2018/07/24 14:09
私は神奈川県在住ですが、自宅から2時間くらいのところにある山梨県甲州市の塩山によく遊びに行きます。

祖父の土地を父が受け継ぎ、そこへ父が作った遊び場があるのです。

とんてん かんてん

父が一人で建てた家や

じゃがいもなどの作物やハーブ類を育てる畑

そして 器を焼くための陶芸窯もあり・・・

父の自宅とは別の場所にあるので「別荘」と言えば別荘ですが、やはり「遊び場」という感じです(*^_^*)

ここと神奈川の自宅との大きな差は

「火を日常的に焚く」

というところです。

薪ストーブが2台あるので、毎日のように火を焚いて、お湯を沸かしたり魚やお芋を焼いたり・・・

近所の方が来ると

「この家は 昔の暮らしをしていて なつかしいわ〜」

なんて言われることもあります(^_^)

こちら、近所の農家の方にいただいた桃の木。

P_20180402_073236.jpg

2年ほど置いておくとしっかり乾燥して、いい薪になるそうです。

桃の木の前には、父お手製のブランコが。

P_20180402_073200.jpg

ロープと端材でささっと作ってくれたものですが、息子が大喜びで遊んでいました。

まだ作物を植える前の畑にはテントを張って、子どもたちの隠れ家づくり・・・

P_20180402_072343.jpg

私がこどものころはよく河原でキャンプしたのですが、河原は小石が沢山あるので背中が痛いんです〜(@_@;)

ここは畑だからか全体的に柔らかく、寝心地が良かったです。

周りは桃畑なので、春には一面のもも色に♪

P_20180402_072526.jpg

そして初夏には、バラも満開!

CIMG3062.JPG

ちょきんと切ってウェルカム・フラワーに(*^_^*)

CIMG3035.JPG

辺りを散歩するとたんぽぽがたくさん生えていたので、遊びに来ていた友人のお母さんがリースを作ってくれました。

CIMG3103~2.JPG

三つ編みのように編み込み、輪っかにまとめて完成!

CIMG3119~2.JPG

せっかくなので パチリ

CIMG3129~2.JPG

もう一枚 パチリ

CIMG3114~2.JPG

隣の土地をかりて、作物を育てている畑

CIMG3038.JPG

バジルも父が種から苗に育て、それから畑へ・・・

CIMG3036-dfbab.JPG

畑にところどころ見える丸い植物、ご存じでしょうか・・・?

CIMG3060.JPG

コキアという植物で、和名は「ほうき草」です。

その名の通り、この植物でほうきを作れるんです〜

CIMG3065~2.JPG

我が家もひとつもらって、玄関につるしてあります(^^♪

お隣の田んぼは

水を張るとすぐにカエルの住処になるようで

CIMG3037.JPG

夜になると大合唱です。

それまでいったいどこにいたのだろう・・・・?

いつ「水を張った」という噂を聞きつけてやってきたのかしら・・・?

と不思議になるくらいの変化です。

ちょうど田植えが終わったばかりの田んぼに、やってきた3羽のカモたち。

CIMG3082.JPG

かわいいなぁ〜

キジもときどき見かけますが、野生の生き物をみられたときは盛り上がりますヽ(^o^)丿

約20年前、私が高校生のころに、父はこの遊び場を作り始めたのですが

私がこの場所を好きになったのは4〜5年前くらいです。

それまではなんだか今一つ良さが分からなかったというか、あまり興味がわかなかったというか・・・(・_・;)

昔は近所に豊富にある温泉にもそんなに魅力を感じなかったし

ひろびろした風景や、まして畑になんて目が行きませんでした。

それが4〜5年前から突然魅力を感じるようになってきたのです。

なんでしょう・・・

年をとったということかしら・・・?(^^ゞ

温泉も最高だし

空は広いし

辺りを見回せば広々していて、心をぐいっと伸ばせる感じです。

息子もこの場所が大好きで

「じいじの とこ いきたい」

と言うから近所の父の自宅に連れて行ったら

「ちがう・・・・

ここじゃ ないの!

うわ〜ん・・・!!!」

なんて泣かれたこともありました。

あ、山梨に行きたかったの?

あっちは2時間かかるからね・・・

そんなにさくっとは行けないのさ・・・・(@_@;)

ここには大勢友人や親族が集まる機会がよくあるのですが、そうなると食事も一大イベントです。

皆で協力して、食事作り♪

あるときのお昼ごはん。

CIMG3134~2.JPG

ストーブで じ〜っくり焼いた いわし!

CIMG3137~2.JPG

野菜 どーん!

CIMG3138~2.JPG

キュウリの後ろに見えるのは「みょうがたけ」といって

みょうがの葉っぱです。

みょうがは地面からぽこっと生えてくるのですが

辺りにこの茎の部分がにょきにょき出てきます。

それをちょきんと切って、下のほうの柔らかい部分を食べます。

みょうがほどキツクなくて、すごくおいしいです〜。

そして 山梨といえば

ほうとう!

CIMG3139~2.JPG

行く度に良く作るので、もうお店で食べようとは思わない・・・。

ラストは アボカド&生ハム!

CIMG3141~2.JPG

いや〜 どれもおいしかった!

皆で作ってのんびり食べるので、それぞれ2時間くらい食事にかかりますが

それも スローライフって やつかしら・・・

なんて、山梨での時間を楽しんでいます。



サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆

堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/18 07:00
本日の記事は、お義母さんへのお礼旅行の話の続きです。

義両親へのお礼費」という記事から続けて読んでいただくと、分かりやすいと思います(*^_^*)

**************

伊豆旅行1日目の夜、初めての海遊びがとっても楽しかったようで

「あしたも うみに いく!」

と言い出した息子。

う〜ん

予定では1日目は海遊び、2日目は陸での遊びと予定を組んでいるこの旅行。

「明日はロープウェイに乗って、それから電車(SL)に乗りに行くよ〜」

と息子に予定を説明しました。

なんせ義両親へのお礼がメインの旅行です。

「あまり体力を使わず、大人も子どもも楽しめる」

のが第一条件だな、と思って宿周辺の観光スポットを探していたのでした。

2日続けて海に行くのは、お義母さんたちにはしんどいのではないかと・・・(@_@;)

なんとか説得してその日は寝かせたものの、翌朝目を覚ますなり

「きょうも うみに いきたい!」

とはりきり声で言う息子・・・・

いや いや

昨日説明したじゃないかい・・・

海にはまた別のときに連れていってあげるから

今日は違うところに行くんだよ。

ロープウェイに乗ったり、特別な電車(SL)に乗ったりして遊ぼうよ。

今日行くところだって、楽しいよ。

と話したものの

「いや!

きょうも うみに いきたい!

しょうげき てきな 

たのしさ だったの!」

と涙ぐみながら訴える息子 (・o・)

しょ 衝撃的とな・・・・!\(◎o◎)/!

いつの間に 覚えたんだい、そんな言葉・・・・ (゜o゜)

う〜ん

「衝撃的な楽しさだった」

なんて、初めての海遊びのことを感じたのなら

もうちょっと 体験させてあげたくなってしまうじゃないか・・・

結局「衝撃的な楽しさ」のことをお義父さん、お義母さんに話したら

そんなに楽しかったのなら、2日目も海に行こうということになりまして

CIMG1599.JPG

初日とは別の海水浴場へ。

終始笑顔で、大興奮の息子。

ちなみに初日は「らららサンビーチ」というところで、2日目は「大瀬海水浴場」というところでした。

「らららサンビーチ」の方が設備が整っていて、泳ぎやすいプールのような感じで

「大瀬海水浴場」の方が水質がキレイで、魚や貝などの生き物が豊富でした。

こちら、捕まえたヤドカリ。

CIMG1588.JPG

よちよち 歩いていました。

ちょっと海に潜れば、魚が沢山見られたそうです。

私は足をちゃぽちゃぽ浸けただけなので、魚を覗くことはできず・・・(+o+)

もっと もっと 1日中ここにいたい

と言う息子を説得し

(炎天下で、大人はバテバテ・・・)

車で移動して向かった先は、「伊豆の国 パノラマパーク ロープウェイ」

CIMG1609.JPG

長〜い ロープウェイをゆったり上って、山頂へたどり着きました。

山頂から見える景色は広々していて、見晴しがよかったです。

下の写真の真ん中に見える三角の島が、前日に行った無人島

CIMG1612.JPG

「あわしまマリンパーク」がある淡島です。

山頂には無料の足湯があったので

CIMG1616.JPG

皆で足湯に浸かって、しばしリラックス・・・

CIMG1617.JPG

ああ〜

旅の疲れがふっとぶ〜ヽ(^o^)丿

1泊2日の旅行もクライマックス・・・

家に着くころには夜9時を過ぎてしまいそうなので、近所で日帰り温泉を探して入浴しました。

温泉に行ったら縁日みたいなのをやっていて、無料で射的が出来ました〜♪

P_20170716_182758.jpg

お菓子を2個ゲット☆

我が家の場合、日帰り旅行でも帰宅が遅くなりそうなときは

温泉やスーパー銭湯を探して入浴を済まして、歯磨きをしてから帰ることが多いです。

そうすれば、帰り道に寝落ちてしまっても安心(*^^)v

ちなみに「義両親へのお礼費」という記事で「お礼用口座から15万円降ろして、この旅行に持って行った」と書いたのですが

IMG_20170715_052838_116.jpg

お土産代や交通費などすべて込みで、かかった費用は13万円でした。

残った2万円はそのまま口座へバック。

義両親へのお礼旅行、結局は「息子のための海遊び」がメインになってしまった・・・・

とちょっと気にしていたのですが、帰り道にお義母さんが何度も

「今回の旅行も楽しかった〜♪」

と言ってくれたので安心しました。

第2子(10月出産予定)がある程度成長して落ち着いたら、またみんなでどこかに遊びに行けるといいな・・・(*^_^*)

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます♪
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/17 13:17
前回の「義両親へのお礼費」という記事で書いたのですが

静岡県の伊豆半島へ1泊2日の旅行へ行って参りました。

メンバーは義両親と、夫に息子と私の計5名。

私の勤務日に息子のお世話をしてくれていることへの、お礼の旅行です。

「伊豆の国市 長岡」というところに宿をとったので、その周囲に絞って観光スポットを探しました。

初日に向かったのは、淡島(あわしま)という無人島にある水族館、あわしまマリンパークです。

こじんまりとした小さな水族館なのですが、子どもが喜ぶイベントがいろいろありました(*^_^*)

その一つが、「イルカにごはん」♪

1502515372671~2.jpg

年パスを持っている水族館では「イルカにタッチ」というのはありますが、餌やりは初体験の息子。

すごく印象に残ったようです。

このあわしまマリンパークは離島にあって、フェリーに乗って向かいます。

CIMG1584.JPG

料金は

大人 1800円
小人 (4歳〜小学生) 900円

往復のフェリーの料金も込みで、この価格です。

あわしまマリンパークのホームページ「見る・遊ぶ」という項目に「割引券」があるので、これから行かれる方はチェックしてみて下さい〜(*^_^*)

上記の値段から、大人200円引き、小人100円引きになります♪

フェリーは15分ごとに出ていて、島までの所要時間は約3分間。

CIMG1585.JPG

あ〜っ

と言う間についてしまいます。

この淡島には、「淡島うみね」ちゃんというウミウシをモチーフにした萌えキャラがいるそうで、フェリー乗り場ではうみねちゃんの歌うアニソンのような歌が流れていました。

フェリーも、萌えキャラ一色。

淡島の周辺でも、萌えキャラやコスプレイヤーをよく見かけました。

遊びに行った翌日がうみねちゃんの誕生日だということで、食事処ではうみねちゃんの誕生日を祝う花火を添えてくれました。

事情はよくわかっていないけれど、花火に喜ぶ息子(笑)

1502515367331.jpg

お誕生日おめでとう、うみねちゃん(^^♪

フェリーを降りたら桟橋を島に向かって歩いていくと、左手にイルカプールが見えてきます。

CIMG1555.JPG

このイルカプール、海にネットを張って仕切りをつくったもの。

P_20170715_133712.jpg

仕切られているのは変わらないけれどずいぶん広々としていて、これならイルカさん達も暮らしやすそうだな・・・と思いました(^_^)

イルカショーは15分ほどの短いもので、ボールをキャッチしたり、ジャンプでポールを飛び越えたり。

最後の大技は・・・

P_20170715_133952.jpg

ジャ〜ンプッ して

空中のボールにタッチ!

大人には短いショーに感じましたが、息子には集中して楽しめる、ちょうどいい時間だったようです。

ショーの後、冒頭で書いた「イルカにごはん」のイベントがあります。

海のイルカプールに浮かぶ台の上に乗って

CIMG1557.JPG

魚を手づかみして、イルカさんのお口にポンと☆

1502515374964.jpg

これは入園料とは別で、一人500円です。

そのほかにも「ペンギンにごはん」というイベントもありまして

CIMG1553.JPG

こちらはパネル越しではありますが、息子は大喜びでした。

ちなみに「ペンギンにごはん」は300円♪

あわしまマリンパークには「カエル館」というのがあって、50種類以上のカエルが展示されています。

この展示種数は、なんと日本一だということ。

赤いカエルから黄色いカエル、まんまるいボールみたいなカエルなど、沢山の種類がみられて面白かったです。

小さな水族館なので見るのにそんなに時間はかからないのですが、往復フェリーに乗れたり、餌やりやふれあいのイベントが豊富だったり、珍しいカエルがみられたり、なかなか楽しい場所でした。

水族館を後にして、宿に向かう前にちょっぴり海へ・・・

息子、初の海遊びヽ(^o^)丿

CIMG1587.JPG

前に海へ寄ったのは2歳のころで、波を怖がって結局その時は入りませんでした。

その後は機会がないまま時がたち、現在に至ります。

5歳にして、ようやく海デビューができた旅行となりました。

ライフジャケットと浮き輪で完全防備、安全第一・・・(゜o゜)

相当海が楽しかったようで、海水浴場が閉まるギリギリまで遊んでいました。


明日は、伊豆旅行2日目について書きますので、よろしかったらのぞきに来てください〜ヽ(^o^)丿

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます!
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ