2019/02/27 20:00
西原理恵子さんの著書『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』。

職場の図書館では予約ベストに入っている人気の本です。

やっと順番が回ってきて読みました。

_20190227_003919.JPG


パートナーから暴力を受け、おかしいと思ったらすぐに逃げること。

殴るだけが暴力じゃない、相手が追い詰められて弱っているときに襲いかかる言葉の暴力や人格の否定。

追い込まれすぎると冷静な判断ができなくなるから、その前に逃げること。

逃げなければいけないことをそういう状況になる前に知っておくこと。

ひとりでも生きていけるように、稼げる仕事を持とう、と…。

やや思い当たる節があるので肝に銘じたんですけど(笑)。



となると…。


今の自分、仕事は持っていていちおう資格をいかした職種ではあるものの、一人で食べていくほど稼げているか?といえばそんなことはなくて。

でもなあーっ、フルタイムで仕事して家事も育児もやるとなると、吹奏楽ができなくなっちゃうしなーっ(笑)。



さて、図書館および図書館周りで仕事をしているこのわたし。

実務では人員配置が手薄な館を手伝うようになっているので、移動図書館の勤務が圧倒的に多いのですが、たまには建物の図書館へも参ります。

先日久しぶりに建物の図書館に入ったら、もう、勝手がわからないのです。

新人のように尋ねまくっていました。

スタンプラリーが2種類実施されてるってややこし〜。

当然だけれど、なにごともやらないでいるとスキルは落ちるもんなんだなぁ…。



それから、図書館に勤めた最初のころに思ったこと。

司書資格があっても、実際の図書館業務で身につけなければならないことは、資格の講習では教わらないことばかりでした。

貸出券の発行のしかたやら、リクエストの受け付けかた、そんな超ローカルなルール、習ってない〜〜。



しかし新人さながら尋ねまくりながら仕事ができるというのも、良好な信頼関係、人間関係があってこそ。

今の会社に入って5年の間に積み重ねてきたものでもあるのです。うん、財産。



いまさらながら、仕事が充実するか否か、で重要なのは人間関係だ、と思い知るのでありました。

内容が好きな仕事でも、人間関係がうまくいかなければ苦痛でしかないものです。

少なくともわたしはそうです。



だから今の職場、やっぱりありがたいかも。

役割的にいろんな職場を回って顔を出すけど、だいたいどこでもあたたかく迎えてもらえます。



これからどうしていこうかな…。

自分の仕事は自分で作る、的な自由もまあないわけではない今の立場。

資格やスキルを磨きたい、磨きたいといって…何年経つかな。

今はただ、子どもの手が離れるまでに何か、何か、と思いながら、日常業務にいそしむ日々であります。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
seriちゃん

お返事がすご〜く遅くなって本当にごめんなさい。

フルタイムで正規の仕事に転職されたなんてすごい!

わたしも定年までにはフルタイムに…と思っていますが、どうするか迷っています。

子どもがいくつになったら変えるのか、正社員を目指すのか、フルタイムの非正規にするのか、とか。

続けてきたことで得られた人間関係、信頼関係は大事にしたいな〜、と思っています。

その部分であまり悩まなくていいのは本当にありがたいですものね。
by あきねね 2019/04/10
ご無沙汰しています。
体調は大丈夫ですか?

私も子どもの手が離れてきたので
2月から、転職してフルタイムの
正規雇用になりました。
働くに当たって人間関係は大切だと
つくづく思っています。
忙しくても、関係良好なら頑張れると思いますが…。
転職して、今は本当に良かったと思ってます。
by seri_chan 2019/03/01