG

これからいちご狩り〜♡

早朝集合に加えて
子どもたち3人を連れて行く事を考えてたら
前夜は緊張してなかなか寝付けず、、


とにかく第一目標は
時間内に集合場所に3人連れていく事!
だったので
無事ついて編集部の方を見つけた瞬間の
安心感ったらなかった。
♡笑


ツアーはですね、
今回はと〜っても
子どもたちの成長を感じた1日でした。



ツアーのブログは
また改めて書いていきたいと思います
(^^)



さてさて
土曜日のお昼ごはんに
ずっと食べたくて食べたくてしょうがなかった
カルボナーラを作りました〜!

DSC06395.JPG


我が家は夫がかなり好き嫌いがあるので、
夫のいないお昼ごはんに♡

DSC06391.JPG

カルボナーラの麺は
全農さんの
「北海道小麦使用 もっちりパスタ」



全農ブランドのパスタは、
食べた人はみんな激押し!
もうね、
イチ押しじゃなくて激押し!
なパスタ麺ですよ。


ちなみにパスタって太さと種類によって
合うソースがあるようで、
これがまた、調べてみると結構面白いですよ。

このもっちりパスタは
太めの麺になっていて
ナポリタンやカルボナーラなんかの
味の濃いものが合うんだそう◎


そしてパスタと一緒に
今回初めてモニターさせて頂いたのがコチラ。

DSC06392.JPG

全農さんの
「北海道小麦使用 もっちりショートパスタ」


DSC06399.JPG

マカロニサラダにしていただきましたよ〜

このマカロニ、
マカロニサラダなんて絶対手をつけない夫が
「このマカロニうまい!」
ってばくばく食べていたから驚き!


DSC06408.JPG


おいしいものは皿ごと抱える
娘の必殺技も出ました。



そしてタイトルのお話。

国産小麦の自給率が低いという話は
以前にもブログに書いたことがあるのですが
(天候やコストによるものも大きいのですが)

今回のお話は
日本の食料自給率が低すぎる件
について。

まず食料自給率っていうのは
1人1日あたりの国産供給水準を
1人1日あたりの総供給熱量で割って算出したもの。

そして食料自給力っていうのは
農林水産省が2015年から公表している数値で
国内の農地を最大限活用することで
どれだけの食料が得られるのか
という「食料の潜在生産能力」
をみるための数値。

(ちなみに私はこの問題を理解するのに
かな〜り時間がかかりました。苦笑)



この食料自給力の計算ですが
例えば栄養バランスを考えずに
いも類中心で作付けした場合は
1人あたりに必要なエネルギー量を上回るものの
主食は焼き芋になり
1か月に牛乳コップ7杯、鶏卵0.3個(0.3個?!泣)
焼肉2皿という食事内容になるそう。

え〜焼き芋ばっかりなんてイヤだよ〜、、
現実的じゃないですよね。

反対に、
栄養バランスを考慮して作付けした場合だと
残念なことに1日に必要なエネルギー量を
下回ってしまうそうです。


この食料自給力の低下の大きな要因は
ズバリ
「農地面積の減少」
にあるそう。

現在の日本の農業
危機的な状況であることは私も
知っているつもりでしたが
知れば知るほど簡単な問題ではなかった。

高齢化による離農から農業就業者は減少。
若者による
「田園回帰」の流れもみられるようですが
地域の活力は衰退傾向。

耕作放棄地はまだまだ増える一方なんだそうです。


世界的に見ても
人口1億人を超える国で
食料自給率が30%を切る国って
日本だけなんですって。


そう聞くと、
「えぇ?!日本大丈夫?」
って心配になっちゃいませんか〜?
泣!

ちなみに食料自給率が50%の
欧州では下位になるスイスでは
危機感を感じた国民が国民投票により
食料安全保障を憲法に盛り込んだのだそうです。

その中で
ヨハン・シュナイダー・アマン経済相は
「食料安全保障とは国民がいつでも
適切な品質の食料を十分に
また適切な価格で入手できる状態を意味する」
と語っているのだそう。


日本では
今は何不自由なく生活できているかもしれない。
でも、それは輸入に頼っているのが事実。
自国での自給率がかなり低い中
今後もこのままでいいのかって考えたら、、

結構ゾッとしますよ。
私はすぐにでも
1人1人ができることを始めないと
って思っちゃう。


スイスの自給率、50%にも満たない
我が国日本のこの自給率の状況。


そして国をあげて
動き出したスイス。


この問題は、
いやいやでもさ、そんな大きな問題は
国がどうにかしてくれればとか
農産業といってもパッとこないな〜
なんて
自分たちとは別の場所で起きてる問題なんかじゃ決してなくって。


私たち消費者にできることは
毎日の中にたくさん転がっているんです。

例えば地産のものを積極的に食べることも
その1つ。

食べられることが当たり前の現代には
この問題はピンとこない人が多くても
仕方のない事なのかもしれないけど
1人1人ができることは
結構当たり前の簡単なことだったりします。


この問題はもっと
大きく声にしていくべきだし
私も私ができることを
日々していきたいなと心から思います。


国産のものを手にすることも
食べ物を大切にすることも、
本当に意味のあることなんですね。


是非皆さんも
買い物に行くときだったり
食卓の中で
日本のこの状況のこと、
考えてもらえたらなと思います。

あ、
そうそう目
娘が大好きなマカロニのおやつをご紹介。

DSC06445-43d13.JPG

マカロニきな粉♡

茹でたマカロニにきな粉を和えただけ
なんだけどもう病的に止まらない1品!

保育園のおやつの人気メニューでもあります〜
小さな子には特に、オススメです
(゜-゜)♡




***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

最後までお読み頂きありがとうございました♡
oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ