2018/01/28 16:36
「あしたのわたしフェス」のおみやげ、スパークリング清酒「澪」。

とっておいたら夫に見つけられ、子どもといっしょに寝落ちしてる間に開けられてました(笑)。

DSC_1849.JPG
翌日、夫から「澪」に対する称賛を聞かされました。

こんなに飲みやすい日本酒は初めてだ!

日本酒が苦手な人にこそ飲んでほしい。

贈りものにして、人に勧めてみたい。そして反応を見たい!

などなど。

ネットで調べたら、ギフト用のキレイなボックス入りもあるのですね。

夫が甘口のお酒を気に入るなんてたいへん珍しいこと。

わたしもせっかくだから飲みたかったのですが…。

夫も全部飲んだら悪いと思ったらしく、いちおう少し残してあったのを
「飲んでいい?飲んじゃっていい?」
としつこいので、けっきょく全部飲まれてしまい、わたしの口には入りませんでした。

後日あらためて買ったものをわたしも飲んでみました。

スパークリングワインのようで飲みやすいのに、日本酒の味が楽しめて、ビンも青いキレイな色なので、ちょっと特別な気分になれるお酒です。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/06/10 16:29
相当久しぶりの更新となってしまいました。

いやはやな新年度、パートなのに週5勤務もしくは週6勤務(…)が続いた4月はあわただしく過ぎてゆきました。


異動やら退職やらに伴う人手不足が主な原因ですね。


そして、5月。


帰省する予定がなくなり、そのためにとった連休後半の休みがぽっかりと空きました。


さて、この期間、家の片づけをしたり、5月中旬の吹奏楽団の定期演奏会に向けて練習したり、「サンキュ!」に載っていたこねないパンを作ってみたり、ゆっくりすごそうと思っていたところ、子どもが胃腸炎になりました。


 

脱水症状を起こしてしまい、急遽入院することに。

 

今は元気になり、月末には遠足に行きました。

そのとき動物園で見たライオンの絵↓

DSC_0977.JPG



子どもの入院には保護者が24時間付き添わなければならないため、夫と交代で病院に泊り込み。


演奏会前の吹奏楽団の集中的な練習と、演奏会当日のため、数日休みをとっておいたのですが、入院付き添いのために費やすことになりました。

直前の練習には参加できないし、退院の予定も立たないため、今年の定期演奏会は出演しないことにしました(泣)。


演奏会前日に退院できたので、当日は観客として聴きに行きましたが…。


今の勤務時間、パートといえどもほぼ8時間勤務のため、平日はほぼ動けず、たまにある休日にたまった家事を片付けて買いものにいったり用事を済ませたりしていると、もう一日終わってしまいます。

(フルタイムで働いている人はもっと大変なんだろうな〜)


クラリネットのレッスン&自宅練習もあるし(それも原因)


先週からゆとりができてきて、ようやくパソコンに向かっているというわけです。


さて、そんなあわただしい時期、そして子どもの入院に際し、「あってよかった」ものを書きとめておきます。


まず、こちらのおかずの素のみなさま。


DSC_0872.JPG


時間をかけず簡単な手順で作れて、できたてが食べられて、ちゃんと作ってる感が得られるありがたい品々です。

種類が豊富で選ぶのも楽しい〜。


 その中で特に気に入っているのがこちら。


DSC_0955.JPG


トマトとなすがたっぷり食べられて、トマトみその深い味わいがおいしいのです。


そして子どもが入院中のこと。


6日間の入院でしたが、最初から最後まで点滴が入っていました。


トイレに行くにも点滴を引いていってやらねばならず、付き添いが必要な状態でした。


ベッドの上でじっとしていなければならないし、ぐるぐる巻きの包帯が痛々しく。


そんなとき、スマートフォンの「dアニメストア」で「ハートキャッチプリキュア」を延々と見せ続けてしのぎました。


機種変更の料金を安くする条件としていくつか加入したサービスのうちのひとつなのですが。


いや〜、ほんとはこんなに立て続けにアニメばっかり見せ続けたらよくないんですけど、まあ助かりました。


回を追うごとに話が深くなってきて、親のほうが熱心に見ていたり(笑)。


個室の病室に入院していたため、個室料金が16000円かかっていました。


子どもの医療費は無料となるものの(これも非常に助かっております)、個室代はふつうにかかるので負担になりますが、やはり個室が安心だし…。


しかし、学資保険から入院1日あたり5000円支払われることになり、これも助かりました。


いや〜、教育資金のためと思っていた学資保険、入っていてよかった。


 

というわけで5月はいろいろありましたが、なんとか、乗り切りました。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/09/04 23:51
9月になっても日中暑い日が続いています。

天気予報によると、愛知県では今後1週間も、最高気温が毎日30度を超えるとのことです。

う〜〜ん、新潟だとそろそろ稲刈りなんだけれども…。



さて、わたしの通っていた中学校では、毎年9月1日は防災の日ということで、2学期の始業式の後に避難訓練が行われていました。

新潟県とはいえ、9月1日だとまだ昼間は8月の暑さが存分に残っているころです。

そんななか、避難のために正午近い時刻の校庭に集合させられ、防災に関する話を延々と聞かされるので、この避難訓練はかなり辛かったのです。



大人になって子どもが生まれてからは、子育てサロンや保育園、テレビや雑誌などで小さな子どもがいる家庭のための防災について見聞きする機会ができました。

備えておくべきもの、避難所生活について、子どもたちが行っている避難訓練について…。

うちの子が生まれたのは東日本大震災の2か月後でした。
震災以降の子育ての中では、とくに防災への関心が高まっていました。

保育園でも防災だよりが配布されます。
_20160904_231142-600x632.JPG


にもかかわらず、なかなか非常持ち出しを準備していないわが家なのですが、防災だよりの備蓄品に関する記事を見て、水の備蓄だけでも早くしなければと思いました。

自力で生き抜くために水や食料は3日分を用意するべき。

必要な量は、水なら1人1日3リットル。3日分で9リットルです。

うちは3人家族なので、27リットル必要ということになります。

ということは、2リットルを14本。

水だけでもその量、それ以外の品物も必要で、用意したとしても取り出しやすい場所に置かなければいざというとき持ちだせない。

ということで、まずは非常用の備蓄品を置く場所を確保するため、玄関近くのクローゼットの整理から始めたわが家でした。


いざ災害が起こってからでは、たとえ直接大きな被害のない地域でも、品物が不足して買えなくなることを東日本大震災のときに思い知らされています。

そうなる前に少しずつでもそろえていきたいです。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ