2018/05/21 15:29
こんにちは(^^)

最近
夫のお友達が市場に行くのにハマっているらしく。

おすそわけに
新鮮な魚を持ってきてくれることがあって。

めっちゃありがたい〜


DSC06321.JPG


この日も市場帰りのお友達がふらっとやってきて。
生カツオとブラックタイガー、大きなあさり
をくれたので新鮮なうちに全部食卓へ。

かつおはお刺身と
さっぱりの甘ダレを作って
新玉を添えて揚げ浸しに。

えびは厚揚げでカサ増ししてエビチリに。
あさりはお味噌汁でいただきました。


DSC06293.JPG


かつおの揚げのソースには
とってもジューシーなパプリカも。


こちらは全農さんの
国産パプリカ


全農さんの国産パプリカ
写真の通り
プリップリでみずみずしくて
なんといっても大きさはスーパーでも見かけないレベル。


キッチンにいた娘も
その新鮮さに
思わずつまみ食いが止まらない。

DSC06313.JPG


そうだ、
この日は職場の先生にふきもおすそ分けで頂いていて。

DSC06307.JPG


ふきはシンプルに煮てみましたが
そこでも登場。

DSC06308.JPG

キッチン好きな娘。
お手伝いなのかつまみ食いなのか、、
苦笑


DSC06397.JPG



そういえば
去年初めて手に取った国産パプリカ。

私、もともとパプリカって外国で生まれた野菜だから
それが外国産であることに全く違和感もなくて
国産と外国産が並んでれば
迷わず外国産を手にとっていたんだけど。
(何より安いし!)

この国産パプリカに出会ってから
よーく野菜売り場のパプリカを見てみると
外国産と国産のもの
つや、大きさ、みずみずしさ
何より新鮮さってものが
全く違うんですよ〜。


それでも最近はだいぶ
国産のものを見かけることが増えたな〜
と思っていたんですが、
どうやらこんな動きもあるそうで。


パプリカの国内需要の90%が
外国からの輸入品となっている現在。

国内のパプリカ生産法人らは
ナショナル・パプリカ・アソシエーション
(国産パプリカの大規模生産者の協議会組織)
を立ち上げ
国産パプリカの栽培技術・品質の向上
を目指して生産連携に取り組んでいく計画なんだそう。


DSC06366.JPG

先日のバーベキューにもパプリカでチーズフォンデュ♡

何よりパプリカを国内で生産するには
出荷量の季節変動が大きいらしく
安定して食卓へ届けることが難しいそう。

ちなみに私も数年前に
パプリカを育ててみたけど
実がついたけど長いこと大きさが変わらず、、
その後赤だか黄色に色は変化したものの
それが成長なのか痛んだのかが全くわからずに
(ちなみに大きくはならず!)
で。こわくて手が出ず
食べ損ねたことが、、

パプリカって簡単じゃないな〜って思って
それ以降苗を買うことも
なくなってしまったんですが

このNaPA
国産パプリカの安定供給
も目指しているんだそうです。

農業も生産業も
日々進化するために努力しているんですね。


そんな努力を知ったからには
私たちも
責任を持って食材を選ばないとな。

ちなみに今回モニターさせて頂いたこのパプリカは
NaPAの会員の方が生産したものだそうで。

スーパーでもなかなか見ないレベルの
みずみずしさと大きさ!

驚きのパプリカでしたよ〜。


DSC06297.JPG



急に冷えた日には
坦々鍋と一緒にビタミンカラーで
元気を付ける♡



意外と何にでもあうなと思う
万能なパプリカです。




***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

最後までお読み頂きありがとうございました♡
oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ