2017/08/26 23:00
前回の「本日、最終勤務日。」という記事に書いたのですが

http://39.benesse.ne.jp/blog/1985/archive/312

8/25の昨日が、合計で12年勤めた学習塾の最終勤務日でした。

現在第2子妊娠8ヶ月(29週)で、出産のため退職となったのです。

退職するまでの詳しい経緯は、「退職届を提出しました。」という記事をご覧下さい〜(*^^*)

私は「前置胎盤」という異常妊娠の状態なので、昨日の最終勤務までやり通せるか心配だったのですが

出血することもなく、無事に最後の授業を終えることができました。

勤め先が学習塾なので、入試に合わせて異動や退職は3月の年度末にするのが、うちの会社の基本となっています。

私のように年度の途中での退職は、時間割を組み替えたり、他の教室から同じ科目の先生に異動してもらわなければならなかったりで、会社に迷惑をかけてしまうのです。

年度の途中で異動すると、自分の受け持ちの生徒を入試まで見ることが出来なかったり、ようやく生徒に慣れた頃に新しい生徒とイチから関係を築かなければならなかったり

教師にとっては負担が大きいものなのです(>_<)

辞めるのは1人でも、玉突き、玉突きで何人もの教師が異動しなくてはならなくなったり

異動人員が割けないときは、辞める人の所属教室の教師陣が、それぞれ授業数を増やしてカバーしなくてはならなくなったりするのです(お給料は変わらないのに)・・・(≧◇≦)

でも、私の所属教室の先生方は、私の妊娠が分かった当初から非常に優しく接してくれて・・・

年度の途中での退職に関しても、

「おめでたいことですから、本当に気にしないで」

と言ってくれまして(ToT)

昨日の勤務後も、

「とにかく無理しないで、元気な赤ちゃんを産んで下さいね」

と、みんなで送り出してくれました。

くう〜

申し訳ないし・・・

本当にありがたい・・・(ToT)

お別れのプレゼントまでいただいてしまいました(ノД`)

昨日は1日

「もうこれで終わりなんだなぁ・・・」

と、寂しさというか、感慨深さというか、何ともいえない気持ちに包まれていました。

所属する先が無くなるという、ポッカリ穴が空いたような気持ちと

これから始まる、初めての専業主婦生活への期待感とワクワク感、そして不安感も。

26才の頃に一度会社を辞め、オーストラリアへワーキングホリデーへ行った時の気持ちに近いかもしれません。

暮らしが大きく変わる直前の、未知の世界に踏み出す感じです。

私の勤務日は、夫の実家で息子を見てくれているのですが

昨日最後の仕事を終えて義実家に着くと、お義母さんがお花を用意していてくれました。

IMG_20170826_214243_047.jpg

息子と一緒に買いに行ってくれたとのことで、息子が玄関まで持ってきてくれました。

IMG_20170826_214400_500.jpg

なんとも嬉しい勤務最終日、思い出に残る1日でした(*^^*)

サンキュ!ボタン押してくださったら、飛び上がって喜びます!
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/25 12:00
2017/8/25の本日、12年間勤めた学習塾の最終勤務日となります。

第2子妊娠(現在8ヶ月:29週)、出産のため、退職することとなったのです。

退職するまでの詳しい経緯は、「退職届を提出しました。」という記事をご覧下さい〜(*^^*)

http://39.benesse.ne.jp/blog/1985/archive/297

8月に入ってからの心配ごとは、もっぱら

「最終勤務までやり通せるか」

ということでした。

8月に入り、妊娠26週の健診のときに

「前置胎盤が全く改善されていない。」

とお医者さんに言われたのが原因です。

前置胎盤とは、胎盤の位置が低く、子宮の出口(子宮口)にかかったり、覆ったりしてしまう異常妊娠です。

私の場合は、子宮口を完全に覆っている、「全前置胎盤」という状態のようです。

健診のたびに指摘を受けてきてはいたのですが、これまでは

「日常生活で気をつけることは、今の段階ではありません」

と言われていたのです。

それが、出血しやすい時期にもう突入するとのことで、安静に暮らすようにと言い渡されました。

この前置胎盤というのは自覚症状がなく、私としては前回の妊娠と取り立てて変わったところは感じないのです。

ただ、何らかのきっかけで突然に大量出血をし、母子ともに危険な状態になってしまうことが多いものなのだそうです。

「大量出血をすると、緊急帝王切開で赤ちゃんを取り出さねばなりません。

まだうちの病院では受け入れられない週数なので、もし今の段階で帝王切開になれば

蘇生措置だけして、赤ちゃんは他の専門の病院へ送ることになります。

お腹が張ると出血しやすくなるので、張らないようにしてください。

無理をしないようにして、病院から遠く離れないようにしてくださいね。

どんなに遠くても、一時間以内に病院に来れるようにしてください。」

と言われたのでした。

それを聞いても、自分の置かれている状況が今ひとつ把握出来なかったのですが

「出血したら、24時間、いつでも電話を下さい。

『前置胎盤で出血した』

と言ってくれれば、夜中でも何でも僕たちは飛び起きますから。」

と言われて、ようやく状況が飲み込めました。

「出血」でお医者さんが飛び起きる状況・・・

出血したのにモタモタしていたら、母子共に命が危ない状況だということなのでしょう・・・(>_<)

自分としては痛みも違和感も何もないので、いたって順調なマタニティライフという感じなのですが

この健診の後はお腹が張らないように気をつけて、極力ゆっくり過ごしています。

歩くときも、亀がごとく 

ノロノロ ノロノロ〜

少しでも重い荷物は夫に頼んで

洗濯を二階のベランダまで移動するのも夫に頼んで

掃除機がけや、トイレ掃除も夫にお願い・・・σ(^_^;

イヤな顔ひとつせずにやってくれるのがありがたい〜(ToT)

夫だけではなくて、夫のお母さんや、私の父にも、息子の保育園への送り迎えを手伝ってもらったり、手作りおかずをもらったり。

みんなに助けられて暮らしています。

健診後の息子との遊びは、近場限定になりました。

P_20170810_145608.jpg

クーラーのきいた屋内遊具施設で遊んだり

P_20170814_140524.jpg

映画館に「カーズ3」を見に行ったり

夫に、市営プールへ連れて行ってもらったりと、それなりに近所でも楽しい夏を過ごすことができましたo(^-^)o

出血したら即入院になる可能性が非常に高いので、本日の最終勤務までもつか、健診後はずっと心配でした。

入院してしまったら授業に穴をあけてしまうことになる・・・

特に今の時期は夏期講習でギュウギュウに授業が詰まっているので、迷惑のかけ方が他の時期よりも大きい・・・(ノД`)

仕事が1日終わる度に、

良かった・・・

今日もなんとか穴をあけずにもった・・・(≧◇≦)

とホッとする日々σ(^_^;

あとは、仕事中にお腹が張って出血しないかも心配でした。

気をつけてはいるものの、仕事中はやはり普段より無理をしてしまうので、お腹が張りやすくなってしまうからです。

約20人の生徒を前に大きな声で説明していると、ついつい盛り上がって、お腹に力が入ってしまい・・・( ゚Д゚)

張っているのに気がついてヒヤッとする・・・なんてのを繰り返していました。

でも、ようやく本日最終日、なんとか乗り切れそうです(*^^*)

*******

サンキュ!NEWSで、以前書いたレジャー費についての記事を紹介していただきました♪

Screenshot_2017-08-23-09-26-59~2.jpg

サンキュ!NEWSはこちら ↓

掲載された記事はこちらです。

「レジャー費を使い切ったら・・・」

http://39.benesse.ne.jp/blog/1985/archive/264

サンキュ!ボタン押してくださったら、飛び上がって喜びます!
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/18 07:00
本日の記事は、お義母さんへのお礼旅行の話の続きです。

義両親へのお礼費」という記事から続けて読んでいただくと、分かりやすいと思います(*^_^*)

**************

伊豆旅行1日目の夜、初めての海遊びがとっても楽しかったようで

「あしたも うみに いく!」

と言い出した息子。

う〜ん

予定では1日目は海遊び、2日目は陸での遊びと予定を組んでいるこの旅行。

「明日はロープウェイに乗って、それから電車(SL)に乗りに行くよ〜」

と息子に予定を説明しました。

なんせ義両親へのお礼がメインの旅行です。

「あまり体力を使わず、大人も子どもも楽しめる」

のが第一条件だな、と思って宿周辺の観光スポットを探していたのでした。

2日続けて海に行くのは、お義母さんたちにはしんどいのではないかと・・・(@_@;)

なんとか説得してその日は寝かせたものの、翌朝目を覚ますなり

「きょうも うみに いきたい!」

とはりきり声で言う息子・・・・

いや いや

昨日説明したじゃないかい・・・

海にはまた別のときに連れていってあげるから

今日は違うところに行くんだよ。

ロープウェイに乗ったり、特別な電車(SL)に乗ったりして遊ぼうよ。

今日行くところだって、楽しいよ。

と話したものの

「いや!

きょうも うみに いきたい!

しょうげき てきな 

たのしさ だったの!」

と涙ぐみながら訴える息子 (・o・)

しょ 衝撃的とな・・・・!\(◎o◎)/!

いつの間に 覚えたんだい、そんな言葉・・・・ (゜o゜)

う〜ん

「衝撃的な楽しさだった」

なんて、初めての海遊びのことを感じたのなら

もうちょっと 体験させてあげたくなってしまうじゃないか・・・

結局「衝撃的な楽しさ」のことをお義父さん、お義母さんに話したら

そんなに楽しかったのなら、2日目も海に行こうということになりまして

CIMG1599.JPG

初日とは別の海水浴場へ。

終始笑顔で、大興奮の息子。

ちなみに初日は「らららサンビーチ」というところで、2日目は「大瀬海水浴場」というところでした。

「らららサンビーチ」の方が設備が整っていて、泳ぎやすいプールのような感じで

「大瀬海水浴場」の方が水質がキレイで、魚や貝などの生き物が豊富でした。

こちら、捕まえたヤドカリ。

CIMG1588.JPG

よちよち 歩いていました。

ちょっと海に潜れば、魚が沢山見られたそうです。

私は足をちゃぽちゃぽ浸けただけなので、魚を覗くことはできず・・・(+o+)

もっと もっと 1日中ここにいたい

と言う息子を説得し

(炎天下で、大人はバテバテ・・・)

車で移動して向かった先は、「伊豆の国 パノラマパーク ロープウェイ」

CIMG1609.JPG

長〜い ロープウェイをゆったり上って、山頂へたどり着きました。

山頂から見える景色は広々していて、見晴しがよかったです。

下の写真の真ん中に見える三角の島が、前日に行った無人島

CIMG1612.JPG

「あわしまマリンパーク」がある淡島です。

山頂には無料の足湯があったので

CIMG1616.JPG

皆で足湯に浸かって、しばしリラックス・・・

CIMG1617.JPG

ああ〜

旅の疲れがふっとぶ〜ヽ(^o^)丿

1泊2日の旅行もクライマックス・・・

家に着くころには夜9時を過ぎてしまいそうなので、近所で日帰り温泉を探して入浴しました。

温泉に行ったら縁日みたいなのをやっていて、無料で射的が出来ました〜♪

P_20170716_182758.jpg

お菓子を2個ゲット☆

我が家の場合、日帰り旅行でも帰宅が遅くなりそうなときは

温泉やスーパー銭湯を探して入浴を済まして、歯磨きをしてから帰ることが多いです。

そうすれば、帰り道に寝落ちてしまっても安心(*^^)v

ちなみに「義両親へのお礼費」という記事で「お礼用口座から15万円降ろして、この旅行に持って行った」と書いたのですが

IMG_20170715_052838_116.jpg

お土産代や交通費などすべて込みで、かかった費用は13万円でした。

残った2万円はそのまま口座へバック。

義両親へのお礼旅行、結局は「息子のための海遊び」がメインになってしまった・・・・

とちょっと気にしていたのですが、帰り道にお義母さんが何度も

「今回の旅行も楽しかった〜♪」

と言ってくれたので安心しました。

第2子(10月出産予定)がある程度成長して落ち着いたら、またみんなでどこかに遊びに行けるといいな・・・(*^_^*)

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます♪
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ